イッセイミヤケ 2018春夏

e0074478_02534616.jpg
 すみません。記事のアップが途絶えがち。実は昨日部屋にネズミが出てしまい、飛び出してきた穴を捜索して閉じるのに時間がかかり、半日ほど潰れてしまいました。でも本人(本鼠?)はまだ部屋にいるようで、ガサガサ音がしたり。どうしましょう~。トホホなパリ生活です。さて、本日は宮前義之によるイッセイミヤケ。会場はグランパレのホール。コレクションタイトルは『A Piece of Memory - 記憶のカケラ』で、アイスランドを旅した時に目にした荒々しい大地の割れ目、苔に覆われた溶岩、透き通った氷河をイメージしているそうです。ショー冒頭では、スチームストレッチの進化版素材によるドレスを着用したダンサー達が登場して、独特の収縮具合を披露していました。絞りを大きくしたような感じで、プリントが乗っていないところが白く出て、面白い風合いがあります。
e0074478_02534603.jpg
 特殊な糊をプリントして高温で膨らませるという定番の素材、ベイクド・ストレッチは、今回プリーツの間からアイスランドの風景が現れるバージョンが登場。
e0074478_02534669.jpg
 80年代に活躍したモデルで、現在イッセイミヤケのプレスを担当する櫻庭すみ子さんがモデルとして登場しました。
e0074478_02534739.jpg
 こちらもアイスランドの風景をプリントしていますが、裾の方が起毛していて、独特の動きとボリューム感。
e0074478_02534756.jpg
 円形のプリーツの上にアイスランドの風景を乗せたドレス。このメゾンならではの作品です。
e0074478_02534683.jpg
 四角くカットした異なる素材を乗せたCUBEと呼ばれる素材も不思議な動きをしていました。それはそうと、自分の旅の記憶を服として残せるというのは、ある意味デザイナーの特権なのかも。ちょっと羨ましく思ったのでした~。

ネズミを気にしつつ、週末は仕入~
人気ブログランキングへ

[PR]
# by tomoakishimizu | 2017-10-07 23:47 | パリコレ | Comments(2)

カルヴェン 2018春夏

e0074478_22422534.jpg
 新しいアーティスティック・ディレクター、セルジュ・リュフュウによるカルヴェンのショーは、パリ大学の校舎内の廊下スペースを使用して開催されました。リュフュウはソニア・リキエル、そしてジョン・ガリアーノ&ラフ・シモンズ時代のクリスチャン・ディオールで経験を積み、マリア・グラツィア・キウリがやってくるまでのほんの短い間、ルシー・マイヤーと共にディオールのコレクションを支えた苦労人。今年6月に発表されたプレコレクションの評価が高く、期待されていましたが、その期待を裏切らない完成度の高さだったと思います。
e0074478_22422615.jpg
 今シーズンはマダム・カルヴェンのアーカイブから引用してデザインしている部分と、世界各地を旅した時のイメージをミックスして構成しています。
e0074478_22422687.jpg
 フォルムとして目を引いたのがコードやロープの結び目の装飾やギャザーのディテールで、こちらのサファリジャケットは普通にベルトを結んでいるだけですが、1枚目の写真のワンピースは、非常に凝った作りになっています。
e0074478_22422799.jpg
 こちらはニワトリプリントのブラウスと作業用スカートのセットアップ。ベルトとシューズは色鮮やかな色糸を使っていて、中南米をイメージさせます。
e0074478_22422535.jpg
 カルヴェンというと、多くの人がイメージするのが独特の発色のカルヴェン・グリーン。カーペットやこちらのワンピースはそのカルヴェン・グリーンを意識したのでしょうが、もうちょっとヒスイのような明るい色合いで、全然違います。ただ、今までのカルヴェン・グリーンの固定されたイメージを覆そうしているのかもしれず、もしそうだとすると、これからグリーンのカラーパレットにバリエーションが出て面白いことになるかもしれない、と思ったのでした~。

一昨日やっとパリコレが終わりました~
人気ブログランキングへ

[PR]
# by tomoakishimizu | 2017-10-05 22:45 | パリコレ | Comments(0)

ロシャス 2018春夏

e0074478_16465028.jpg
 ロシャスのショーは、ヤニック・アレノがシェフを務めるシャンゼリゼ大通に歩度近い3ッ星レストラン、ルドワイヨンで開催されました。 
e0074478_16465118.jpg
 ランウェイが赤だったので、てっきりテーマは中国だと思い込んでいましたが、実は日本なのだそう。ただ、フォルムは着物にしたりすることなく、菊や桜などの日本的なものを1つのモチーフとして使用しています。
e0074478_16465182.jpg
 元々クチュールメゾンであるので、かなり手の込んだ作品が多かったです。こちらのセットアップは、総刺繍のボーリングシャツにオーガンザとレースをパッチワークして仕立てたスカート。
e0074478_16492592.jpg
 豪華絢爛なブロケードのコートドレス。菊のモチーフは、デザイナーのアレッサンドロ・デラクアが日本のフリーマーケットで見付けた帯地が元になっているそうです。ここまで東洋的だと、日本での展開は難しいのかもしれないけれど、熱狂的になる人は十分にいそう。ただ、いつもながらお値段が凄いことになりそうとのことです。来年早々には名古屋の三越にショップがオープンするようで、「あ、名古屋にはピッタリ!」と思ったのでした~。

今日のハイライトはミュウミュウ~
人気ブログランキングへ

[PR]
# by tomoakishimizu | 2017-10-03 16:50 | パリコレ | Comments(0)