12月18日(日)の巻 其の二

 昨日からの続きです。

e0074478_1282726.jpg
 同じスタンドで、気弱そうなオジサンから買った黒人のファンキーなお兄さん人形。もしかしたらお姉さん?髪型だけでは判断つかないですが、昔の秀樹とか五郎を髣髴とさせますね。

 この人形、チケットが付いていて、スイス製だとわかります。こんなもの作っちゃうスイスってかなり変。やっぱりイタリアと張ってるかも。今までイタリア製って思っていたスイスの牛さん達も実はスイス製だったりして。でも地続きだから一緒ですかね(ウソです)。

 素材は針金、木、そして服は革製。でもかなり傷んでいて修復が必要。シルバーのインナーと靴がいかしてます。ディスコミュージックに乗って今にも踊り出しそうな雰囲気。

ファンキーな兄貴とランキングに一票を!
人気ブログランキングへ
# by tomoakishimizu | 2005-12-24 01:29 | 人形シリーズ | Comments(2)

12月18日(日)の巻 其の一

 たまのヴァンヴってあなどれません。人形とかぬいぐるみを大量に仕入れられてホクホクでした(仕入れるって、仕事にしてるわけじゃないんですけど)。
e0074478_1255823.jpg
 またまたロルダンの闘牛士を見つけちゃいました。売っているオジサンに値段を聞いたら5ユーロ。スイス製の黒人のお人形を抱き合わせにして5ユーロに値切ったら、気弱そうなオジサンはOKしてくれました。
 
 この闘牛士、ロルダンといっても作業の詰めが甘いし、顔はそれほど可愛くないし、クオリティは今ひとつ。昔のロルダンだったらマントの素材をサテンにしたでしょうし、そこに刺繍をしたり、手描きモチーフを配したりしたはず。まあ、それでもかなり高水準なんですが。多分70年代のものでしょう。でも闘牛士って我が家に何人いるんだろう。

今一歩強そうじゃない闘牛士さんとランキングに一票を!

人気ブログランキングへ
# by tomoakishimizu | 2005-12-23 01:26 | ロルダン | Comments(0)

モーモー三姉妹 

e0074478_0233117.jpg
 3匹の牛の姉妹です。それぞれ違う場所で買い集めて、僕が勝手に姉妹にしたんですけど。素材はフェルトで中綿は綿。高さ18センチ。どこで買ったのか記憶がないし、値段も忘れましたが、2ユーロ、3ユーロだったと思います。明らかに60年代から70年代に掛けての作品。一応スイス風のカウベルを首から下げていますが、製作はイタリアのような気がします。スイスにしては雰囲気が濃すぎると思いませんか?ベージュの牛はインターラーケンのお土産ものだったのでしょう。ベルに書いてありました。

e0074478_0293873.jpge0074478_0295247.jpg

















  頭に花を飾っているのは女の子で、ちょっと田舎娘風。と思いましたが、牝牛って角ありましたって?もしかしてこれって女装牛? あ、調べたら牝にも角はあるみたいですね。
e0074478_030621.jpg
 このシリーズ、他にも色々バージョンがあるみたいで、黒地に白の模様入りのものを日本のぬいぐるみ販売サイトで見たことがあります。タイトルは確か「サイケデリック牛」になってました。このネーミング好きかも。でも値段はビックリするほど高かったです。原産地のヨーロッパでは安いので、これからも姉妹が増えていきそう。可愛いんだけど、強烈な個性を持った牛さんたちでした。

危うく女装牛よばわりしそうでした。ランキングに一票を!

人気ブログランキングへ
# by tomoakishimizu | 2005-12-22 00:32 | 我が家のお友達 | Comments(6)