ボーヴェ刺繍のバッグ

e0074478_2324297.jpg
 昨日のニワトリさんがあまりにも不評だったようなので、今日は雰囲気をがらりと変えて、先々週のパリ郊外で行われていた古物市で買ったバッグを紹介します。

e0074478_23242218.jpg
 ボーヴェというフランス北部の街の名前が付いている刺繍の技法で、チェーンステッチなのですが、どうやら鈎針のような特殊な針を使って刺繍をしていくようです。18世紀の男性のベストの刺繍などでよくみられ、その後は女性の装飾品、特に手袋やバッグに施されるようになりました。

 このバッグにあるような東洋的な花のモチーフが一般的ですが、僕はこのボーヴェ刺繍のファンで、麻布に刺繍された昔のサンプルをけっこう持っていて、鳥とかオマール海老とかクリスマスツリーとか、あらゆる種類があります。

e0074478_23245594.jpg
 で、このバッグはいつの時代かよくわかりませんが、おそらく前世紀初頭くらいじゃないかと思います。口金が七宝になっていて、ちょっぴり豪華な感じ。最近はこの刺繍入りアイテムは中々見付からないのですが、クリニアンクールのとある店のマダム曰く、日本人に買い尽されたとか。それじゃあ、日本にいっぱいあるんでしょうかね。皆さん、こんな刺繍入りのもの見たことあります~?

明日は同じ時に買ったものを紹介します~

↓ポチッと応援クリックをお願いします~♪

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-11-21 23:24 | 装飾品 | Comments(4)
Commented by あ~さん at 2006-11-22 00:53 x
いつも拝見させていただいてます。
沢山の個性的なぬいぐるみ、いつも感心してみてました。
なんと今日はとっても素敵なバッグ!! 本当に素敵です。
こんなバッグを持ってパリの街をかっぽしてみたい!!なんて思ってしまいました。 古物市でこういった物にもであえるんですね!参考になりました。
Commented by kaorin at 2006-11-22 09:13 x
tomoちゃんへ
素敵なプチバッグね!ボーヴェ刺繍ってゆうのね?お勉強になりました。
確かに日本で見かけたことはあるけど、買いあさられて売られまくっているわけでもないと思うけど・・・
きっとボーヴェマニアな方がたっくさんコレクションしてるのでは?
口金が七宝焼なんて、凝ってるぅ~!
Commented by tomoakishimizu at 2006-11-23 00:02
あ~さん、初めまして~。そしてコメントありがとうございます。古物市って、何が出るかわからないところが宝くじっぽく、ワクワクさせてくれます。まあ、ほとんどのものが家庭の不用品だったりするわけなんですが。
また遊びに来てください~。
Commented by tomoakishimizu at 2006-11-23 00:04
kaorin、ボーヴェはタピスリーでも有名で、例えばルイ王朝期の椅子のクッション部分の布を織ったりしていたそうです。というのは昨日得た知識。装苑2月号のマリー・アントワネット特集を読んでみてね~。
<< ドレスのハギレ ジタバタニワトリ >>