<   2017年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

エンジェルのカードスタンド

e0074478_20390938.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、エンジェルを象ったカードスタンドです。売っている時はこの状態で、きっと紙のカードを置くのだろうと思っていたら違いました。
e0074478_20390918.jpg
 磁器製のカードが付いていたのでした。釉薬がかかっていない素焼部分に文字を書き込めます。木炭や鉛筆を使用。普通のスポンジだと落ちにくいですが、メラミンスポンジだと簡単に落とせます。
e0074478_20391019.jpg
 実は2台あります。制作年代は20世紀初頭あたりでしょうか。
e0074478_20391037.jpg
 底には登録商標を意味するフランス語が入っていますが、エンジェルの表情と絵付けの感じ、そして技術的なことを考えると、おそらくはドイツのザクセン地方のものと思われます。
e0074478_20391026.jpg
 裏側も手を抜いていません。欠けやヒビ、擦れなどの無い完品。こちらは来月開催の最初の蚤の市イベント、札幌・アンティーク・マーケットで販売開始です~。

明日はパリ焼~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-25 20:45 | 調度品 | Comments(0)

ネコの置物・入物

e0074478_23412267.jpg
 ここ最近天候が良くなかったせいか、古物市が沢山開催されていて、しかも土日だけでなく金曜日からフライング的にスタートすることも多くて、この週末3日間はかなりハードでした。ということで、今日は廃人デーにして部屋でダラダラする予定。
e0074478_23412190.jpg
 さて、今日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた磁器製ネコちゃんです。置物というか入物というか、用途が良くわからない代物。おそらくは1930年代頃までのドイツ製。極めてオッサン顔なのに、懸命に可愛く見せようとしている感じが心憎いです。
e0074478_23412264.jpg
 こんな風に首を外せば花瓶になりますが、首の置き場に困りますね。キーやリングを一時的に仕舞っておく入物として使うのが無難。もしくはただ飾っておくのが一番良いかもしれません。物自体は小振りではあるものの、場所に余裕のある、広めのお宅にお住まいの方向けです~。

明日はエンジェル~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-24 23:05 | ネコシリーズ | Comments(0)

ステンシルモチーフ入りのピアノ

e0074478_02295123.jpg
 ヴァンヴの蚤の市で巡り会ってしまった、ステンシルモチーフ入りのおもちゃのピアノです。おそらくは1940年代のフランス製。
e0074478_02295186.jpg
 まあまあの状態で、破損・欠損部分はありません。ピアノ、何台買えば気が済むのでしょう、というくらい買い込んでいるかも。まだストックが2台もあるというのに。
e0074478_02293988.jpg
 でも音が滅茶苦茶で、音階になっていません。いわゆるピアノの音ではなく、ピアノとチェンバロの間のような感じ。完全にディスプレイ用ですね。
e0074478_02293464.jpg
 今まで買い付けてきた歴代のピアノを思い浮かべると、一番雰囲気があるかもしれません。と毎回思いながら買っていて、自分の都合の良いようにイメージを上書きしているわけで、これはちょっとした病かもしれません~。

渋谷のunikkで販売します~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-22 23:28 | おもちゃシリーズ | Comments(0)

ピンクのズボンを穿いたウサギ

e0074478_17170507.jpg
 この前の日曜日、ヴァンヴの蚤の市で見つけたウサギさんです。主素材はモヘアで、ズボン部分がフェルト、中綿がコットンで目がガラス。腕にだけジョイントが入っていて可動します。60年代のフランス製。ビニール製の襟とズボンの大きなボタンがクレージュやピエール・カルダンをほうふつとさせ、制作された当時を忍ばせます。かなり適当な作り=ブチャイクな表情がザッツ・フレンチですが、ぬいぐるみにしては珍しいズボンと全体の色合いに騙される感じ。
e0074478_17170570.jpg
 でもこうやって見ると、ブチャイクなりに中々可愛いですね。実はこのズボンを穿いた動物シリーズはかなりの数持っていて、本当だったらコレクションに加えたいところですが、散々買い集めてきたのでそろそろ打ち止め。この子は渋谷のunikkさんで販売を開始したいと思います~。

