人気ブログランキング | 話題のタグを見る

マイセンのレース縁取りのケーキ皿

マイセンのレース縁取りのケーキ皿_e0074478_00312629.jpg
 うう〜。やはり鼠害発生。数日前にリビングで走る黒い陰を見かけて以来、気のせいだと思うようにしていたのですが、次の日にパソコンを置いているラックの後ろ側のレコード棚の端に糞を発見。まぁ、キッチンで糞を見かけていないし、走り回ってもいないので、きっとどこかへ行ったのだろうと思っていました。そして昨日は、窓側のレコード棚からお気に入りのレコードをピックアップする作業をしたのですが、窓とラックの間に粘着シートを仕掛けていることを思い出し、恐る恐る覗いてみると「あ〜やっぱり」でした。真っ黒な子がベッタリくっついています。絶望感に襲われながら、ビニール袋に入れてゴミ捨て場へ。中々フレッシュな香りが漂ってきたので、息絶えてから時間が経っていなさそう。あの、黒い陰の子に違いありません。何日かの間、同じ部屋で一緒に寝ていたと思うとゾッとします。まぁ、知らぬが仏で良かったのですが。それにしても、一体どこから入ってきたのか。今度パリに戻ってきたら、リビングの壁と床のチェックもしたいと思います〜。
マイセンのレース縁取りのケーキ皿_e0074478_00313258.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、マイセンのケーキ皿です。
マイセンのレース縁取りのケーキ皿_e0074478_00313283.jpg
 剣の持ち手部分の先端が丸くなっているので、こちらは1815年から1924年まで使われていたもの。この裏印の使用期間が長過ぎるけれど、僕の推測では20世紀に入ってからの作品のような気がします。同じ時代のドレスデンに近いからです。マイセンとドレスデンの間で、ペインターが出たり入ったりを繰り返していたのかもしれません。
マイセンのレース縁取りのケーキ皿_e0074478_00313264.jpg
 やはり絵付けとお皿自体の作りが美しく、古物市や蚤の市で見つける度にその技術力に驚かされます。実は同じスタンドにもう一枚、マイセンの大皿があったのですが、裏印のところにB級品であることを示す傷が二本入っていたので買うのを止めました。でも調べてみたら、その手法は1852年から1870年に採用されていたものだそうで、それなりに古いのなら買っておけば良かったかな、なんて思ったり。毎回勉強になります。次回のイベントにて披露する予定ですので、是非ご注目下さい~。


PCR検査は無事にパスしました〜

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2022-05-22 00:35 | 調度品 | Comments(0)

ツバメ柄の真鍮製ケース

ツバメ柄の真鍮製ケース_e0074478_23380114.jpg
 本日は今回のパリ滞在最終日。今朝は、起きて直ぐに明日のルフトハンザ(パリーフランクフルト間)のフライトのためにネットで登録。アリーグル市場へ行き、部屋に戻って来てから、ちょっと酸っぱくなった日本の豆腐(パッケージがやや膨らんでいた)を食べ、パルマンティエの医療診察所へPCR検査に。それからBHVへ行き、ランプ用のパーツを購入。その合間に日本へ持って行くものを買いにスーパーやらチーズ屋やらに行き、右往左往。今日は雨が降ったり止んだりで、湿気の蒸し暑さもあってヘトヘトになりました。部屋に戻ってきて、次のフライトの予約をして、明後日、日本に着いた時に必要となるアプリに登録。3日前に友人が電話で聞いてきたのはこれか、と思いました。でもまだPCR検査の結果が出ていないので、最終項目を残したままペンディング状態に。荷物の方はほとんど詰め終わっているのだけれど、明日の午前中に買ったものを入れるスペースを残しているのと、修繕用のぬいぐるみの目玉や、これから選ぶ日本に持ち帰りたいレコードやCDなどを入れるスペースも必要で、何だか中途半端な感じ。取り敢えず、今日は夜までレコードラックとCDラックとにらめっこの予定です。僕の住むアパルトマンの前の通りにはカフェが連なっていて、ミュージシャンのジャズの演奏と喧騒が窓から聞こえてくるのだけれど、音と共に何とも言えない呑気な空気も流れ込んできます。部屋にいる僕はあくせく動かなくてはならず、その落差に一抹の寂しさを感じなくも無いけれど、「人は人」と思って頑張ります~。
ツバメ柄の真鍮製ケース_e0074478_23380165.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、ツバメの番(つがい)をモチーフにした真鍮製のケースです。手の平に乗るサイズで、かなり小さいのだけれど、中々精巧な作品に仕上がっています。おそらくは1900年前後のアール・ヌーヴォー期のフランス製。
ツバメ柄の真鍮製ケース_e0074478_23380699.jpg
 リングやネックレスなどを収納しても、互いに傷付きにくくするためにバックスキンが貼られています。
ツバメ柄の真鍮製ケース_e0074478_23380160.jpg
 朝顔(?)が絡みつく竹もモチーフになっていて、和の世界からの影響を感じさせます。竹の先端が飛び出ているのが気になりますが、何か意図があったのかもしれません。磨き粉の残りが化学反応を起こして緑青が吹いてしまっているので、日本に着いてから掃除したいと思います。売り場ではピカピカな姿を披露出来るはず。是非ご注目下さい~。


