サムソンによるサクソニアンフラワー風ボンボニエール

e0074478_21151770.jpg
 アリーグル市場で見つけたボンボニエールです。見た感じはドレスデンですが、何だかちょっとおかしい気がします。
e0074478_21151725.jpg
 う~ん、この裏印もザクセン地方っぽい。で、色々と調べた結果、19世紀初頭から実に1969年まで、パリ近郊に存在していたサムソンという工房のものであることがわかりました。
e0074478_21150244.jpg
 ドレスデンやマイセンは、もう少し清楚な感じですが、こちらは毒々しい印象。サムソンはかなり節操の無い工房だったそうで、ペルシャや伊万里、マイセンやヘレンドなど、名の知れた陶磁器をコピーし続け、そのコピーが本物としてまかり通っていた時代もあったのだそう。ちなみに、こちらのボンボニエールは19世紀末の制作のよう。
e0074478_21150348.jpg
 残念ながら微細な欠けがありました。こちらもなんちゃって金継をしてから販売したいと思います。
e0074478_21150349.jpg
 本体とフタ、それぞれの内側に花が描かれているのが本格的? 開けてビックリで、ちょっと嬉しくなります。
e0074478_21150260.jpg
 こちらはフタの内側。花の配置が何となく不思議で、やはりドレスデンやマイセンとは違いますね。ただ、サムソンについては世界中にコレクターが存在し、オークションにも出品されるアイテムもあり、一定の評価を得ているようです。アンティークの世界では、それがたとえコピーであっても、クオリティがあるものには価値が生まれるのかもしれません~。


いえ、コピーではなく、あくまでもOO風~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-07-24 21:14 | 調度品 | Comments(0)
<< ユニ・フランスのミニ・ビスクドール 生誕祝い用のドラジェ箱 >>