ジョニー・アリデイの刺繍絵

e0074478_13254199.jpg
 いや〜、昨日は本当に大変でした〜。12時前にバッグデザイナーの原槇ちゃんと一緒に鮮魚レストランで費用対効果の超高いお寿司を頂き、そのまま13時頃からデニムさんにて搬出作業を開始。先述の原槇ちゃん、そして濱田さんと3人で格闘しましたが、仕舞えど仕舞えど物が減らない感じ。結局19時に頼んでいた佐川急便さんには20時に来てもらうことに。最終的に終わったのが21時でした。ブティックの隅の方に追いやられていた手芸用品が発掘される度に、今回は物量が多過ぎたと反省。少なくとも、手芸用品は少しずつ出していかないと、見てももらえないということが良くわかりました。とにかく終了してホッっとしました。奈良さん、濱田さん、原槇ちゃん、本当に有難うございました〜。そして搬出後はシェフ、Pちゃんのお店、カンティーヌ・ピーで打ち上げ。馬刺しのたたきとかホルモン、ドリアやちゃんぽんなど、ジャンルはバラバラでも、どれもこれも本当に美味しく、行く度に感動です。まぁ、デニム店主の奈良さんが紹介してくれるところはどこも美味しいのですが。で、今日は朝から奈良さん、濱田さんと3人で福岡空港前のひらおで10時半からてんぷら打ち上げ(笑)。あなご定食に豚肉キスエビ、更にあなごをトッピングしちゃったりして。こんなに食べられるのか、と我ながら一瞬心配になったけれど、難なくお腹に入りました。実家に戻ったらダイエットします。サザン聞きながら海辺をランニングしようかな(嘘)。

 さて、今日はこちら。パリ郊外の古物市で見つけた、ジョニー・アリデイの刺繍絵です。日本では馴染みの無いジョニーですが、日本でいうと矢沢永吉のようなロックンローラーさん。御歳73歳。ジョニー・マニアの皆さんって、ジョニーのようなリーゼントにしていたり、ジョニーのポートレートプリントのTシャツを着ているので、遠くからでも直ぐにわかる感じ。パリ郊外や田舎に多く生息していて、パリ市内では少ないかもしれません。こちらの刺繍絵は、右端に見本糸が付いているので、おそらくはお店で展示するためのサンプルと思われます。ジョニーグッズを買うのって、かなり気恥ずかしいのだけれど、これは珍しいと思って勇気を奮いました。でも、その努力空しく、知名度の低さゆえに久留米では苦戦。このまま名古屋?島屋さんへ一緒に突入したいと思います〜。

一瞬実家で休憩します〜
人気ブログランキングへ


[PR]
by tomoakishimizu | 2016-09-08 13:26 | 刺繍絵シリーズ | Comments(0)
<< エスカルゴ用ポット リスの木製フィギュア付きランプ >>