人気ブログランキング |

パピエマシェ製の馬の引き車 其の八

パピエマシェ製の馬の引き車 其の八_e0074478_18013499.jpg
 今日は酷い目に遭いました~。実家のリビングには窓が2ヶ所あり、大きな窓の前にはテレビが鎮座しています。で、父親がテレビを見る時にまぶしがるため、日中もカーテンは閉めっ放しになっています。テレビの横には40年以上使ってきたステレオセットもあったのですが、昨日処分してスッキリしました。カーテンが開けやすくなったので、今朝、僕が久々に開け放したら、大きなゴキブリがヨロヨロと登場。あんな大きな個体を見るのは久々です。新聞を丸め、内臓が飛び出ないよう優しく叩き潰しました。横には、小豆よりも少し大きいくらいの卵が。出産仕立てだったようです。それで、ふと窓を見ると、1,5cm程開いているではないですか。どうやらこの状態で清水家は越冬してしまったようです。本当に不経済だし不用心。しかもゴキブリは出入り自由。鍵の閉め忘れの犯人は、もちろん母親です。それまでにやっていたことを放り、全てのことを忘れて次のことに取り掛かる性分。「反省なさい」と言ってやったけれど、「あたくしじゃないですことよ」みたいな顔をして首を傾げます。本当に頭どうかしています。それから、こちらの木馬の作業をしに外に出たら、黒っぽいものが走るのが見え、思わず叫び声を上げてしまいました。ネズミです。コンクリートの台がずれて穴がある給湯タンクの下に逃げ込み、首だけを突っ込んでチューチュー言っています。それ以上奥に入らず、もしかしたら首が挟まってしまったのかと危惧したのですが、出たり入ったりするので、そんなことはなさそう。よくよく見たら、お尻の辺りが膨らんでいて、産気付いていたようです。暫く様子を見ていたのだけれど、それ以上にはならず、昼食となってしまったので放置。母親に聞いたところ、庭でネズミの姿は何度か目撃していて、もう既に何代目かのようです。かつて、キッチンの窓の外に酒蔵から頂いた大量の酒粕を置いたら、一晩で跡形も無くなるという事件があったのですが、ネズミの仕業だったことは自明。ということで、こちらも長年放置していた母親、そして父親の責任。人のせいにしていても仕方ないので、先程ホームセンターへ行き、セメントと左官道具を購入して来ました。それにしても、今日はゴキブリとネズミの両方、しかも出産直後と出産直前の個体に出くわすという、スペシャルな日だったのでした。嬉しくない~。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の八_e0074478_18013424.jpg
 さて、続きです。最初に白を塗ります。といっても、何となく古びた感じを出さなくてはいけないので、黒と茶を微妙に混ぜます。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の八_e0074478_18013467.jpg
 筆で塗ると、どうしてもムラが残ります。いかにも塗ったばかりに見えるので、指先でゴシゴシ。そう言えば、デニムの濱田さんが、僕のブログの写真に写った僕のささくれた指先を見て、親不孝呼ばわりしていましたが、随分とキレイになりました。確かに僕は毎日のように親に文句を言いまくりますが、言いっ放しではないですからね。自分の発言には責任を持っているつもり。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の八_e0074478_18013491.jpg
 下地として、茶と黄色の部分にも白を塗っておきます。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の八_e0074478_17593976.jpg
 難しかったのがこの色の調合。こちらは、緑、白、茶、黒、ブルー、黄色を混ぜました。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の八_e0074478_17593950.jpg
 既に80年以上経っているので、部分部分で色が違っていたりします。そうなると、微妙なムラが生まれます。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の八_e0074478_17593995.jpg
 このままだと塗った箇所が明らかですね。ということで、全体的に色を乗せてみることにしました。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の八_e0074478_17593989.jpg
 キレイになり過ぎかもしれませんが、とにかくムラは無くなりました。ここで本日はギヴアップ。また明日~。


セメントが滅茶苦茶重かったです~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2021-05-08 18:08 | 我が家のお友達 | Comments(0)

パピエマシェ製の馬の引き車 其の七

パピエマシェ製の馬の引き車 其の七_e0074478_17285986.jpg
 昨晩、僕が出演する『お宝を掘り当てろ!! フランス アンティーク旅』の再放送の告知を見た友人からメッセージがありました。もう随分前から情報を知っていたのに、このブログで触れるのをうっかり忘れるところでした。スケジュールは以下の通りです。

【プレミアムカフェ再放送スケジュール】BSプレミアム
『お宝を掘り当てろ!! フランス アンティーク旅』
(初回放送2016年12月25日 89分)

 2021年5月12日(水)午前9:00~10:40
 2021年5月13日(木)午前0:45~02:25(深夜リピート)

