復活祭用ボンボニエール

e0074478_11314445.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、磁器製の卵型ボンボニエールです。4月の復活祭用に作られたものと思われます。
e0074478_11314162.jpg
 阪急うめだ本店でデビューを飾りましたが、里親を見つけられず。「ロイヤルコペンハーゲンですか?」と聞いて来られたお客様がいましたが、似たような雰囲気であることは確かです。
e0074478_11313805.jpg
 バックスタンプを見ると、王冠の下にEというものでした。どこの窯だか全然わからず。でも、もしかしたらロイヤルコペンハーゲンと同じデンマークか、ドイツのもののような気がします。1900というのはそのまま年号なのでしょうか。まぁ、有り得なくもないですね。
e0074478_11313534.jpg
 モチーフは桜? ヒヨコとかウサギではなく、また小花柄でもなく、風景を描いているのがクールな感じ。フランスの焼き物とは違うなぁとつくづく思います~。

明日九州に上陸です~
人気ブログランキングへ

[PR]
# by tomoakishimizu | 2017-03-20 11:33 | 調度品 | Comments(0)

ジアン焼のパレット

e0074478_09474486.jpg
 本当にパレットなのか良くわかりませんが、おそらくはその類のものだったと思われる、ジアン焼の陶器です。ジアンはパリより南に下った街で、1821年にトーマス・ハルムというイギリス人が陶器の生産を始めました。ちなみにハルムの家族はモントローの窯も所有していたそうです。フランスの焼き物も、外国人が始めたところが多いですね。
e0074478_09474146.jpg
 こちらのバックスタンプは、1855年の博覧会でメダルを取ったと書かれているので、その直後くらいの作だろうと思われます。
e0074478_09473782.jpg
 目立つ欠けやヒビはありません。白だけれど深みがあり、ズシリと来る重さと相まって、その魅力にとりつかれること請け合い。実際に手にして頂きたい一品です~。

久留米でデビューです~
人気ブログランキングへ

[PR]
# by tomoakishimizu | 2017-03-19 09:49 | 生活用品 | Comments(0)

フクロウ型マスタード、塩胡椒入れ

e0074478_09524938.jpg
 パリ市内の古物市で購入した陶器製フクロウ型マスタード、塩胡椒入れです。売主は東洋語学校で佐川くんと同窓生だったというマダム。とにかく食べられずに済んで良かったです。
e0074478_09531948.jpg
 おそらくは70年代以降のもの。この入れ物のために作られたマスタード用のスプーンも付いています。全く同じ意匠で、フタが無くなっている大きな入れ物を見かけたことがあり、もしかしたらキャニスターも存在していたのかもしれません。実はすでに阪急うめだ本店で披露済みで、多くの方に見て頂きましたが、結局販売に繋がりませんでした。というのも「1個だけ欲しい」というお客様が多かったからです。久留米で再デビューさせます~。

もちろんバラ売りしません~
人気ブログランキングへ

[PR]
# by tomoakishimizu | 2017-03-18 09:54 | 生活用品 | Comments(0)