<   2017年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

サン・テューズ焼のティーセット

e0074478_01345197.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、サン・テューズ焼のティーセットです。本来ならば6セットあるドゥミタッスですが、最初から欠損していて、今回は2残念ながらセットのみのご紹介となります。
e0074478_01345051.jpg
 サン・テューズは南仏に近いドローム県の村。現在でもレヴォルという窯が残っています。レヴォルはランプベルジェのランプや、リキュール用の器で一部の人には知られているかもしれません。でも、リモージュ焼に比べたら、サン・テューズ焼自体がマイナーな存在。長石と磁器用の土であるカオリンを含んだ粘土で作られた半磁器で、少し厚ぼったい感じが持ち味になっています。そしてこのピンクも特徴的で、おそらくは30~40年代に流行ったもの。で、これらをどう販売するかが悩みの種。ドゥミタッスは2セットしかないし、クリーマーは2脚もあるしで中途半端。やはりバラ売り必死でしょうね。ティーポットは全然売れ筋商品ではないので、「一生売ってます」商品となることを覚悟で持っていくしかないかも~。

ややこしいものは依然増殖中~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-30 01:38 | 生活用品 | Comments(2)

ぜんまい式壁掛け振り子時計

e0074478_03291404.jpg
 今朝は珍しく悪夢にうなされ、大声を上げて目が覚めました。ホテルの一室で寝ていると、掃除のオバちゃんが勝手にドアを開けるのが見えます。「まだ寝てますよ~」と言っているのに、彼女は何も聞こえないのか、そのままドアをめいっぱい開け放つと、後ろに誰かいるようで、その人物を部屋に入れようと促しています。そうして彼女の後ろにいる人間が見えました。それは何と、黄色い半袖シャツを着た自分。ポーターに大荷物を運ばせているのです。自分の姿を見て、ショックのあまり大声を上げて失神するという結末でした。ちょっぴりデヴィッド・リンチ的。何を意味していたのかサッパリですが、後味の悪さだけが未だ頭の中に残っています~。
e0074478_03291524.jpg
 気を取り直して、今日はこちら。パリ郊外の古物市で見つけたぜんまい式の壁掛け時計です。ちゃんと鍵も付いています。
e0074478_03291454.jpg
 文字盤は七宝焼。本体は木の枠にエンボスの真鍮版を打ち付けてあります。制作年代はよくわかりませんが、おそらくは20世紀初頭から30年代くらいにかけてではないかと思われます。
e0074478_03291593.jpg
 振り子部分。こちらが左右に動きます。ちょっとヴェルサーチっぽいですが、メデューサではなく女性の顔。あ、そうそう、こちらの時計はちゃんと動きますし、時間をかけて調べたけれど、誤差もほとんど無かったです。でもまあ、ずっと使っていると機械部分が磨耗して動かなくなるはずで、やはりオブジェとして楽しんで頂けたらと思います~。

高さ50cm以上ありデカいです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-28 23:27 | 調度品 | Comments(0)

磁器製花付ケース

e0074478_19511796.jpg
 昨日のソファ型ケースに引き続き、細かな花で彩られたブルーのケースをご紹介します。パリ市内の古物市でゲット。微妙に欠けている部分があるものの、これだけ揃っていればかなり良い状態だと思います。
e0074478_19511643.jpg
 おそらくは19世紀の制作。バックスタンプが無いので何ともいえませんが、リモージュ焼かパリ焼のいずれかでしょう。ブルーの色を載せるまでに何回か焼いていて、その間に破損する可能性があり、ここまで辿り着くには相当な時間と技術を要するはず。ということで、末永く愛でて頂ける方をジックリ探したいと思います~。

壊れ物ばかりで大変です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-27 19:52 | 調度品 | Comments(0)

磁器製ソファ型ケース

e0074478_23105938.jpg
 たまにヴァンヴの蚤の市へ行くと、思いがけないものとの出会いがあり、その存在意義の大きさを思い知ります。本日ご紹介するこのソファ型ケースと巡り合って、そんなことをしみじみと感じたのでした。
e0074478_23110060.jpg
 バックスタンプが無いので、おそらくはリモージュ焼かパリ焼。19世紀の制作と思われます。
e0074478_23110012.jpg
 フタを開けると物を入れられるようになっています。リングケースにするしかないくらい、容量は小さいですが。
e0074478_23110026.jpg
 1カ所、下のフリル部分が欠損しているのと、バラの花に欠けが見られますが、この種のものとしてはかなり良い状態を保っています。
e0074478_23110067.jpg
 細かく見ていくと粗さを感じなくもないのですが、全体的にはフランスらしいフェミニンさが漂っていて、中々の逸品だと思います~。

札幌大阪東京、どこへ持って行こう~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-26 23:31 | 調度品 | Comments(0)

