<   2017年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

イッセイ ミヤケ 2017/2018秋冬

e0074478_03253358.jpg
 パリに戻ってきました~。偶然ですが、行きも帰りもデザイナーの中田龍三さんと飛行機が一緒。で、今回はテクノDJのケン・イシイさんを目撃。1日に日本文化会館でイベントがあるようです。夜11時から朝の6時まで続くそうで、日本文化会館ったら思い切ったことしますね。機内では仕事をしようと思っていましたが、6時間くらい寝てしまい、あとは映画3本を鑑賞。1本は、行きに2回近く観てしまった『ガール・オン・ザ・トレイン』。物凄く不愉快な内容だけれど、とても良かったです。登場人物誰をとってもエゴ丸出しで、これこそが西欧社会なのかも、と23年フランスにいる僕は思ったのでした。その対極にあったのが『僕らのごはんは明日で待ってる』という映画。まぁ、かなりのメロドラマでしたが非常に日本的。でも、もっと日本的だったのが『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』。芸能界からいなくなってしまった中原理枝がマドンナで、最近他界した渡瀬恒彦が恋敵役。タコ社長の娘、あけみ役で美保純が良い演技を見せていて、もうちょっと出番があっても良かったかも。寅さんについては、最近かなりの頻度で観ていたり。どうしてなんだろうと思ったら、無意識に寅さんの姿に自分を重ねていたようです。色々な場所へ出かけていっては各地のお祭で行商する寅さんは、基本的に僕がやっていることと変わりません。今回にしてようやく、なる程と思ったのでした~。
e0074478_03252879.jpg
 さて、本日よりパリコレリポートを再開です~。本日はイッセイ ミヤケ。いつもの会場、チュイルリー公園内の特設テントからパリ市庁舎に場所を替えての発表です。
e0074478_03252287.jpg
 今シーズンはシェットランド産の原毛を5色に染めて1本の糸に配合し、オーロラ色に織ったファブリックのシリーズなどが登場。こちらは特殊なのりをプリントして、高温で膨らませることでプリーツ状のヒダが生まれるテクニックBaked Stretchを応用したもので、大きなウェーブ柄とボーダー柄を重ね合わせて、独特の視覚効果を出しています。
e0074478_03251631.jpg
 Auroras×Steam Stretchのシリーズの1点。あらかじめ折り目が織り込まれた布に蒸気を当てて縮めるSteam Stretchのテクニックを発展させ、四角い布から流線型のプリーツを作ることが可能となったのだそう。平面の布を立体的に表現でき、しかも布自体に独特の動きが出て、視覚的にも物凄く目を引きました。コレクション全体を見ると、今までのテクニックのマイナーチェンジがあったり、既存のプリーツを想起させる風合いのアイテムが多かったので、中々難しい注文であることは承知の上で、次回はビックリさせてくれるようなものを期待したいと思います~。

夢の80kgオーバー。ダイエット開始です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-03-31 23:24 | パリコレ | Comments(2)

クレイユ・エ・モントローのカフェオレボウル

e0074478_09492976.jpg
 昨日無事に搬出を終え、打ち上げをして全てのスケジュールを完遂しました。DENIMの奈良さん、濱田さん、バッグデザイナーの原槇ちゃん、そして久留米の皆さん、どうも有り難うございました~。これから飛行機に乗り、パリに戻ります。4月中は仕入を頑張り、5月と6月のイベントに備えたいと思います~。
e0074478_09492579.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、クレイユ・エ・モントローのカフェオレボウルです。無地というのがかなりレアかもしれません。こちらのバックスタンプは19世紀末から使われていたもの。ラブラドールの意味するところはわかりませんでした。
e0074478_09492178.jpg
 手荒な扱いを受けたのか、ハマにこのようなダメージがあります。日常的使いのアイテムゆえの欠損。
e0074478_09491660.jpg
 口部分の凹みには上薬がかかっているので、元々のもののようです。やはり雑器という感じですね。DENIMさんでは棚の奥の方に置いていたので、誰の眼にも留まらなかったよう。5月、札幌で再デビューです~。

