地球儀風陶製花瓶

e0074478_09165242.jpg
 昨日、搬出作業をしました。来月10日から立川の駅ビルで開催予定のアンティークフェアに参加するため、立川用の荷物と実家に置いておく荷物を分けながら商品詰めをしていたら、タイムロスを指摘されましたが、それでも6時過ぎには全て終了。その後、恒例となっているキャンティーヌピーで打ち上げ。怒涛の肉祭り&酒祭りとなり、エネルギーを蓄えすぎたのか上手く寝られず、今日はちょっぴり寝不足です~。
e0074478_09164441.jpg
 さて、本日はこちら。アリーグル市場で見つけた不思議な形をした花器です。地球儀のように見えますが、何を象っているのかはわかりません。アリーグルで一度見かけ、気に入ったものの、花器という売れ筋ではないアイテムゆえ直ぐには手が伸びず。ある時から姿を見せなくなり、暫くして再び現れ、「やっぱり変で素敵」と思えたので買い付けることにしました。多分一時的にストックされていたのでしょう。
e0074478_09165364.jpg
 番号のみで裏印は無し。Mという、傷のようなサインは意味不明です。ステンシルのモチーフから推測するに、1930~40年代の作ではないかと思われます。
e0074478_09164412.jpg
 この写真を撮った時点では縁に石灰質が付着していますが、その後かなりを落とすことができ、パリへ戻ってから最終的な掃除をする予定。扱いが面倒な形状だけれど、しっかり梱包して日本まで運びたいと思います~。


今日は有田ポーセリンパークへ遠足~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-09-14 09:18 | 調度品 | Comments(4)
Commented by やす at 2018-09-14 21:15 x
友くん、こんにちは。
有田ポーセリンパークという言葉に反応してしまいました。学生の頃、まるで「いい旅夢気分(テレ東)」のように「有田・伊万里・唐津」を一人で旅したことあります。その際に立ち寄って驚いたのが有田ポーセリンパークでした。欧州では日本の磁器をあのように室内装飾として使うのか・・・と勉強になりました。ググってみると、最近はコスプレの撮影場所としても人気があるみたいですね。
Commented by tomoakishimizu at 2018-09-15 08:12
やすさん、有田ポーセリングではなくポーセリンでした。すみません。間違いを直すの面倒だから、このままにしておこう。と思ったけれど、やっぱり直しました。それはさておき、結果は惨憺たるものでした。でもどれだけ酷いのかを直接的に教えてくれた人がいなかったので、仕方ありません。寂れた温泉町というか、廃墟感が漂っていました。全体から受けるやる気のなさが凄い。もう二度と行きません~。
Commented by やす at 2018-09-15 21:15 x
友くん、そうだったんですね、そんな感じになってたんですんね。私が訪れた四半世紀前はもっとマシでした(笑)当時はバブル直後だったからかな。たしか、一度クローズして、経営母体が変わったのかも。どちらにしても、徒労に終わって残念です。
Commented by tomoakishimizu at 2018-09-16 08:24
やすさん、一度クローズしていたんですね。道はガタガタだし、建物は朽ちそうだし、あのままでは本当に誰も来なくなりそうでした。土産物屋のセレクトも微妙。でも、なぜか中国人の観光客は結構いたり。不思議な空間といえばそうなるのかも。とにかく敷地が大きく、維持だけでも大変なのかもしれません~。
<< 蒔絵風パピエマシェ製ボックス リュネヴィルの陶製ボンボニエール >>