人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

陶製野ウサギ

e0074478_11321770.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、非常に繊細な耳を持つウサギちゃんです。刻印が無いので何とも言えませんが、見るからに日本製で、1960~70年代の制作と思われます。
e0074478_11321804.jpg
 耳の先端に釉薬の剥離が見られるものの、他にダメージはありません。良くここまで生き残ってきたと思います。やや高めの値段設定だったためか、大阪では微妙にスルーされてしまいました。札幌では新価格にて里親探しに挑みたいと思います~。


さいたまには連れて行きません~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2019-05-31 11:34 | ウサギシリーズ | Comments(4)

フェントン風フリルガラスボウル

e0074478_11575600.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、ピンクのグラデーションが美しいガラス製の器です。サイズは手の平に乗るくらい。
e0074478_11575689.jpg
 この種のフリルガラスは、ランプシェードなど、フランスでも大量に作られていたと思うのですが、こちらの器は白とピンクの合わせガラスで、しかもボーダーのグラデーションという、非常に精巧な作品。
e0074478_11575609.jpg
 凝った作りのガラス製品といえば、アメリカのフェントン社が有名で、フランスの古物市でも散見されます。でもフェントンの製品について特別詳しいわけではなく、こちらの器の出所について語れるほど情報を持ち合わせていません。フェントン社の製品には刻印が無く、紙製のシールが貼られていただけだったそう。ということで、もしかしたらフェントン社製、もしかしたらフランス製。最終的に、“フェントン風”という表現でのご紹介となりました~。


来週、札幌で初披露の予定~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2019-05-30 11:59 | 調度品 | Comments(0)

さいたまスーパーアリーナ 第33回骨董アンティークフェア 告知!

e0074478_14080246.jpg
 昨日をもちまして、オソブランコさんでのイベントが終了しました。お越し頂いた皆さん、どうも有難うございました~。猛暑が3~4日、そして最終日は雨、と天候には然程恵まれませんでしたが、来場して頂いた皆さんは本当に熱心で、笑顔で帰っていかれる方ばかり。その姿に毎回救われました。本当に有難いことです。そして搬出は、いつも通りオソブランコチームの貝川夫妻、白木さん、岡野さんの4人と、人形作家のピノコちゃん&漫画家のベルさんご夫妻にお手伝い頂き、20時半に無事終了。もう13回目となるこのイベント。毎回笑顔で終えられる奇跡に感謝するばかりです~!

 さて、僕は本日より実家へ戻り、次のイベントの準備に入ります。表題通り、さいたまスーパーアリーナでの骨董アンティークフェアに参加します~。「僕は骨董屋じゃない~!がらくた屋だ!」と信じて疑わず、頑として拒んできた骨董フェアの参加ですが、ブルーキュラソー・フランスの秋山さんが「家にあるストックをセールにすれば売れるよ~」なんて言うので、口車に乗ってみただけなのでした(笑)。ということで、生まれて初めての骨董フェアでの出店。商品構成は、これまで僕と一緒に長きにわたり人生を歩んできたアイテムで、ほぼ全てを半額で提供予定。屋号は『パリの蚤の市』で、先述のブルーキュラソー・フランスさん、スプートニックプラスさん、アンティーク・サロンさん、そしてレメディさんと共同出店。そして埼玉へ行くのは、高校時代に高校生ウルトラクイズのために西武球場へ行って以来(恥)。DMには「お客様と業者間のトラブルに関して、当事務局は一切関与しません」と明記されていて、各所で喧嘩は頻発のよう。今から色々な意味でドキドキです~。

さいたまスーパーアリーナ 第33回骨董アンティークフェア
2019年6月4日(火)・5日(水)
さいたまスーパーアリーナ
11時~17時営業
〒330-9111 埼玉県さいたま市中央区新都心8番地
電話:090-88-145101(いーよこっとういち)
公式サイト



ブース番号はI-10です~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2019-05-29 14:10 | 番外編 | Comments(2)

青い鳥の陶製置物

e0074478_10014940.jpg
 時間が経つのはあっという間。オソブランコさんでのイベントも、本日が最終日となりました。まだまだ商品はありますし、手芸用品とドイリーのセール品を明確に分けましたので、ご覧になって頂けたらと思います~。
e0074478_10015096.jpg
 さて、本日はこちら。おそらくは、1960年代の日本製と思われる、青い鳥の置物です。尻尾部分に釉薬の剥離が見られるものの、それ以外は欠損なし。全く同じものを持っていると思っていたのですが、以前の記事陶器の青い鳥を見てみたら、微妙に構図が違うものでした。こういう場合、マニア的にはバリエーションを揃えたくなるのだけれど、商売人となった今は我慢我慢。喜んで提供したいと思います~。