明日からパリコレレポート再開~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-03-30 10:02 | 生活用品 | Comments(0)

ドームガラス額入りキリスト像2種

e0074478_09042637.jpg
 昨日をもちまして、久留米のDENIMさんでのイベントが終了しました~。お越し頂いた皆さん、どうも有り難うございました。今回はどうなるかと思いましたが、前回と同じくらいか、それ以上の売上になったと思います。で、昨夜はお店の近くにある居酒屋てんやさんで食事をしていたところ、ランプシェードを見せて欲しいと仰る方がいて、お店からてんやまで運んでお見せしたら即決。我ながら最後の最後まで頑張りました~(笑)。
e0074478_09042238.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、ドームガラスの額に入ったキリストの彫像です。両方とも手の平サイズ。石膏なのかわかりませんが、強度を上げるために別の鉱物が入っているかもしれません。制作年代は19世紀末くらいでしょうか。ややカビっぽいものの、それなりの形状を保っていると思います。今回は里親が見付からなかったので、次回大阪のオソブランコさんで再デビューとなります~。

本日搬出頑張ります~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-03-29 09:15 | Comments(0)

銀板写真

e0074478_12341925.jpg
 ヴァンヴの蚤の市で見つけた銀板写真(ダゲレオタイプ)です。銀板写真は、1839年にルイ・ジャック・マンデ・ダゲールが発明した世界初の写真撮影法。ちなみに、ダゲールの名はパリ14区の通りに残されていて、現在は市場の名残がある繁華街になっています。

 昨年僕が出演した番組でも銀板写真が取り上げられていて、ちょっとだけ影響を受けたかもしれません。まあ、あの銀板写真は最初期のものに違いなく、こちらはもう少し後年、19世紀の中頃以降のものと思われます。肝心のポートレートの主ですが、誰なのか全くわかりません。でも中々の精悍さ。そして、それなりの身分だったに違いないでしょう。今後はもうちょっとプリティな肖像写真を探して、コレクションを少しずつ増やしていこうと思います~。

あっという間にイベント最終日です~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-03-28 12:46 | 調度品 | Comments(0)

ツバメ柄の宝石箱

e0074478_10141092.jpg
 毎日食べ過ぎ飲み過ぎで胃拡張気味。というかそのまま。食べても食べても直ぐにお腹が空いてしまいます。昨日はどうしても行きたかったレストランを2軒ハシゴし、お腹がポンポコリンに。でも今朝も普段と変わらず快調なので、このまま突っ走りたいと思います~。
e0074478_10140708.jpg
 本日はこちら。内側のロワイヤルブルーがとてもフランス的な、ツバメ柄の宝石箱です。残念ながら鍵はついていません。
e0074478_10140359.jpg
 ヘタウマ感満載なモチーフはハンドペイントで、当初の持ち主のものと思われるイニシャルが彫られています。アメリー・レ・バンは、スペインとの国境近くにある街で、こちらの箱は当地のお土産品だったと思われます。木の感じが南国していますね。元々は違う町名だったそうで、アメリー・レ・バンになったのが1840年。1942年にアメリー・レ・バン・パラルダとなるので、この箱は1840年から1942年の間の制作であることは間違いなさそう。僕の予想では、19世紀末から20世紀にかけて。この種の箱は需要が高いわけではないのですが、気長に販売したいと思います~。

昼は回転寿司に挑戦~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-03-27 10:29 | 調度品 | Comments(0)

