ヴェトゥモン 2019春夏

e0074478_18383573.jpg
 ヴェトゥモンのショーは、19区の外れにあるイヴェントセンターの荷下ろしスペースで行われました。今回はリーダーのデムナ・ヴァザリアの故郷、ジョージア(グルジア)押し。文字の色は、2日前のゲイプライドに合わせたのかレインボーカラーになっています。
e0074478_18383559.jpg
 なんてことはないセットアップですが、ベルトのバックサイドに金属製グルジア文字バックルを通しています。
e0074478_18383633.jpg
 ジプシーの女性が好む、花とペイズリープリントのストールを組み合わせたトレンチ。
e0074478_18383640.jpg
 ジョージアの国旗をモチーフにしたパーカ。バックサイドに『ジョージア』の文字が入っています。この他に、ジョージアに影響を与えたと思われる国々、ロシア、トルコ、ウクライナ、アメリカの各バージョンが登場。 
e0074478_18383523.jpg
 デムナの師匠、マルタン・マルジェラを髣髴とさせるビッグショルダーのジャケット。ここまで何度も登場させるということは、きっとこのアイデアがデムナ自身のアイデアで、それをアピールしたかったのかもしれません。
e0074478_18384548.jpg
 最後のマリエ。う~ん、特に目新しい雰囲気は無かったのですが、ファンは喜びそう。ところで、大阪の某セレクトショップでは、ヴェトゥモンのベースボールキャップが3万円以上で売られていてビックリしましたが、ハイファッションをせせら笑うかのような態度を取るデムナの思うツボなのかも、なんて思ったのでした~。


今日は1日完全にオフ~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-07-02 18:41 | パリコレ | Comments(0)
<< 60年代のフランス製キッチン アクネ・ストゥディオズ2019春夏 >>