ロモノーソフ社の鶏&七面鳥型塩胡椒入れ

e0074478_08163831.jpg
 昨日は半日を費やして搬出作業をしました。5時半の集荷までに絶対に終わらせないといけなかったので、10時前に出勤して梱包し続けたら快調に進行。ヘルプをお願いしたブルーキュラソーの秋山さんの妹さんが登場した昼過ぎには、割れ物の7割方が片付いていました。4時過ぎに終了して昼食。その後会場の什器の整理と掃除をして集荷となり、無駄な時間が一切無い効率の良い搬出となりました。秋山さんの妹さんと二人で焼肉屋にてしっぽりと打ち上げ。お陰様で無事完了です。次回の札幌は、先日書いた通り、10月末のさっぽろ東急さんでのパリ祭となります。シリアスなものからヘンテコリンなものまで、色々と取り揃えてきますので、是非遊びにいらして下さい~。
e0074478_08163991.jpg
 さて、本日はロモノーソフ社の塩胡椒入れをご紹介します。ソ連時代の、おそらくは1960年代の作。
e0074478_08163813.jpg
 左が鶏で右が七面鳥。全てハンドペイントです。ロモノーソフ、そしてロシアらしい装飾に彩られていて、そのコッテリ具合は人を選ぶかもしれません。そして実用性は限りなくゼロに近いので、ハードルの高いアイテムといえるでしょう。次回、名古屋にて趣味人の登場を待ちたいと思います~。


本日実家に戻り、明日はパリへ~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-06-13 08:17 | トリシリーズ | Comments(0)
<< ラオ・ショール作の子鹿 シリーズ猟犬2匹の置物 >>