ドレスデン焼のハート型ボンボニエール

e0074478_22460479.jpg
 日本から帰ってきて1週間後にテレビの撮影、その後にオートクチュールがあり、でもその間に友人たちが大挙して押し寄せ、毎晩のように宴会。休肝日なしで17日間ほど飲み続き、現在酒抜き6日目。ヘトヘトなのを誤魔化しながらオートクチュールの原稿を書いています。それ以外にも、仕事上のトラブルや、滞在許可証発行が遅れたりと、問題続きでしたが、どうにかなりました。それもこれも、長引いた猛暑のせいかなと。暑くなると逃げ場が無いので、人間ギスギスするのは仕方がないとして、フランスもそろそろ交通機関の全面的なクーラー導入を考えて欲しいです~。
e0074478_22461250.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけたドレスデン焼のボンボニエールです。おそらくは20世紀初頭以前の制作。「ハートシェイプがラヴリィ!」とか書きたいところですが、何となくカブトエビというか、甲殻類っぽくて毒々しいですね。
e0074478_22460446.jpg
 バックスタンプを消して、ドレスデンの裏印を押しています。ということで、別の窯から土台だけ買い取って、ドレスデンで絵付けされたものなのでしょう。ト音記号のようなニョロニョロは意味不明。
e0074478_22460482.jpg
 残念ながら、このようにチップがあります。でも、お客様に怪我をさせないように『なんちゃって金継』をして店頭に出すつもりです。
e0074478_22460432.jpg
 内側まで丁寧に絵付けされているのが珍しいかもしれません。全てハンドペイントです。
e0074478_22460448.jpg
 伊万里の影響を感じさせる鱗柄が東洋的。中央にザクセン地方特有の花模様で、無理矢理ヨーロピアンにしている感じです。でも、どうしてこのブツブツをつけちゃったかなぁ、って。個人的には気持ち悪くて好きですけれどね。キモカワイイものを好む方にお勧めします~。


今夜は久々に飲みます~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-07-13 21:59 | 調度品 | Comments(0)
<< 水玉模様のシュガーポット バカラのコンポチエ >>