パリ焼のギザギザカップ&ソーサー

e0074478_10400600.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、パリ焼のカップ&ソーサーです。どうしてこんなデザインにしたのかは謎。“痛いの好き”な顧客による特注だったのかもしれません。
e0074478_10400669.jpg
 おそらくは19世紀末から20世紀初頭にかけての作で、全てハンドペイント。パリ焼は金線がしっかり焼き付けられていなくて、薄れているケースが多いのですが、こちらのカップ&ソーサーはかなりきれいに残っています。実用性がかなり低く、ほとんど使われなかったから、というのが本当の理由だと思われます。もちろん苦戦覚悟です。

 さて、デニムさんでのイベントも後半に突入。昨日、お客さんのMくんが『お宝を掘り当てろ!!アンティーク鑑定旅』のDVDを持ってきてくれて、今日、濱田さんがプレーヤーを持参してくれるはずなので、午後には見られそう。今頃ドキドキです~。

パリ蚤の市アンティーク展@DENIM
~9月12日(水)まで
〒830-0031
福岡県久留米市六ツ門町22-11
電話:0942-37-2246
13時~21時営業


ちあきなおみは演歌ばかりで却下されました~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-09-10 10:43 | 調度品 | Comments(0)
<< マグダラのマリア像入り円額 シルクベルベット張りの宝石箱 >>