DM写真にも出演してもらいました~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-20 17:19 | ウサギシリーズ | Comments(0)

50年代のフランス製大型バンビ

e0074478_01535701.jpg
 久々のぬいぐるみです。パリ郊外の古物市で見つけたバンビ。我が家には同じシリーズの子が何匹かいますが、ここまで状態が良い子はいません。本当は自分のコレクションに加えたいところだけれど、仕入品として購入したのでしっかり販売したいと思います。
e0074478_01534879.jpg
 主素材がモヘアで、目の周りと耳の内側がフェルト。中綿が木毛で、目がガラス。おそらくは50年代のフランス製。耳までの高さが39cmと、堂々たる体格です。その大きさと状態の良さで仕入値が高かったのですが、そう簡単に出会えないと思って無理をしました。大切にしてくださる里親さんを大募集です~。

この子も大阪オソブランコさんでデビュ~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-19 23:19 | バンビシリーズ | Comments(0)

エッグスタンドファミリーセット

e0074478_22202189.jpg
 卵つながりで…。9年前にご紹介しているエッグスタンドセットの両親付きを発見しました。場所はパリ郊外の古物市。
e0074478_22195016.jpg
 こちらは息子達と娘達。僕が持っているセットはこの4人のみで、家の形をしたスタンドが付いています。
e0074478_22192011.jpg
 今回新発見となった両親。なぜか子供達よりも背が底いのが謎ではあります。しかも卵を載せる間口が広い。L玉用なのでしょうか?

先ずは大阪で販売スタートです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-18 22:21 | 生活用品 | Comments(0)

ベークライト製卵形チョコレート型

e0074478_00432911.jpg
 明日、日曜日の復活祭にちなんで、パリ市内の古物市で見つけたベークライト製のチョコレート型をご紹介します。復活祭用のチョコレートといえば、卵かウサギかニワトリのいずれかの形をしていますが、こちらはウズラのそれとほぼ同じ大きさの卵型。左の2枚はセットになっていますが、残念ながら右2枚は大きさが違うため実際には使えません。ということで、右のセットはお安く提供する予定。
e0074478_00432384.jpg
 チョコレートといえばベルギーということで、こちらの型はベルギー製。50年代までの制作と思われます。日本で販売する時は復活祭はとうの昔に終わっていますが、クリスマスツリーのオーナメントも販売する予定なので、僕のイベントでは季節なんて関係ありません。見て楽しければ良いのです~。

誰が買うのか全く見当のつかないアイテム~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-16 00:51 | 珍品 | Comments(0)

