ラオ・ショール作の子鹿

e0074478_10241857.jpg
 ラオ・ショールという彫刻家による子鹿像です。こちらもパリから運び損ねたアイテム。
e0074478_10241879.jpg
 見ればわかるのだけれど、わざわざ『ブロンズ』の表記がなされています。小さいながら、凶器になるくらいの重さ。
e0074478_10241805.jpg
 ラオ・ショールは1901年生まれのスイス人で、1991年没。1937年にはロイヤル・ドルトンとコラボレーションし、陶製の動物シリーズを発表しています。ラオ・ショールは鹿が好きだったようで、様々なパターンを発表していますが、こちらの子鹿はロイヤル・ドルトンのカタログに掲載されている子鹿に近く、おそらくは同時期の作品と思われます。それ以前に、見た目全くのアールデコですが。
e0074478_10241854.jpg
 オークションにも出品され、コレクターも存在するので、そこそこ有名なアーティストのよう。とはいえ、いつものように良心価格で提供予定です~。


今から飛行機に乗ります~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-06-14 10:28 | バンビシリーズ | Comments(0)
<< ドレスデン焼のクリームポット ロモノーソフ社の鶏&七面鳥型塩... >>