人気ブログランキング |

ソ連のロケットとキャラクターの磁器製フィギュア

ソ連のロケットとキャラクターの磁器製フィギュア_e0074478_01064535.jpg
 我が家にはガス湯沸かし器が設置されています。フランスでは元々ガスは然程高くないし、独り身で年の半分は日本なので、とても安く済んでいるのですが、年に一度は湯沸かし器の点検と、湯沸かし器に繋がる煙突の掃除のために人をいれなければならず、両方で3万円くらいかかります。3月に湯沸かし器の会社に点検費用を入金していたのだけれど、直後に日本に戻ってしまい、ずっと気になっていたので、先週戻ってきて直ぐに電話をし、17日にアポイントを入れました。「午前8時から午後5時までの間」という、フランスらしい非常にザックリな時間設定です。そして続けざまに煙突掃除の人に電話をし、同じ17日にお願いをしました。こちらは「午前11時から午後1時まで」で、全然マシな感じ。湯沸かし器の会社は、この間ドイツの企業に買収されたのに、体質は変わらないようです。それはそうと、同じ日にしたのは、知らない人間を家に入れるのは非常に苦痛で、1日で済ませてしまおうという魂胆からでした。で、同じ日だからといって、まさか同時に来たりはしないだろうと高を括っていたのですが、何となく朝から嫌な予感がし、12時半に呼び鈴が鳴ってドアを開けたら、そこには煙突掃除人と湯沸かし器の技術者が2人いたのでした。でも煙突は浴室の方にあり、湯沸かし器はキッチンにあり、それぞれ作業場が違うので問題ありませんでした。湯沸かし器の技術者に、「いっぺんに済んで良かったね~」と言われたのだけれど、煙突掃除人と同時に作業をするのは稀のようです。それはさておき、先週の土曜日にATMに飲み込まれたキャッシュカードですが、やっと救出された旨の電話が銀行からかかってきて、湯沸かし器の点検と煙突掃除が終わって直ぐに取りに行きました。ずっと気になっていたことが今日一日で一気に解決して良かったのですが、日本だったら有り得ないことも多く、何となく素直に喜べず、モヤモヤが晴れません~。
ソ連のロケットとキャラクターの磁器製フィギュア_e0074478_01064640.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、ソビエト連邦製のロケットとキャラクターの磁器製フィギュアです。
ソ連のロケットとキャラクターの磁器製フィギュア_e0074478_01064530.jpg
 ご覧の通り、手の平サイズなので場所要らず。絶妙なデザインセンスで、強い存在感を漂わせています。
ソ連のロケットとキャラクターの磁器製フィギュア_e0074478_01064645.jpg
 この裏印は詳細不明。最初から諦めていて、全く調べていません。今度、東欧雑貨の専門家、イスクラさんに会ったら聞いてみたいと思います。
ソ連のロケットとキャラクターの磁器製フィギュア_e0074478_01064597.jpg
 ロケットの羽(?)が一部欠けていると思っていたのだけれど、再確認したら、単にエッジがキツイだけでダメージはありませんでした。それで、このモチーフは何なのか、という最も重要な話ですが、ネット上で調べたところ、ロケットのスプートニクと人工衛星のスプートニク1号という情報を得ました。でも、それ以上はわからず。もしこれがスプートニクであるとすれば、ロケットも衛星も1950年代の終わりに打ち上げられたので、こちらのフィギュアは1960年代までの制作のはず。中々古く、レアなアイテムと言えるでしょう。来月、神戸阪急さんにて開催のフランスフェア2020で初披露します~。


ヘンテコリン陶磁器、買い集めています~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2020-09-17 23:05 | 珍品 | Comments(4)
Commented by kanako at 2020-09-20 11:31 x
きゃー、なんですかこれは!
お久しぶりです、いつも大阪でお邪魔しているkanakoです。
春と夏のうめ阪さんのイベントは知りつつ行けなかったんですが。
このフィギュワは是非見たい。。
ので頑張って神戸伺います!必ず持ってきてくださいね〜〜お待ちしています。
Commented by tomoakishimizu at 2020-09-21 02:16
kanakoさん、ご無沙汰しております~。このフィギュアはかなりレアで、申し訳ないのですが、実はそんなに安くないのです…。というか、訳あって安くできない部分もありまして。取り敢えず、ご覧になりに是非いらして下さい。もう既に神戸行きの荷物の中に入れてありますので~。
Commented by kanako at 2020-09-21 11:29 x
わかりました、覚悟して伺います笑
スプートニク1号ファンとしてはやはり無視できません。。!
このコロナ禍で新商品もってきていただけるとあっては、
もちろん他の物も拝見するのを楽しみにしています!
Commented by tomoakishimizu at 2020-09-22 00:13
kanakoさん、スプートニク1号かどうかはわからないのですが、とにかくソ連の1960年代までのオブジェであることは間違いありません。お目に掛かるときまでに、少しでも情報収集しておきます。お待ちしています~。
<< ヒツジの角と道化の少年の花瓶 ロベール作『草原とヒツジ』 >>