ルメール 2017春夏

e0074478_16291345.jpg
 今回はファッションヘッドラインさんではなく、アパレルウェブさんでパリコレリポートをすることになりましたが、思いの外に招待状を頂けていない状況です。というのは、昨今の政治情勢によって各ブランドが入場者数を制限していることが大きく影響しているよう。ステラ・マッカートニーなんて7割減らしたとか。ひゃ〜。そもそもステラなんてお呼びが掛かったことなかったのに、尚更ダメです。
e0074478_16294272.jpg
 さて、本日はこちら。久々にルメールのショーへ行ってみました。デザイナーはクリストフ・ルメールとガールフレンド(妻?)のサラ・リン=トラン。元々のブランド名は『クリストフ・ルメール』でしたが、2人でデザインをするようになってからは『ルメール』に変更。ユニクロとのコラボレーションでも注目されるようになりましたね。クリストフとは長年の知己で、20年以上前に彼が交際していたAちゃんの東京の実家に、クリストフと2人して世話になっていたことがありました(笑)。懐かしい〜。
e0074478_1630446.jpg
 ショー会場は、救世軍が1920年代に建てた、身寄りの無い女性達をサポートするための会館『Palais de la femme』。名前の通りです。全面タイル張りで、柱には果物の絵が描かれていたので、おそらくは食堂だったのでしょう。う〜ん、その場の歴史を考えると何だかしんみり。
e0074478_16301825.jpg
 コレクションは、ルメールらしいマスキュリン・フェミニンな作風に、プリーツやパフスリーブ、ドレープやラフルなど、今季トレンドであるフェミニンなディテールを加えています。最後の方に手描き風プリントのシリーズが登場。中々アーティな雰囲気で、このブランドとしては目新しかったです〜。

本日は見られるショーがゼロです〜(苦笑)
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-10-02 16:33 | パリコレ | Comments(0)
<< カルヴェン 2017春夏 ドリス・ヴァン・ノッテン 20... >>