クロモス柄のガラスケース

e0074478_12131623.jpg
 昨日は中古盤店を二軒を巡りましたが、結局はレコファンが一番の品揃えで、2時間くらいドーナッツ盤を漁り続けたらヘトヘトに。で、一通り洋楽全般を見てきたの僕の今の興味は邦楽、というか歌謡曲。今まで知らずにいたものを発見した時のワクワク感は、蚤の市でのそれに通じるものがあり、ちょっとした中毒症状が出ているかもしれません。僕の中で「渋谷はレコードの街」となってから35年以上になりますが、それが未だに変わらないでいます~。 
e0074478_12131644.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、クロモスを裏側から貼り付けたガラスケースです。屋外でヴァイオリンを弾く青年を見守る村娘を描いています。
e0074478_12131688.jpg
 クロモスを切り抜いて裏側から貼り付け、金のペイントで塗り込めています。特に草木部分の切り抜きの細かさは、目を見張るものがあるかも。
e0074478_12132543.jpg
 このSの字の留め金は19世紀~20世紀初頭に使用されていたもの。モチーフがロココ風なので、ネオ・ロココが流行したルイ・フィリップ期に制作されたものかもしれません。残念ながら、大阪でも東京でも全く注目してもらえず。札幌に運び込んで、しっかりとアピールしたいと思います~。

今日もレコファンへ行きます~

人気ブログランキングに投票!
by tomoakishimizu | 2018-05-30 12:18 | 調度品 | Comments(0)
<< シュタイフ社製ディズニー・バンビ イチゴ型マスタード入れ >>