フレンチブルドッグの親子

e0074478_04300870.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、フレンチブルドッグの親子の磁器製フィギュアです。買った時はボクサーだと思い込んでいましたが、よく見たらフレンチブルドッグでした。おそらくは1920年代のドイツ製。大のフレブル好きの僕はYoutubeで動画を観まくっていて、「何かから逃避しようとしてるのかしら」なんて冷静になり、自分を心配することしばしばです。
e0074478_04300808.jpg
 さて、ここ最近ご紹介した犬を集めてみました。ちょっとバカバカしく見えますが、それがいいですかね。このまま大阪まで運びます~。


雪が積もってバスが運休。迷惑です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2018-02-07 23:26 | 犬シリーズ | Comments(2)
Commented by やす at 2018-02-08 19:34 x
友くん、こんにちは。私はゴールデン・レトリーバーもしくは柴犬の動画を観て逃避しています。母性や父性の行き場が無いとこうなるのかもしれませんが、幸いにも私には甥っ子がいるので、辛うじてバランスを保つことができています(笑)
Commented by tomoakishimizu at 2018-02-08 20:50
やすさん、父性や母性の話、そういうことなのか、とちょっと納得しました。でも僕の場合、ここ最近仕事に気を取られていて人間へ向いてないので、人間らしさを取り戻すことが今年の課題かもしれません。頑張ります~。
<< コックと豚2匹の塩胡椒マスタード入れ ビクターのニッパーちゃん貯金箱 >>