ミュウミュウ 2018/2019秋冬

e0074478_18431916.jpg
 パリコレ最後のショーはミュウミュウでした。会場は経済社会環境会議場となっているイエナ宮。今まで招待状のアートディレクションはペトロニオ・アソシエイツが手掛けていて、毎回同じフォーマットの厚紙でしたが、今回は急に紙製のバインダーとなり、どうしたんだろうと思っていました。会場に入ると、イラストとタイポグラフィーのポスターが吊るされていて、そこで、M/M Parisの二人が手掛けていることを知り、招待状のディレクションも任されるようになったのだろうと思ったのでした。
e0074478_18442704.jpg
 長髪のモデルたちの多くはビーハイヴヘアで、60~80年代の不良風。コートやブルゾンの背中部分にはギャザーが寄せられていて、独特のボリュームを出しています。
e0074478_18432099.jpg
 こちらはM/M Parisのタイポグラフィをプリントしたドレス。どのルックも整合性の無いものを組み合わせていますが、そのミスマッチ感というか違和感がミュウミュウらしかったです。
e0074478_18432098.jpg
 ビニール素材のブルゾンもスカートにもギャザーを寄せ、もこもこしたシルエットに。
e0074478_18432065.jpg
 膨れ織りのドレスにも横方向にギャザーを寄せて波立たせています。ところで、写真の手前にド派手な頭が写っていますが、それはこちらのお二人の頭でした。
e0074478_18431908.jpg
 AMIAYA。今回パリコレのフロントローでも特に目立っていました。さて、明日はパリに戻ります。そして1ヶ月みっちりと仕入れをして、5月に戻って来たいと思います~。

明日は百香ちゃんと同じ飛行機です~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2018-03-30 18:47 | パリコレ | Comments(2)
Commented by やす at 2018-03-30 19:52 x
友くん、こんにちは。ディオールのショーは行かれましたか?・・・あれは一体何がどうなっちゃたんでしょうか。頭が固い私は、ここ最近のグッチの極端なデザインについていけてないのですが、今回とうとうディオールにも取り残されてしまって、なんだか「古き良き時代」を懐かしむ年寄のようです。(笑)
Commented by tomoakishimizu at 2018-03-31 10:48
やすさん、ディオールを紹介していないということは招待されていないということです。マリアグラツィアになってから一度もです。でもショールームで服は見せて頂いていますし、パーティには必ず呼んで頂いています。で、作品ですが、要するに我々の感覚とは違う新型のエレガンスということです。グッチもです。マドンナ全盛の世代がレディーガガに付いていけないのと同じです(自分で言っていて、よくわからないけれど)。ただ、某大手百貨店のバイヤーさんいわく、服は高額にもかかわらずかなり高い消化率なのだそうです。外国人が買っている可能性もありますけれどね。でも最終的に時代は巡って、元通りになるとは思いますよ~。
<< ラフィア製造花入りの楕円額 ビューティフルピープル 201... >>