クロモスプリントのスズメモチーフ付き筆箱

e0074478_22215775.jpg
 昨日、テレビ番組出演の話を書きましたが、僕はてっきり金曜日からだと思っていたら、実は木曜日からで、全然休めそうもなくて愕然となりました。それはさておき、撮影資料を見たら、細かな指示というか台詞が決められていて、ほとんど芝居の連続。まぁ、短い時間の中での撮影なので仕方がないです。ぶっつけ本番。撮影が終わったら次週からクチュールだし、7月半ばまで諦めて仕事します~。
e0074478_22215797.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、クロモスプリント(リトグラフィー)によるスズメのモチーフが貼り付けられている筆箱です。箱部分もフタも全て紙で出来ています。ナポレオン3世時代から20世紀初頭にかけての制作。フタの開閉部分が修復されていて、状態にやや問題ありです。
e0074478_22215896.jpg
 この種の紙製の箱については、素材を指すパピエ・マシェという言葉が当てられ、パピエ・マシェのアイテムは制作がナポレオン3世時代と直ぐに特定できるため、市場価格は何となく高めです。ただ、フランスで値段が高くても、日本での評価は芳しくないことも多々あり、こちらの筆箱は中々の苦戦を強いられそう。たとえ鳥好きにアピールしたとしても、今時筆箱を使う人はおらず、二重苦三重苦な感じ。いっそのこと、20個くらい集めてトレンドを仕掛けてみようかなぁ~、なんて。


そんなに集められないし、夢想で終わりそう~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
# by tomoakishimizu | 2018-06-19 22:24 | 生活用品 | Comments(0)

なんちゃってマイセン焼あるいはドレスデン焼の脚付きクリーマー

e0074478_00172302.jpg
 すみません。パリに戻ってきてから仕入に懸命となり、そして連日連夜のお座敷のせいでブログのアップを怠ってしまいました。今日は今日で、突然決まったお墓参りのために廃人生活入りが見送りとなりましたが、お墓参りという節目があってからの廃人生活というのも良いかな、なんて思いました。でも、明日はアリーグル市場へ行かなくていけないし、滞在許可証のピックアップと住宅保険の更新など色々あり、結局は休めそうもありません。それはさておき、実はメンズコレクションが明日からスタートするものの、とうとう書く媒体が無くなったため、僕は一切ショーを見ないことになりました。その代わりといったらなんですが、またテレビ出演のお仕事が舞い込んできまして、金曜日からロケに参加する予定です。詳細は後日発表しますので、今暫くお待ち頂けたらと思います~。
e0074478_00172367.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、出所不明のクリーマーです。両面それぞれ、モチーフが異なります。全てハンドペイント。
e0074478_00172385.jpg
 う~ん、微妙。これは明らかにマイセンではないですし、でもサクソニアン・スタイルなので、おそらくはザクセン地方よりもたらされたものだと思われます。見た目かなり古く、19世紀以前の制作、というザックリした推定を記しておきます~。


名古屋へ持って行きます~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
# by tomoakishimizu | 2018-06-18 23:16 | 調度品 | Comments(2)

ドレスデン焼のクリームポット

e0074478_01381427.jpg
 パリに戻ってきました~。今日も朝から古物市へ出かけ、アリーグル市場へ。朝食を挟んで骨董市へ出かけ、パリ到着翌日から中々の充実振り。でも得たものは…、結構厳しいかも~。とにかく8月まで頑張りたいと思います~。
e0074478_01381402.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、ドレスデン焼のクリームポットです。別の窯で焼いたものに絵付けをしているようで、窯のマークを金彩で消しています。
e0074478_01381400.jpg
 おそらくは、20世紀初頭以前の制作。細かな編み目模様が施されていて、さすがはザクセン地方産と思わせます。小さいフタ付きの入れ物ということで、クリームポットを想定して作られたのでしょうが、飴入れにしたりアクセサリーを収納したりしても良いでしょう。こちらも名古屋でお披露目したいと思います~。


帰ってきてからも毎日バタバタです~

人気ブログランキングに投票!
[PR]
# by tomoakishimizu | 2018-06-15 23:23 | 調度品 | Comments(0)