フランスフェア2019@阪急うめだ本店 in 大阪

e0074478_05224542.png
 パリコレのリポートを一時中断して、阪急うめだ本店でのフランスフェア2019の告知をします~。まだまだ時間があると思っていたのに、とうとう来週になってしまいました。でも慌てても仕方ない。というか、最低限のことは準備してあるので問題なし。あとはどれだけ商品を充実させられるか、それが明日の仕入れにかかっています。

 今回は特にプロヴァンスをテーマにしていて、僕の商品にはそれっぽいものがほとんど無いのですが、全体的にフランスの香りがするセレクションにはなっているはずです。

 で、今回から会期が10日間と長くなりました。いつも会期終わりに近づくにつれて「あ~もう終わりだぁ。寂しい~」なんて思っていたので、ちょっと嬉しかったりします。ちなみに場所は昨年と全く同じで、カフェ、ア・ル・ロイックの目の前。徐々に追加の商品を陳列していくようにしますので、何度もいらしてみて下さい~。

フランスフェア2019
会期:3月16日(土)~25日(月)
阪急うめだ本店 9階祝祭広場
〒530-8350
大阪府大阪市北区角田町8番7号
電話:06-6361-1381
日~木曜日 午前10時→午後8時
金・土曜日 午前10時→午後9時
※最終日は午後6時終了


月曜日に出発だけれど、荷物1つも出来てません~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2019-03-09 23:04 | 番外編 | Comments(0)

バルマン 2019/2020秋冬

e0074478_22522172.jpg
 オリヴィエ・ルスタンによるバルマンは、17区のはずれにある催し物会場、エスパス・シャンペレで開催されました。今季はスタッズをあしらったアイテムがメイン。こちらはレザー製Aラインドレス。確か後ろ側にもスタッズが打ってあったはずで、イスに座れない、なんて思いましたが、ミニ丈だからイスに座るときにスカート部分をお尻に敷かずにイスの上に乗せてしまえば良いようです。というか、そのためにミニ丈になっていたのかも、なんて納得したのでした。
e0074478_22522149.jpg
 メンズコレクションでプレフォールのレディースが同時に発表されていましたが、その流れを汲んだ、ツイードのシンプルなジャケットや、毛足の長いニットなどが登場。そちらはよりマスに向けた商品で、総刺繍やスタッズを打ったアイテムがコレクションラインなのだそう。
e0074478_22522202.jpg
 スパンコール刺繍したリボンをバラのようにあしらったボレロには、デニムのパンツを合わせてカジュアルダウンさせています。
e0074478_22522214.jpg
 PVCのコートにもスタッズ。別のバージョンで、インナーはショーツのみ、というルックもありました。
e0074478_22522260.jpg
 最後のシリーズは全て黒。総スパンコール刺繍のケープとパンツルックのセットアップ。
e0074478_22522112.jpg
 アーティスティック・ディレクターのオリヴィエ・ルスタン。唇がどんどん肥大していっている気がするのは僕だけでしょうか。それはそうと、真横の会場では地方物産展が行われていて、実は招待状をもらってあったのに部屋に置きっ放し。その旨をファッション通信のプロデューサーとディレクターに言ったら、もの凄く残念がられました。でも、パリコレ中にお酒の試飲したり試食したりする余裕は無いですからね。ちょっとだけ後ろ髪をひかれながら会場を後にしたのでした~。


明日、阪急うめだ本店フランスフェアの告知をします~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2019-03-08 23:34 | パリコレ | Comments(4)

ロエベ2019/2020秋冬

e0074478_19253799.jpg
 久々にロエベのコレクションを見ることができました。会場は、変わらずユネスコ本部。今季は、17~18世紀に制作されたペンダント状に肖像画を収めたミニアチュールがイメージソースになっています。こちらはレザーとニットジャージをダミエ状に組み合わせたコートとレースのドレス。
e0074478_19253004.jpg
 潰れていて良く見えませんが、カシミール風のペイズリーをカットアップしてアップリケしたドレス。ミニアチュールがイメージソースであっても、その中に描かれている人物たちが身に着けている服をそのままコピーするのではなく、古い時代の雰囲気を残しながら、全く新しい解釈でモダンなアイテムを提案しています。
e0074478_19253021.jpg
 レースのセットアップ。変わった形のハットは、アメリカのヴィンテージショップで見つけたハットからインスパイアされたのだそう。
e0074478_19253095.jpg
 最後のルック。レースのブラウスとスカートの2ピースで、襟とヘムにドロップ型のパールが付いています。今回のコレクションの中では、一番時代性を感じさせるルックだったかもしれません。ジョナサン・アンダーソンがロエベのアーティスティック・ディレクターに就任してから6年ほどが経っている現在も、クリエーションの新鮮さが失われていないのが凄いと思います。彼自身のブランド、JWアンダーソンのコレクションもショールームで拝見したけれど、依然としてアイデア豊富で美しかったです。そんなJWアンダーソン熱が上がっている流れで、4日前に行われたユニクロとのコラボレーション発表&即売パーティでは、ついつい色々と買ってしまったのでした~。


靴下とTシャツだけですけれどね~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2019-03-07 19:40 | パリコレ | Comments(3)