ジュンヤ・ワタナベ 2018春夏

e0074478_00120196.jpg
 ジュンヤ・ワタナベのショーは、メンズ・レディースとも朝9時半スタートで、前日からちょっとした緊張を強いられます。でも、今回は会場がルネ・デカルトパリ医大と、家の近所だったのでとても気が楽でした。さて、コレクション。今シーズンは、自然界にある不思議な形状を服に落とし込む、というコンセプトだったのだそう。ちなみにこの造形的なドレスは、樹脂製の筒状の芯を入れて形を作っています
e0074478_00120027.jpg
 なぜかマリメッコのファブリックを使用しています。でもグラフィカルなモチーフなので、はまり具合は抜群。
e0074478_00120095.jpg
 こちらのドレスの袖には、反物の端にプリントされるマリメッコの文字とモチーフタイトルがそのまま見えるようにあしらわれています。
e0074478_00120092.jpg
 このボタニカモチーフはマリメッコ過ぎて、どうなんだろう~、なんて思いましたが、結局は見ていてホノボノした気分になりました。ヘアメイクがパンクでトゲトゲしいですけれどね。
e0074478_00120171.jpg
 こちらはマリメッコではなく、オリジナルのファブリック。迷彩柄もミリタリー的というよりかは、自然を描いたモチーフ、みたいなイメージに受け取れるから不思議。互いに噛み合わなさそうな要素同士をぶつけるには、それなりのセンスとテクニックが必要になりますが、それを自然な形で見せていたのはさすがです~。

明日はアクネ~
人気ブログランキングへ

[PR]
# by tomoakishimizu | 2017-10-10 23:11 | パリコレ | Comments(0)

アンダーカバー 2018春夏

e0074478_23274266.jpg
 アンダーカバーのショーは、グランドホテルのボールルームで開催されました。コレクションタイトルは『ヤーヌス』。ヤーヌスはローマ神話に登場する前後二つの顔を持つ神のことで、このコレクションでは2人のモデルを同時に歩かせて、対になるものを表現していました。ヤーヌス(ヤヌス)というと、僕の世代的には杉浦幸主演の大映ドラマ『ヤヌスの鏡』ですね。
e0074478_23274119.jpg
 それぞれが同じカットだったり、似たようなスタイリングだったり、丈の長さが一緒だったり、共通項があります。というか、全部リバーシブルになっていて、左右のルックは全く同じもの、という恐ろしい事実を今知りました。こちらの左側のインナーのTシャツと上の写真の左側のTシャツは、シンディ・シャーマンの写真をプリント。その他にも、シンディ・シャーマンのポートレートが沢山使われていました。
e0074478_23274160.jpg
 面白いアイデアだけれど、刺繍のアイテムも多く、手数がかかってお値段は相当高くなりそうです。
e0074478_23274102.jpg
 暗くて良く見えなかったというのもありますが、実はショー後の印象はかなりボンヤリでした。でも、あらためてこうやって見てみると、かなり凄いことをやっていてビックリです。 
e0074478_23274138.jpg
 この最後に出てきたこのルックがとにかく強烈でした。スタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』に登場する姉妹ソックリ。しかも右の子のワンピースには、血が流れているようなフリンジが付いていて、超絶ホラーな仕上がりです~。

もう少し明るくして欲しかったです~
人気ブログランキングへ

[PR]
# by tomoakishimizu | 2017-10-09 23:32 | パリコレ | Comments(4)

イッセイミヤケ 2018春夏

e0074478_02534616.jpg
 すみません。記事のアップが途絶えがち。実は昨日部屋にネズミが出てしまい、飛び出してきた穴を捜索して閉じるのに時間がかかり、半日ほど潰れてしまいました。でも本人(本鼠?)はまだ部屋にいるようで、ガサガサ音がしたり。どうしましょう~。トホホなパリ生活です。さて、本日は宮前義之によるイッセイミヤケ。会場はグランパレのホール。コレクションタイトルは『A Piece of Memory - 記憶のカケラ』で、アイスランドを旅した時に目にした荒々しい大地の割れ目、苔に覆われた溶岩、透き通った氷河をイメージしているそうです。ショー冒頭では、スチームストレッチの進化版素材によるドレスを着用したダンサー達が登場して、独特の収縮具合を披露していました。絞りを大きくしたような感じで、プリントが乗っていないところが白く出て、面白い風合いがあります。
e0074478_02534603.jpg
 特殊な糊をプリントして高温で膨らませるという定番の素材、ベイクド・ストレッチは、今回プリーツの間からアイスランドの風景が現れるバージョンが登場。
e0074478_02534669.jpg
 80年代に活躍したモデルで、現在イッセイミヤケのプレスを担当する櫻庭すみ子さんがモデルとして登場しました。
e0074478_02534739.jpg
 こちらもアイスランドの風景をプリントしていますが、裾の方が起毛していて、独特の動きとボリューム感。
e0074478_02534756.jpg
 円形のプリーツの上にアイスランドの風景を乗せたドレス。このメゾンならではの作品です。
e0074478_02534683.jpg
 四角くカットした異なる素材を乗せたCUBEと呼ばれる素材も不思議な動きをしていました。それはそうと、自分の旅の記憶を服として残せるというのは、ある意味デザイナーの特権なのかも。ちょっと羨ましく思ったのでした~。

ネズミを気にしつつ、週末は仕入~
人気ブログランキングへ

[PR]
# by tomoakishimizu | 2017-10-07 23:47 | パリコレ | Comments(2)