ロベール・ブスケ作ジャーマン・シェパードのブロンズ像 

e0074478_03173268.jpg
 一昨日の土曜日の夜は深酒をしたので、昨日は朝寝坊し、やや遅めの朝10時に買い付けを開始。途中で部屋に戻って昼食を食べたかったのですが、遅いスタートだったので諦め、途中オレンジジュースと菓子&パンで栄養補給して6時半までノンストップでした。そうそう、ローミエールのパン屋さんで買った抹茶エクレアはそれなりのお値段だったけれど、本当に美味しくてビックリ。また食べたいと思う逸品でした。それはさておき、そんなこんなで昨日はヴァンヴとパリ市内の古物市、計8カ所を巡ることができました。もちろんヘトヘト。で、今日は「一日オフだ~やった~」なんて思っていたけれど、必要なパーツがあることを急に思い出しクリニャンクールへ。でも思い切り空振りでした。そういうこともあります。今月はどうにもこうにも時間が無く、休んでいられなさそうです~。
e0074478_03173288.jpg
 さて、本日はこちら。昨日購入したロベール・ブスケ作のジャーマン・シェパードのブロンズ像です。残念ながら大理石の台座が無くなっていますが、これだけでも堂々とした風格。というか、もし大理石が付いていたら昨日は大変なことなっていたはず。
e0074478_03173345.jpg
 この彫像を見つけたのは、朝1つ目の古物市のスタート地点。知り合いの業者のスタンドでした。「素敵だけれど、僕にしてはクラシックすぎるかも~」なんて考えている間に、業者は「是非持って行け~!」と押し付けてきて、結局お付き合いで買ったのでした。それからはなぜか金属ものばかり買うことになり、愛用のモノプリのバッグは重くなる一方。肩はベルトで擦れて、今朝入浴したらヒリヒリしたくらいです。だから大理石の台座は無くて良かったわけです。というか、もしこれが完品だったらオークションに出ていたはず。
e0074478_03173235.jpg
 ロベール・ブスケは1894年生まれで1917年没。23歳という若さで亡くなっていますが、彼の経歴についての詳細は出てきませんでした。人物像よりも、ライオンや象などの動物を得意としていたようです。
e0074478_03171635.jpg
 アール・ヌーヴォー期の様式美に溢れ、リアリズムを追求しながらも女性的でロマンティックに仕上げています。中々立派な作品ですが、台座のこともあるのでお手頃値段で提供予定です~。

でも買う人の顔が見えてこない~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
# by tomoakishimizu | 2018-04-09 23:16 | 犬シリーズ | Comments(0)

オールドノリタケのフローラルプレート

e0074478_02323614.jpg
 本日より新商品の紹介をスタートさせます。1つ目は、パリ市内の古物市で見つけたノリタケのプレート。遠目でもギラギラ感が伝わってくる派手さです。特に中央の花が毒気満点。
e0074478_02323619.jpg
 深くて取っ手が付いているので、おそらくはフルーツを盛るコンポチエを想定して作られたのではないかと思います。全てハンドペイント。
e0074478_02323641.jpg
 バックスタンプ。1911年から1941年まで、英国輸出用の製品に使われていたものです。
e0074478_02323727.jpg
 売主のムッシュは、「最初見た時、セーヴル焼だと思ったんだけど、裏を見てビックリしたよ~」なんて言ってたけれど、「あなたの目、節穴ですか?」って言ってやりたかったです。セーヴルがこんなギリギリなもの作るわけないじゃないですか。まぁ、僕はこのスリリングな感じが好きなのですが。先ずは大阪でデビューさせて、東京、札幌と巡ってダメだったら名古屋に里帰りです~。

ジャンルとしてはキモカワイイ?

人気ブログランキングに投票!
[PR]
# by tomoakishimizu | 2018-04-07 23:31 | 調度品 | Comments(0)

ソフトビニール製のシロクマ

e0074478_04053048.jpg
 パリ市内の古物市で見つけたシロクマくんです。半分朽ち果てそうで、見るからに厄介。でも結構高かったです。
e0074478_04053184.jpg
 一応自力で立てるものの、このように底面が歪んでいて微妙な感じ。刻印が一切無いので何ともいえないのだけれど、1960年代のフランス製と思われます。これ以上劣化を進ませないために、ゴムタイヤ用のスプレーを買ったのですが、まだ吹き付けていません。実はペイントが剥げそうで躊躇しています。どうすればいいのだろうか~。

顔は可愛いけれど全体的に怖いかも~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
# by tomoakishimizu | 2018-04-06 23:43 | クマシリーズ | Comments(0)