マッピン・ブラザーズ社による仕切り付きシルバープレート製バスケット

e0074478_09541094.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、マッピン・ブラザーズによるシルバープレートのバスケットです。
e0074478_09541009.jpg
 1846年から1902年まで使用されていた刻印。1902年から1903年にかけて、マッピン&ウェブに社名変更をしているので、それまでのものであることは確実です。
e0074478_09541085.jpg
 この仕切りを配している理由が良くわかりません。花を生けるためのものでもなさそうだし、料理を盛るのも面倒。パーティ用に大量のナッツやフルーツを盛るのでしょうか。
e0074478_09541032.jpg
 そして更によくわからないのが、表側にあるべき花モチーフを内側から刻んでいることです。それはさておき、こちらのバスケット、用途が見えない上に横幅が30cm以上もあり、販売に繋がる可能性は高くないかもしれません。ただ、とにかく容量だけはあるので、様々なものをディスプレイ可能です。売れなくても什器として使えばいいか、なんて思っています~。

明日、大阪に上陸します~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-05-07 10:00 | 調度品 | Comments(0)
<< ユベール・ベケ作七宝モチーフ花瓶 マロニエモチーフのピューター製... >>