ブロンズ製スズメの取っ手(?)

e0074478_10243948.jpg
 ヴァンヴの蚤の市で購入した、ブロンズ製の装飾品です。制作年代や用途など、詳細は一切不明。一応スズメだと思うのですが、どちらかというとコウモリっぽいかも。二個あり、それぞれ枝にとまるスズメの角度が微妙に違います。スズメと枝は型で抜いてはいるけれど、各パーツの溶接は手作業ということなのでしょう。ということで、意外と職人の手が入っています。バラ売りの予定。
e0074478_10244046.jpg
 左の枝と真ん中の枝にネジ穴があり、固定できるようになっています。どうしても裏側からネジを通さなければならず、壁に固定するのではなく、家具の扉などに取り付けるもののような気がします。
e0074478_10243909.jpg
 割と邪悪な顔つき。もうちょっと可愛くすれば良かったのにぃ。でも、それがヨーロッパ的であり、一つの魅力になっているのかもしれません。辛口なものがお好きな方にどうぞ~。


一個が物凄く重いです~
人気ブログランキングへ

[PR]
# by tomoakishimizu | 2018-02-17 10:30 | 調度品 | Comments(0)

ガリア社のピューター製トレイ

e0074478_10262419.jpg
 パリ市内の古物市で見つけたトレイです。刻印が極小で見えず、出所がわかりませんでしたが、この繊細な作りはただものではないと思っての購入。
e0074478_10262407.jpg
 家に持ち帰り、刻印をジ~っと見つめてもダメ。最終的にデジカメで撮影して拡大し、ガリアの作であることがわかりました。こちらのニワトリの刻印は、1900年から1937年まで使用されていたもの。でも、見たままアール・ヌーヴォー様式なので、限りなく1900年に近い制作と思われます。
e0074478_10262459.jpg
 ガリアは、アルフェニドという銀食器会社が19世紀末にクリストフルに買収されて新設された会社で、要するにクリストフルです。こちらの意匠については、様々なオークションサイトで鮭とか鰯とか書かれていますが、どう見ても鯉。で、オークションサイトで扱われているということで、こちらはかなりのレベルのものでした~。


先程磨いたらピカピカになりました~
人気ブログランキングへ

[PR]
# by tomoakishimizu | 2018-02-16 10:29 | 調度品 | Comments(0)

ハンティングモチーフのレードルラック&レードル・セット

e0074478_10021068.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、アルミ製レードルラックとレードルのセットです。レードルについては規格がバラバラですが、前の持ち主はこの組み合わせで使っていたのでしょう。おそらくは1950年代のフランス製。
e0074478_10021011.jpg
 使用感はありますが、汁受けもちゃんと揃っていて、まずまずの状態です。
e0074478_10021103.jpg
 この種の消耗品にしてはレリーフの出来映えが良く、手を抜いていないところに昔の人の物作りへの情熱を感じます。衛生面を考えると実用向きではないので、ディスプレイ用にどうぞ~。


やっぱりエイリアンはいました~
人気ブログランキングへ

[PR]
# by tomoakishimizu | 2018-02-15 11:53 | 生活用品 | Comments(0)