花びら花瓶

e0074478_0361161.jpg
 プピ・エ・ミミでのイベントが終了しましたっ。お越しいただいた皆さん、どうもありがとうございました! そしてオーナーの平山夫妻には、いつもながらお世話になりっ放しで感謝しきれないくらい。この場をお借りして「有り難うございました」の言葉を書かせていただきます。

 昨日は早朝に起きて、持って帰らなければいけないものを目の前にして、絶望的な気分になりながら荷物詰めをし、結構ギリギリで成田エクスプレスに飛び乗って飛行場でチェックイン。直行便なので23キロの荷物を2つ預けられるのですが、小さなコロコロバッグなのに2つで44キロ! 醤油とか米とかお酒とか、色々買いすぎました(笑)。

 ド・ゴール空港から部屋に戻るまでが大変だと思っていたら、15年来の知己であるファッション業界で幅広く活躍するYさんと同じ飛行機で、迎えに来るYさんの夫の車に乗せてもらえることになりました。本当、ラッキーに見舞われた感じ。

 そんなこんなで、日本へ発つ場面から色々な人に助けられました。いつもながらですが大感謝!

 さて、今日は代官山に置き去りになっているこの花瓶をご紹介します。もしかしたら前世紀初頭アールヌーヴォーの頃のものではないかと思いますが、自信の程は全く。写真では寸詰まりに見えるけど、実際は中々スマートな印象です。

 僕の推測では、ランプシェードを作っているアトリエが「シェードのようなフォルムの花瓶を作ってみたら?」と誰かに言われて出来上がったのがこれ。どうなんだろう。とにかく逆さにしたら、そのままランプシェードです。地厚でもっとしっかりしてますけどね。

 細心の注意を払いながら日本に運んだので、誰か大事にしてくれる引き取り手が現れないかなぁ、って思います~。

 明日から仕入れ開始です~

http://blog.with2.net/link.php?153914  
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-12-07 23:11 | 装飾品 | Comments(4)
Commented by marumo at 2012-12-08 08:46 x
お疲れ様でした。
とても楽しかったし、友君のお人柄に癒されました。
次回も楽しみにしてます。
Commented by Atsuko Kuboki at 2012-12-08 16:57 x
ステキな花瓶ですね。私、アールデコやアールヌーヴォーのフォルム結構好きです♪
白金の庭園美術館みたいな館でこの花瓶にお花を生けたら、すごく映えそう。

仮屋崎省吾さんのお宅にも合いそう♪
本人とお知り合いなら、お声掛けしたらお買い上げ頂けたりするかも~☆
Commented by tomoakishimizu at 2012-12-08 18:27
marumoさん、こちらこそどうも有り難うございました。と書きながら、どなたかわからないでいるので、次回は「あのコメントは私でした」と名乗り出て下さい~。
Commented by tomoakishimizu at 2012-12-08 18:30
Atsukoちゃん、今回は仮屋崎さんのお宅の前は何度も通りました。で、以前はDMを投函してみたこともあるけど(笑)、全然反応無し。パリには彼の作品展示のためによく来るんだけど、どういうわけかタイミングが合わなくてすれ違うこともないんです。ま、今後会えたらアピールしておきます~。
<< ガラス製果物用クープ 蚤の市イベント@pupi et... >>