明日は出発の午後3時まで動き回ります~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2022-05-20 22:49 | トリシリーズ | Comments(4)

B&Gのカモメモチーフの貝風ミニプレート

B&Gのカモメモチーフの貝風ミニプレート_e0074478_21204482.jpg
 昨日は日本へ運ぶ段ボールの1箱目を詰め、2箱目に取り掛かり、8割方を埋めてから友人の一周忌ご飯会へ行きました。場所は来々軒。メンバーは友人が務めていた会社の同僚が中心で、その会社は僕も一時期実習生としてお世話になっていました。まぁ、隠す必要もないのですが、ケンゾー社です。まだ高田賢三さんが仕事をされていた時代。それはさておき、亡くなった友人の娘がフランス人の彼氏を連れてきてドギマギ。小さい頃から知っているので、「時の経つのって速いなぁ」なんて実感。彼は、こちらの大工さんが着る青いツナギを着ていて、しかもノースリーブでむっちりした腕を出し、目のやり場に困りました(笑)。息子の方は地方の職場から戻ってくるのが遅れ、お店を出た後に合流。二次会で近くのバーへ行くことになりましたが、そのバーの区域だけ停電で真っ暗け。物凄いタイミングです。ということで、少し離れた場所のカフェへ移動したのだけれど、僕はどうにもこうにもクタクタになってしまい、帰ることにしました。明けて本日は、朝からリビングの掃除。部屋中に商品が積み重なっていて、新しく仕入れている場合ではないと反省。それから、明日金曜日にPCR検査を受ける予定の医療診療所へ。土曜日の朝に結果を受け取り、書類にサインしてもらえるかを確かめたかったのでした。土曜日の飛行機はフランクフルト経由ですが、ドイツは、ワクチン未接種者は搭乗48時間前までの結果を提出しなくてはいけません。木曜日の今日検査をすると、どうしても48時間以上になってしまいます。ワクチンパスポートを解除した現在、無意味だと思うのですが、決まりは決まりなので仕方なし。とにかく、土曜日の朝に書類を書いてもらう算段を付けることができ、ホッとして帰って来ました。これから3箱目に取り掛かります~。
B&Gのカモメモチーフの貝風ミニプレート_e0074478_21204509.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、デンマークのビング・オー・グレンダール社による貝のような形のプレートです。ヨーロッパの陶磁器は、日本や中国の影響が散見されるので、もしかしたらこちらのプレートは日本の貝合わせの貝から着想を得ている可能性大。貝の内側にモチーフを描くという発想は、日本独特のもののような気がします。
B&Gのカモメモチーフの貝風ミニプレート_e0074478_21204493.jpg
 こちらの裏印は1948年から1951年まで使用されていたもの。少なくとも70年以上は経過していて、まぁまぁの古さ、と言えるかもしれません。
B&Gのカモメモチーフの貝風ミニプレート_e0074478_21204413.jpg
 手の平サイズなので、小さくて絵付けし辛いということなのかもしれませんが、割と適当です。でも、この脱力感満載のカモメの表情に魅入られる人は必ずいるはず、と信じています。次回以降のイベントにて是非ご注目下さい~。


30分昼寝します~

人気ブログランキングに投票!
# by tomoakishimizu | 2022-05-19 21:55 | トリシリーズ | Comments(0)