クロモスプリントのスズメモチーフ付き筆箱

e0074478_22215775.jpg
 昨日、テレビ番組出演の話を書きましたが、僕はてっきり金曜日からだと思っていたら、実は木曜日からで、全然休めそうもなくて愕然となりました。それはさておき、撮影資料を見たら、細かな指示というか台詞が決められていて、ほとんど芝居の連続。まぁ、短い時間の中での撮影なので仕方がないです。ぶっつけ本番。撮影が終わったら次週からクチュールだし、7月半ばまで諦めて仕事します~。
e0074478_22215797.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、クロモスプリント(リトグラフィー)によるスズメのモチーフが貼り付けられている筆箱です。箱部分もフタも全て紙で出来ています。ナポレオン3世時代から20世紀初頭にかけての制作。フタの開閉部分が修復されていて、状態にやや問題ありです。
e0074478_22215896.jpg
 この種の紙製の箱については、素材を指すパピエ・マシェという言葉が当てられ、パピエ・マシェのアイテムは制作がナポレオン3世時代と直ぐに特定できるため、市場価格は何となく高めです。ただ、フランスで値段が高くても、日本での評価は芳しくないことも多々あり、こちらの筆箱は中々の苦戦を強いられそう。たとえ鳥好きにアピールしたとしても、今時筆箱を使う人はおらず、二重苦三重苦な感じ。いっそのこと、20個くらい集めてトレンドを仕掛けてみようかなぁ~、なんて。


そんなに集められないし、夢想で終わりそう~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-06-19 22:24 | 生活用品 | Comments(0)
<< 帆船2隻モチーフの筆箱 なんちゃってマイセン焼あるいは... >>