ロイヤルコペンハーゲンのブルーフルーテッド各種

e0074478_08575323.jpg
 大阪に到着しました~。昨日は宿泊先に荷物を置いて、直ぐにオソブランコさんへ向かいました。すると、送ってあった商品はほとんどディスプレイ済みというオーガナイズの良さ。というのはいつものことなのですが、こんなこと中々得がたいわけです。それからは、お陰様で新商品の値札付けに集中できました。今日も朝から作業をする予定で、明日は少し余裕をもって皆さんをお迎えできそうです~。さて本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、ロイヤルコペンハーゲンの定番、ブルーフルーテッド盛り合わせです。といってもバラ売りの予定。古物市は遅い時間に行ったのに、こんなに売れ残っていたのはなぜ?
e0074478_08575326.jpg
 一番目立つこちらのボウルは、カフェオレボウルとしても茶碗としても使える、洋の東西を問わないオールマイティなアイテム。
e0074478_08575389.jpg
 でも残念ながら然程古くなく。RとYの上にバーが引いてあるので、こちらは1992年から1997年にかけての作。他のお皿は、1967年のものや1969年から1974年にかけての作でバラバラです。そしてビックリだったのが、一番下の大皿。絵付けがキレイだなと思ったら、なんとドイツのハインリッヒ・ポルツェランという会社のものでした。ロイヤルコペンハーゲンよりも上手ってどういうこと~?

老舗のおごり?

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-05-09 08:59 | 生活用品 | Comments(2)
Commented by takeshi at 2018-05-10 00:54 x
ランキングからきましたtakeshiです。
骨董品のお皿セット素敵ですね。
また、訪問させて頂きます。
Commented by tomoakishimizu at 2018-05-10 08:55
takeshiさん、初めまして。初コメント、どうも有り難うございます。こちらのプレートは、制作されてから100年以上経過していないため骨董品ではなく、ヴィンテージ商品となります。これをハッキリさせておかないと、百貨店での販売が難しくなるので、敢えて書かせて頂きました。また遊びにいらして下さい~。
<< 花鳥猫柄足置き ユベール・ベケ作七宝モチーフ花瓶 >>