クレイユ・エ・モントロー製溲瓶

e0074478_01091179.jpg
 昨日は本当に大変でした。取材のために7時前に起き、部屋の掃除をしていたら9時に電話が鳴り、2日前に注文した段ボールとプチプチフィルムを5分後に配達しに来るというではないですか。今までは配達までに3~4日かかっていたのに、不景気なのか、復活祭の休み前で注文者が少なかったのか、突然の配達に戸惑いながらも、9時半の取材のアポを少し遅らせてもらい、段ボールとプチプチを受け取りました。本当は、いついつに配達しますというお知らせがあって当然なのですが、僕が頼んでいるところは企業向けなので、そういったサービスが無いのかも。それはさておき、プチプチは100mの巻きが2本あり、片方は巨大なので部屋の前で小分けにしないとドアから入れられません。大汗をかきながら必死にプチプチを巻き、何とか部屋に入れてシャワーを浴びて取材先に。慌てて小走りで行ったので、着いてオレンジジュースを頂いたら汗が滝のように流れ、取材先の担当者が慌てて紙ナプキンをくれた程でした。で、担当者は日本人だったので(これが重要)、何の滞りも無くスムーズに取材終了。それから帰宅して昼食をとって3時半に警察署へ。毎年憂鬱にさせられる滞在許可証の更新です。郵送で届いた召集状に書かれていた担当事務所の場所が間違っていて、2回たらい回しに遭い、やっと目的のアジア・オセアニア部門の事務所へ。ラッキーなことに待っている人が誰もいませんでした。どうしたんだろう。今までは、フランス人弁護士を連れた某国の移住希望者でワサワサしていたのに。で、3時半のアポイントの時間に4時頃到着だったので、担当者に「時間を守らないのは困る」とかブツブツ言われたけれど、「召集状が間違っていたから仕方ないでしょ」の一点張りで当然謝らず。本当に酷いですね。あと銀行の残高証明書も本当は1年分無いとダメとか言われたけれど、「そんなこと書いてなかった」と応酬。言った者勝ちでした。で、18年も更新し続けていて、「そろそろ10年カードをもらったらどうか」と言われましたが、日本で税金を払っている僕は、先ずは4年間フランスで納税をしなくては10年カードがもらえません。「今から4年間フランスで税金払うなんて、わざわざそんなことするわけないでしょ。そもそも払いたくないし」ということでスルー。作業は15分ほどで終わりました。帰宅してボンヤリして、友人宅へご飯を食べに。いつもながらついつい飲み過ぎてしまい、12時頃帰宅して目が覚めたら4時半で、布団もかけずに大の字で電気点けっ放し。まあ、最終的にフランスでも日本でも大の字で寝てて明け方飛び起きるパターンは一緒なのですが、日中の生活はフランスの方が断然ハード。というか、腹の立つことが多過ぎで、そろそろ我慢の限界かもしれません~。
e0074478_01090497.jpg
 さて、今日はこちら。パリ市内の古物市で見つけたクレイユ・エ・モントロー製の溲瓶(しびん)です。手の平に載りそうなくらい小さいので、もしかしたら子供用かもしれません。クレイユ・エ・モントローだけあってさすがの造形美、と思うのは僕だけでしょうか。こちらは、1867年から1920年まで使われていたバックスタンプ。同業者の友人も同じものを見つけて日本で販売を試みたけれど、元々の用途が用途だけに、中々買い手が現れず苦労したそう。生け花に活用したらとても良いと思うのですが、マルセル・デュシャン並にアヴァンギャルド過ぎるでしょうか?

もちろん未使用品ではありません~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-14 23:06 | 珍品 | Comments(4)

パテオラマスコープとフィルムセット

e0074478_20293646.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、1920年代のパテオラマスコープとフィルムのセットです。パテというのは現在も存続する映画製作会社で、本業の他にこういったものも販売していたようです。
e0074478_20293032.jpg
 フタを開けて中にフィルムをセットし、下側についているつまみを回してフィルムを回転させます。
e0074478_20291346.jpg
 中を覗くと、こんな風に画像が見えます。こちらはインドシナの部族を写したもの。当時のお土産品ではなく、世界の様子を知るための一手段だったようです。
e0074478_20292303.jpg
 フィルムは19本あり、『インドシナ』の他に『三匹の子豚』とか『アリババ』など様々。実はスコープの回転つまみがスムーズに回らないので、少々手を加えないとダメそう。札幌でその作業をしたいと思います~。

今から滞在許可証の更新です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-13 20:34 | 珍品 | Comments(0)

ステレオスコープセット

e0074478_18115982.jpg
 珍品です。同時に2枚の写真を撮ることの出来るステレオカメラで撮られた双眼写真(飛び出す写真)と、専用の立体鏡(ステレオスコープ)のセット。おそらく立体鏡と絵葉書状の写真は1910~20年代のもの。ただし、奥に見えるフィルム写真はもう少し後年の作と思われます。おわかりの通り、モン・サン・ミッシェルなどの観光地やパリの街中がメインモチーフ。阪急うめだ本店では場所の都合上店に出せず、久留米でビューを飾りましたが反応は今一つ。ポートレート(人物写真)があったらもう少しアピールしたはずで、日本へ発つまでに見つけられたらセットに加えたいと思います~。

明日も写真関連~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-12 18:13 | 珍品 | Comments(0)