人気ブログランキング |

寝具入れ白犬

e0074478_1913597.jpg
 ついこの間、パリ市内の古物市で手に入れた白犬くんです。この人は羊の毛皮で覆われてます。こういう顔の人、実際に人間でいますね。

e0074478_1915139.jpg
 底を見るとこのようにジッパーが付いていて、中にものを入れられるようになってます。このタイプのポケット付きぬいぐるみは、今までは子供用のパジャマ入れだと勝手に思っていて、でも子供用のパジャマを入れるのには小さすぎるのでおかしい、とも思っていました。

 それで今日ネットで検索してみたら、人形の服を入れるものだったことがわかりました。成程~、と溜飲が下がった僕。

 体長46cmで、主素材が先述通り羊の毛皮で、目がガラス。おそらくは19世紀末のもの。というのは、リュクサンブール公園の目の前にある18~19世紀のアンティークドール屋さん『ラ・メゾン・ドゥ・プペ』のウィンドーに、必ずこのタイプの犬が展示されているので、その当時のもののはず。

 と思ってジッパーについて調べたら、19世紀末の発明ということがわかりました。ということで、このワンコは19世紀末のものとは考えにくいかも。普及したのが1910年代以降のようなので、おそらくはその時代から第2次世界大戦までの間でしょうか。

 今度『ラ・メゾン・ドゥ・プペ』へ行って、制作年代を聞いてきます。でも開いてるところ、ほとんど見たこと無いんですけど…。

19世紀の作って答えたら喧嘩します~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
by tomoakishimizu | 2013-11-16 19:03 | 犬シリーズ | Comments(0)
<< パンナムのバッグ マリンボーダーのシャツを着たクマ >>