2018年 03月 04日 ( 1 )

ドリス・ヴァン・ノッテン 2018/2019秋冬

e0074478_19283472.jpg
 ドリス・ヴァン・ノッテンのショーは、パリ市庁舎のホールで開催されました。今シーズンは、美術を学んでいない人が描いたアート、本能のままに創造したアートであるアール・ブリュットをテーマにしています。こちらは、ペンとインクで自由気ままに描いたモチーフをプリントしたコート。 
e0074478_19283441.jpg
 羽の要素も多く見られ、こちらのフェイクファーのコートには、マラボーの羽をパッチワークしています。マラボーはオーストリッチに風合いが近いのですが、オーストリッチは輸入制限のある国が多く、現在は簡単に使用できないのだそう。
e0074478_19283422.jpg
 スポーツウェアからインスパイアされたシャツドレス。切り替えしと色使いが美しいです。
e0074478_19283486.jpg
 アール・ブリュットモチーフのプリントのパンツに合わせたブルゾンにはビニールテープを刺繍し、羽のような効果を出しています。
e0074478_19283481.jpg
 ミリタリーテイストのコートドレス。ギャザーを寄せて、袖に膨らみを持たせることでフェミニンに仕上げています。
e0074478_19283521.jpg
 最後のルック。マラボーの羽をイメージさせるビニールテープを刺繍したドレス。今シーズンは、テーマがすんなりと見えてこなくて、一体全体何だったんだろうとモヤモヤしながらショールームへ行ったのですが、実際に服を見てみると、どれもこれもが美しくて、自分が女性だったら熱狂してしまって大変だっただろうなぁ、なんて思いました。まぁ、ドリスの場合はいつものことなのですが~。


アッという間にパリコレも後半に突入~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-03-04 19:30 | パリコレ | Comments(0)