友くんのパリ蚤の市散歩 chapitre 13
本日最終日 18時まで!
オソブランコ
〒556-0021 大阪府大阪市浪速区 幸町1-2-36 2F
12時~18時営業
TEL:06-7504-4332


明日はさいたまの告知~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2019-05-28 10:03 | トリシリーズ | Comments(0)

G.ギルー作の黄色いドレスの女性像

e0074478_10202960.jpg
 悪趣味絵画は続きます。パリ市内の古物市で見つけた、黄色いドレスをまとった女性を描いたアクリル画です。イベントのDM写真に登場していますが、今のところ反応はゼロ。 
e0074478_10202808.jpg
 G.ギルーのサインが入っていて、ネット上で調べたところ、詳細は全く出てきませんでした。すでに活動していないものと思われます。テクニック的に稚拙ですが、人物の捉え方と構成が面白いと思います。バカバカしいけれど魅力的。共感してくれる方がいたら嬉しいです。でもそんな人、会期中に出てくるのかしら。会期といえば、オソブランコさんでのイベントも、残すところあと2日となりました。夏日が続きますが、是非遊びにいらして頂けたらと思います~。

友くんのパリ蚤の市散歩 chapitre 13
5月28日(火)まで
オソブランコ
〒556-0021 大阪府大阪市浪速区 幸町1-2-36 2F
12時~20時営業
土曜・日曜・祝日~19時営業
*最終日は18時まで
TEL:06-7504-4332


20時までお待ちしています~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2019-05-27 10:23 | 調度品 | Comments(0)

ドゥース作『La Tendre Complicité』

e0074478_09311360.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、貴婦人と犬を描いた油絵です。搬入の日にオソブランコのお二人に見せたら、声を失っていました。
e0074478_09312234.jpg
 貴婦人はまだマシですが、犬の方がヘタウマを通り越して酷いです。でも、抵抗しがたい魅力を感じるのは、もしかして僕だけ?
e0074478_09311389.jpg
 サインが入っています。ディテールを見ると、やはり適当ですね。アマチュアに毛が生えた程度。
e0074478_09312250.jpg
 木枠に2枚のカードが入っていました。こちらは手書きの名刺。マルカデ通りに住んでいたドゥース(仏語で甘いの意)という雅号の画家が描いたもののようです。電話番号から察するに、1996年以降に活動していたようですが、ネット上で詳細は突き止められず。
e0074478_09312276.jpg
 作品を説明したカード。タイトルは『La Tendre Complicité(優しい共犯)』。その下を見て驚愕。当時2700フラン(約5万円)もの値を付けていたのでした。でも、よくよく見たら、ルイ16世スタイルの額についての言及があり、その額が高かったようです。残念ながら、その大事な額は取り外されてしまっていますが。リボンがフリフリしたルイ16世スタイルの額が付いていたら、どんなに素晴らしかったことか! ということで、まぁまぁアクセスしやすいお値段で提供中です~。

友くんのパリ蚤の市散歩 chapitre 13
5月28日(火)まで
オソブランコ
〒556-0021 大阪府大阪市浪速区 幸町1-2-36 2F
12時~20時営業
土曜・日曜・祝日~19時営業
*最終日は18時まで
TEL:06-7504-4332


本日は19時までの営業~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2019-05-26 09:39 | Comments(0)

G.ハワード・ホッジによる造花付きハット

e0074478_10212224.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、造花に覆われたボリューム感満載のハットです。売主は「アメリカ製」であることを明言していたのが印象的で、フランス製との差別化を強調していたのでしょう。良い意味で、アメリカらしい大振りな華やかさがあるかもしれません。
e0074478_10212135.jpg
 こちらのタグは1950年代後期のもの。Gハワード・ホッジは、19世紀末にカリフォルニア州で生まれ、セールスマンなどを経て帽子会社を設立して成功したそう。1930年代にはNYに進出。ライセンスなど複数のラインも持っていましたが、こちらはハイエンドなオリジナルコレクションの一点のようです。
e0074478_10212265.jpg
 これだけの造花を縫い付けるのは大変な作業。それぞれの花は然程壊れておらず、実際の使用に耐え得る状態です。是非ご覧になりにいらして下さい~。

友くんのパリ蚤の市散歩 chapitre 13
~5月28日(火)
オソブランコ
〒556-0021 大阪府大阪市浪速区 幸町1-2-36 2F
12時~20時営業
土曜・日曜・祝日~19時営業
*最終日は18時まで
TEL:06-7504-4332