『お宝を掘り当てろ!! フランス アンティーク鑑定旅』 30分版

 2021年5月27日(木) 午後5:13~5:42

 12日と13日の放送回は、女優の相良樹ちゃんが出演しているもので、27日の回もおそらく同じもの(でも30分の短縮版)と思われます。今回、初回放送から4年以上経っていることに気付き、何だか不思議な気分です。その内の1年以上はコロナ禍で自由に身動きできなかったわけですが、あっという間。未だご覧になっていない方、そして何度でもご覧になりたい方も、是非是非ご覧下さい~。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の七_e0074478_17290059.jpg
 さて、作業の続きです。やすりの作業は部屋の電子機器に影響すると思い、屋外で行うことに。というのは、偶々目にしたチンチラを扱うショップを取材したテレビ番組で、チンチラにとって絶対的に必要となる砂浴び用の細かな砂が、エアコンの寿命を2年程に縮めてしまうという話が出てきて、「今後、細かな砂塵が舞う作業の時は気を付けねば」と思ったからです。で、雨が降って来てしまったため、玄関のひさしの下で作業。最初に革製の耳を引き抜き、カバーのフィルムも外します。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の七_e0074478_17285966.jpg
 最初は粗めの紙やすりを用い、次に細かな紙やすりにチェンジ。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の七_e0074478_17285942.jpg
 尻尾や脚と台の接着部分なども丁寧にやすりをかけます。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の七_e0074478_17285985.jpg
 これからいよいよ塗装&仕上げです。それではまた明日~。


絵具の調合のため、明日は晴れますように~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2021-05-07 17:31 | 我が家のお友達 | Comments(0)

パピエマシェ製の馬の引き車 其の六

パピエマシェ製の馬の引き車 其の六_e0074478_13545941.jpg
 昨日はゴールデンウィーク最終日。といっても、僕には全然関係の無い話でした。2日前と3日前に、友人が近くに来たというので、これ幸いと出掛けたくらいで、自ら主体的に休みらしいことをせず。ここ最近は毎日が休暇状態で、大型連休であろうとなかろうと境目が無く、こんな状況でもあるのでゴールデンウィークの有難みが特に少なかったかもしれません。それで昨日の朝、何気なしにスマートフォンを見ると、当然ながら5月5日と表示されていて、ハッとしました。一瞬どうしようかと思案。僕の部屋のクローゼットの上段の更に奥の方に兜(かぶと)のお飾りが入っているのですが、その存在をすっかり忘れていたのでした。最後の一日くらい飾ろうか、それとも何事も無かったかのように静かに過ごすか。昨年は30年振りだったので、張り切って2週間くらい飾りましたが、今年は意識がゼロ。2日おきくらいに柏餅は買っていたのに、肝心の兜はなきものになっていました。でも、湿気の多い家で仕舞いっ放しになっていたわけで、風を通す必要があります。出した方が良いという結論に至り、脚立に上ったのでした。父方の祖父母がサウジアラビアにいた僕に贈ってくれたものだそうで、そんなに大きなものではないけれど、吉徳大光作と墨で書かれた立て札が付いていて、取り敢えずちゃんとしたもの。今時メルカリだと3000円くらいなんだろうなぁ、なんて。それで、子供の日に兜を飾ったら柏餅を食べなくては、と思い、駅の向こう側の和菓子店へ出かけました。家に戻ってから、今度は夜に日本酒を飲みたいと思い、全く反対側の松下政経塾近くの酒屋へ。家にはストックされた日本酒があるにはあるのですが、両親が好き好んで買っているものは酒蔵が出しているものの中でもランクが低く、雑味だらけでどうしても僕の好みに合いません。両親は、外で他のお酒を試したりしないので、何も知らないのです。ということで、生酒の一升瓶を徒歩で片道30分かけて買いに行きました。一カ月に一本くらいだったら許してもらえるはずと思い、毎月買うことを宣言。いちいち承諾を得ないといけないのですが、世話になっている身だし、共同生活なので仕方ない。今日はこれから兜を仕舞います~。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の六_e0074478_13545349.jpg
 さて、続きです。粘土で穴埋めをする作業です。特に頭は、耳部分の損傷以外に、口の周りのペイントの剥離が激しく、凹凸を埋めるように粘土を盛ります。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の六_e0074478_13545412.jpg
 耳の穴部分はもう少し乾燥してから、もう一度上から粘土を盛りたいと思います。革の耳本体を引き抜き、カバーも外してから紙やすりを掛けてペイントする予定。
パピエマシェ製の馬の引き車 其の六_e0074478_13545346.jpg
 脚部分も粘土で埋め、こんな感じになりました。明日は埋め忘れ箇所を点検し、全体的にやすりを掛けたいと思います~。


レシート整理用の箱を買いに行きます~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2021-05-06 14:08 | 我が家のお友達 | Comments(0)