金彩・七宝絵付のガラスケース

e0074478_06515699.jpg
 新商品の紹介をスタートさせます。こちらは、パリ市内の古物市で見つけた、金彩・七宝のガラスケースです。全てハンドペイント。
e0074478_06515635.jpg
 留め金がSの字になっているので、おそらくはアール・ヌーヴォー後期、1900~1910年代の制作と思われます。特に注目したいのが留め金の彫り。細かなモチーフが入っているのは珍しいかも。
e0074478_06520371.jpg
 然程上手な絵付けではないものの、金と小花の調和と透け感が中々素敵です。来月から大阪、東京、札幌と巡りますが、どこの都市でこのケースを初披露するか決めていませんでした。でも、とりあえず大阪へ運び込もうかなと思います~。


本日パリへ戻ります~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-11-01 07:16 | 調度品 | Comments(0)
<< ローゼンタール社製の七宝モチー... コルセット型花瓶 >>