PayPayとLINE Payも使えます~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2019-05-25 10:23 | 服飾 | Comments(0)

パリの蚤の市@オソブランコ in 大阪 オープニングリポート

e0074478_10575060.jpg
 昨日より、大阪は難波のオソブランコさんにてイベントがスタートしています。オープニングの正午までには全てが完了するはず、なんて高をくくっていたら、額縁の補修や人形用ベッドのマットレスのボタン付け、ミモザモチーフのボンボニエールのなんちゃって金継など、訳の分からない作業が次から次へと出てきて、気付いたらパーティの時間。ということで、いつも通りの進行具合でした。
e0074478_10575073.jpg
 開店直後から、熱心&ディープなお客様にいらして頂き嬉しい限り。パーティは、オソブランコ特製の美味しい料理に囲まれて、皆さん大満足のご様子。これまでと変わらず楽しい雰囲気でしたが、メンバーがメンバーなので、それはもう、とても濃厚。とにかく、いらして頂いた皆さん、どうも有難うございました~。
e0074478_10575075.jpg
 売り場とレジの行き来で飲んでいる暇がなく、珍しく素面に近い状態で閉店時間を迎えました。1点50円という商品があったとはいえ、売上点数はなんと300点以上。よく頑張った、と自分を褒めてあげることにしました。
e0074478_10575041.jpg
 片づけをしてから、オソブランコの白木さんとワインを1本だけ空けて語り合い、12時半に解散。今回は大人しい飲み方に徹することができたかも。
e0074478_10575093.jpg
 ということで、本日はとても快調。大きな商品がいくつか動きましたが、まだまだありますので、是非遊びにいらして頂きたいです~。

友くんのパリ蚤の市散歩 chapitre 13
~5月28日(火)
オソブランコ
〒556-0021 大阪府大阪市浪速区 幸町1-2-36 2F
12時~20時営業
*最終日は18時まで
TEL:06-7504-4332


本日12時よりお待ちしています~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2019-05-24 10:59 | 番外編 | Comments(4)

クロ作ネコ3匹の油絵

e0074478_09021159.jpg
 一昨日の夕方から搬入作業をしていますが、1日半かけたので開店までには形になりそう。でも、相変わらず会場写真を撮り忘れていて、公開は明日になります。すみません~。で、本日は、DM写真にも登場しているこちらをご紹介。パリ市内の古物市で見つけた、ネコ3匹を描いた油絵です。C.Crosのサインをたよりにネット上で調べてみましたが、全く追跡できませんでした。然程上手な描き手ではないことは画面からわかり、名を轟かすような作家にはなれなかったようです。でも、こちらの絵は中々魅力的で、古物市でも一際目を引きました。本日12時より、こちらのネコちゃんたちと一緒にお待ちしています~。

友くんのパリ蚤の市散歩 chapitre 13
2019年5月23日(木)~5月28日(火)
〒556-0021 大阪府大阪市浪速区 幸町1-2-36 2F
12時~20時営業
*最終日は18時まで
TEL:06-7504-4332


18時からレセプションです~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2019-05-23 09:44 | ネコシリーズ | Comments(2)

JPM社製イエローグラスアイのクマ

e0074478_10084686.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、JPMのクマちゃん。かなり大きく、30cm超えです。主素材はヴィスコースか何かの起毛素材で、中綿は木毛、目はグラスアイ。おそらくは1950年代の制作。リボンはヴィンテージのものを僕が巻きました。
e0074478_10085367.jpg
 以前、といっても12年以上前のことだけれど、JPMの黄色いクマ を紹介していて、その後、この黄色いクマはJPMではないことが判明。実は、現在日本のクママニアの間でこの種のJPM風のクマをめぐり論争が起きており、「一体誰がなんちゃってJPMのことをJPMだって言ってるんだ!」なんて憤慨していたのですが、その根源は自分だったという(苦笑)。
e0074478_10084679.jpg
 JPMのクマちゃんは、鼻が三角に刺繍されていて、グラスアイは着色ではなく、色ガラスのものを使用している、という大きな特徴があります。更にハート形の紙タグが付いていればJPMで間違いないでしょう。残念ながらこの子には紙タグは無いものの、鼻の刺繍とグラスアイでクリアしていると思います。今となってはすっかり希少種となってしまったJPMのクマに、是非会いにいらして下さい~。


明日よりオソブランコさんにて販売開始~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2019-05-22 10:15 | Comments(0)