エンジェルのカードスタンド

e0074478_20390938.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、エンジェルを象ったカードスタンドです。売っている時はこの状態で、きっと紙のカードを置くのだろうと思っていたら違いました。
e0074478_20390918.jpg
 磁器製のカードが付いていたのでした。釉薬がかかっていない素焼部分に文字を書き込めます。木炭や鉛筆を使用。普通のスポンジだと落ちにくいですが、メラミンスポンジだと簡単に落とせます。
e0074478_20391019.jpg
 実は2台あります。制作年代は20世紀初頭あたりでしょうか。
e0074478_20391037.jpg
 底には登録商標を意味するフランス語が入っていますが、エンジェルの表情と絵付けの感じ、そして技術的なことを考えると、おそらくはドイツのザクセン地方のものと思われます。
e0074478_20391026.jpg
 裏側も手を抜いていません。欠けやヒビ、擦れなどの無い完品。こちらは来月開催の最初の蚤の市イベント、札幌・アンティーク・マーケットで販売開始です~。

明日はパリ焼~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-25 20:45 | 調度品 | Comments(0)

ネコの置物・入物

e0074478_23412267.jpg
 ここ最近天候が良くなかったせいか、古物市が沢山開催されていて、しかも土日だけでなく金曜日からフライング的にスタートすることも多くて、この週末3日間はかなりハードでした。ということで、今日は廃人デーにして部屋でダラダラする予定。
e0074478_23412190.jpg
 さて、今日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた磁器製ネコちゃんです。置物というか入物というか、用途が良くわからない代物。おそらくは1930年代頃までのドイツ製。極めてオッサン顔なのに、懸命に可愛く見せようとしている感じが心憎いです。
e0074478_23412264.jpg
 こんな風に首を外せば花瓶になりますが、首の置き場に困りますね。キーやリングを一時的に仕舞っておく入物として使うのが無難。もしくはただ飾っておくのが一番良いかもしれません。物自体は小振りではあるものの、場所に余裕のある、広めのお宅にお住まいの方向けです~。

明日はエンジェル~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-24 23:05 | ネコシリーズ | Comments(0)

ステンシルモチーフ入りのピアノ

e0074478_02295123.jpg
 ヴァンヴの蚤の市で巡り会ってしまった、ステンシルモチーフ入りのおもちゃのピアノです。おそらくは1940年代のフランス製。
e0074478_02295186.jpg
 まあまあの状態で、破損・欠損部分はありません。ピアノ、何台買えば気が済むのでしょう、というくらい買い込んでいるかも。まだストックが2台もあるというのに。
e0074478_02293988.jpg
 でも音が滅茶苦茶で、音階になっていません。いわゆるピアノの音ではなく、ピアノとチェンバロの間のような感じ。完全にディスプレイ用ですね。
e0074478_02293464.jpg
 今まで買い付けてきた歴代のピアノを思い浮かべると、一番雰囲気があるかもしれません。と毎回思いながら買っていて、自分の都合の良いようにイメージを上書きしているわけで、これはちょっとした病かもしれません~。

渋谷のunikkで販売します~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-22 23:28 | おもちゃシリーズ | Comments(0)

ピンクのズボンを穿いたウサギ

e0074478_17170507.jpg
 この前の日曜日、ヴァンヴの蚤の市で見つけたウサギさんです。主素材はモヘアで、ズボン部分がフェルト、中綿がコットンで目がガラス。腕にだけジョイントが入っていて可動します。60年代のフランス製。ビニール製の襟とズボンの大きなボタンがクレージュやピエール・カルダンをほうふつとさせ、制作された当時を忍ばせます。かなり適当な作り=ブチャイクな表情がザッツ・フレンチですが、ぬいぐるみにしては珍しいズボンと全体の色合いに騙される感じ。
e0074478_17170570.jpg
 でもこうやって見ると、ブチャイクなりに中々可愛いですね。実はこのズボンを穿いた動物シリーズはかなりの数持っていて、本当だったらコレクションに加えたいところですが、散々買い集めてきたのでそろそろ打ち止め。この子は渋谷のunikkさんで販売を開始したいと思います~。

DM写真にも出演してもらいました~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-20 17:19 | ウサギシリーズ | Comments(0)

50年代のフランス製大型バンビ

e0074478_01535701.jpg
 久々のぬいぐるみです。パリ郊外の古物市で見つけたバンビ。我が家には同じシリーズの子が何匹かいますが、ここまで状態が良い子はいません。本当は自分のコレクションに加えたいところだけれど、仕入品として購入したのでしっかり販売したいと思います。
e0074478_01534879.jpg
 主素材がモヘアで、目の周りと耳の内側がフェルト。中綿が木毛で、目がガラス。おそらくは50年代のフランス製。耳までの高さが39cmと、堂々たる体格です。その大きさと状態の良さで仕入値が高かったのですが、そう簡単に出会えないと思って無理をしました。大切にしてくださる里親さんを大募集です~。

この子も大阪オソブランコさんでデビュ~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-19 23:19 | バンビシリーズ | Comments(0)

エッグスタンドファミリーセット

e0074478_22202189.jpg
 卵つながりで…。9年前にご紹介しているエッグスタンドセットの両親付きを発見しました。場所はパリ郊外の古物市。
e0074478_22195016.jpg
 こちらは息子達と娘達。僕が持っているセットはこの4人のみで、家の形をしたスタンドが付いています。
e0074478_22192011.jpg
 今回新発見となった両親。なぜか子供達よりも背が底いのが謎ではあります。しかも卵を載せる間口が広い。L玉用なのでしょうか?

先ずは大阪で販売スタートです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-18 22:21 | 生活用品 | Comments(0)