人気ブログランキング |

シャネル ハイジュエリー 2019

e0074478_02231145.jpg
 シャネルのハイジュエリーコレクションは、グランパレで発表されました。タイトルは『ル・パリ・リュス・ドゥ・シャネル』。ココ・シャネルは、ロシア皇帝ニコライ2世の従弟で、ロシア革命時に亡命したディミトリ・パヴロヴィチ大公との恋愛を通じ、終生ロシアに憧れの念を抱いていたそう。そんな逸話からイメージされたのが今回のコレクション。しかし、シャネルには語るべきストーリーが本当に豊富で、毎回驚かされます。
e0074478_02231165.jpg
 こちらは、ロシア帝国の紋章である双頭の鷲から着想を得た『エーグル・カンボン』シリーズのネックレス。ココ・シャネルの部屋には、双頭の鷲をモチーフにした大きな鏡が置かれていて、それが直接的なインスピレーションになったとのこと。プラチナ台で、ペンダントはブローチとして使用可能。中央のエメラルドカットのダイヤは15,25カラット。お値段は凄くて、多分今シーズン見たものの中で最高額でした。
e0074478_02231211.jpg
 ロシアの民族衣装『サラファン』と名付けられたシリーズの一点。襟の形をしたオープンワークのネックレスです。資料には、このネックレスのようなオープンワークの髪飾りを装着したアンナ・パヴロワの写真が掲げられていて、そちらから着想を得たようです。良く見ると、シャネルの象徴的な花、カメリアが象られています。こちらも物凄いお値段でしたが、既に売約済みだそう。
e0074478_02231153.jpg
 ロシアらしい色調の『フォークロール』シリーズの一点。七宝のベースに宝石を散らしたブレスレットです。
e0074478_02230387.jpg
 ココ・シャネルはディミトリ大公の実姉、マリア・パヴロヴナ大公妃に刺繍の才能を見出し、アトリエを持たせたそうで、こちらのシリーズは彼女の刺繍作品をイメージしています。フォルムは軍服に取り付けられる勲章をイメージしていて、双頭の鷲同様、マスキュリンな要素を漂わせています。
e0074478_02230339.jpg
 ロシア特有の服『ルバシカ』から着想を得たシリーズの一点。中央に9,5カラットのイエローダイヤをあしらったネックレスです。こちらは、一番上のネックレスよりは少し安いですが、あくまでも少しだけ。この他に800~1000万円程のシリーズもあり、「お求めやすい価格帯です」だなんて説明されると、一瞬金銭感覚が狂います。まぁ、狂ったところで先立つものが何も無いので、どうにもなりませんけれどね~。


明日から古物紹介を再開~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2019-07-10 23:09 | パリコレ | Comments(0)
<< ドングリモチーフのキャニスター ヴィクター&ロルフ 2019/... >>