18世紀の貴婦人型塩入れ

e0074478_08525008.jpg
 役に立たない生活雑貨は続きます。本日は、昨日のカニ漁船と一緒に購入した、貴婦人の形をした塩入れです。無意味に可愛くて、ついつい買い付けてしまいました。残念ながら、胡椒入れはありません。
e0074478_08373135.jpg
 刻印はあるものの、判読できず。大体1920年代の制作で、もしかしたらドイツ製。売主曰く、昨日のカニ漁船と同じ持ち主がコレクションしていたものだそうです。
e0074478_08522916.jpg
 この時点では洗浄しておらず、汚れが目立っています。これって卵の黄身かしら。ということは、実際に使っていたよう。奇特な人はいるものですね。おそらく胡椒入れはモーツァルトみたいな男性だったような気がします。セットだったらどんなに素敵だったか。でも仕方ありません。ベルばらの本拠地近くで、“マリーアントワネット風”として販売したいと思います~。


これから飛行機で大阪~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2019-03-14 08:54 | 生活用品 | Comments(0)

カニ漁船型塩胡椒マスタード入れ

e0074478_09532019.jpg
 これまた生活の役に立たない実用品のご紹介です。パリ市内の古物市で見つけた、謎なテーマの塩胡椒マスタード入れです。
e0074478_09532026.jpg
 皆さんが下船した姿。男の子が塩入れで、女の子が胡椒入れ。マスタード入れのフタにはカニがあしらわれています。
e0074478_09532086.jpg
 グーグリー風の目なので、1920年代の制作と思われます。刻印、裏印は一切なし。おそらくはフランス製でしょう。
e0074478_09532096.jpg
 奈良美智作品の源泉を見た気がしますが、偶然? 一応ハンドペイントですが、かなり適当です。
e0074478_09533713.jpg
 マスタード入れのフタ。微妙にリアルで可愛くない。男の子と女の子をあそこまで可愛くしたのなら、カニも何とか出来たはず。でも、全部甘々にしないところがヨーロッパらしさなのかもしれません。カニが獲れる港町で使われていたかもしれない、でも直ぐに使われなくなったであろうアイテム。今週末に阪急うめだ本店に出現です~。


昨日実家に到着。明日大阪へ~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2019-03-13 09:55 | 生活用品 | Comments(0)

小人付きパンプス型ミニ花瓶

e0074478_02214471.jpg
 何とか空港に辿り着いてホッとしています。今回はパリコレと阪急うめだ本店でのフランスフェアのスケジュールが被っていなかったのは良かったのですが、その分早目に原稿を仕上げなくてはならず、荷物の準備は後回しになっていたところに仕入れをしなくてはならず、昨日はブログをアップできず。そして諸々の事象を経て本日。段ボールの口を閉じたのが出発の5分前でした。とにかく良かったです~。
e0074478_02214417.jpg
 さて、パリコレの記事を一時中断して、しばらく蚤の市ネタを書きます。本日はパリ市内の古物市で見つけた、小人が乗ったパンプス型の花瓶です。
e0074478_02214416.jpg
 手の平サイズです。おそらくは1920年代までの制作で、フランス製と思われます。
e0074478_02214407.jpg
 丸書いてチョン系のヘタウマな絵付け。生花を生けるには安定性が無く、水がほとんど入らないので、おそらくは造花を飾るためだったはず。今週土曜日に大阪デビューです~。


寝たいけれど仕事します~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2019-03-12 02:23 | 調度品 | Comments(0)