携帯用チェス

e0074478_10023429.jpg
 パリ市内の古物市で見つけたミニサイズのチェス盤です。チェスについては知識ゼロなのですが、見た目の美しさに魅了されてしまいました。箱からにして、箱根細工のようにマスが組み木になっていて中々の職人技。
e0074478_10023079.jpg
 内側には緑色のフェルトが貼ってあり、それなりの気遣いも見られます。売主いわく19世紀のものとのこと。
e0074478_10022528.jpg
 並べ方間違えているかも。残念ながら、白の馬の頭が1つ無いのと、白と黒の両方とも一番小さなピースがいくつか足りません。
e0074478_10022142.jpg
 でも、これで実際に遊ぶ人はあまりいないでしょうね。それぞれがかなり繊細なので、一瞬にして壊れそう。
e0074478_10021569.jpg
 お馬さんにちょっぴり下手ウマ感が漂っているのがご愛嬌。とてもフランス的です~。 

本日も13時よりお待ちしてます~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-03-26 10:07 | 調度品 | Comments(0)

パピエマシェ製ボンボニエール

e0074478_11104200.jpg
 型抜きした紙(パピエマシェ)にペイントしたボンボニエールです。モチーフはクロモスと同じく、リトグラフ印刷。
e0074478_11103614.jpg
 中は朱色でもオレンジでもない微妙な色に塗られています。日本の漆器からの影響。
e0074478_11103241.jpg
 金粉を散らしているところまでしっかりコピー。おそらくは19世紀末の制作。
e0074478_11102741.jpg
 井戸にいる女性と水汲みを手伝っているエンジェル2人を描いています。う~ん、どうしてこのモチーフなのかはナゾ。もしかしたら有名な物語の1シーンなのかもしれません。本日も張り切って販売します~。

今夜は友田酒店で飲むぞ~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-03-25 11:13 | 調度品 | Comments(0)

帽子型2種

e0074478_09195503.jpg
 昨日は12時前にお店へ行ってディスプレイをしましたが、これが中々大変で、2時頃にやっと終了。でもお客様はサッパリで、濱田さんと「どうしましょう」なんて言っていました。そうしたら、夕方から途切れることなく来場者があり、飛び込みのお客様なども含めて、皆さん大きなものをポンポンとお買い上げ。うれしいのは確かなのですが、売り場はスカスカになるし、後から来て頂いた方には「今回はこれだけ?」なんて言われてしまう始末。いや~、18箱出したのですけれどねぇ。とはいえ、まだまだもの凄い量の商品がありますので、是非お越し頂きたいです~。
e0074478_09195216.jpg
 さて、今日は帽子の型2種類をご紹介します。一番上の写真の型は昨日販売済み。台が付いていて、かなりレアな商品です。売主いわく、19世紀のものとのこと。まぁ、そうでなくても、50~60年は絶対に経過していそう。そしてこちらは台の無い型。
e0074478_09194622.jpg
 然程古くなさそうです。でも基本的にお店で売っているものではないので、台が無くても、古くなくても貴重は貴重。ちょっと贅沢ですが、帽子掛けとしてお使いください~。

艶が無いので今日磨きます~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-03-24 09:21 | 珍品 | Comments(0)

蚤の市イベント@DENIM in 久留米 本日スタート!

e0074478_09032074.jpg
 久留米のDENIMさんでのイベントが本日よりスタートします。昨日の搬入は、オーナーの奈良さんに古い切手の仕分けをしてもらい、スタッフの濱田さんとバッグデザイナーの原槇ちゃんにはビーズの仕分けとほつれたラグの繕いを頼み、総出で頑張りました。
e0074478_09031642.jpg
 ディスプレイは全然出来ていませんが、18箱分の商品出しは終えているので、何とかなるでしょう。
e0074478_09030624.jpg
 でも写真をよくよく見ると、結構滅茶苦茶ですね。道のりは険しいかも(笑)。まぁ、いつものように何とかします~。

パリの蚤の市アンティーク展
DENIM
3月23日(木)~3月28日(火)
〒830-0031 福岡県久留米市六ツ門町22-11
電話:0942-37-2246
営業時間:13時~21時

本日パーティです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-03-23 09:06 | 番外編 | Comments(0)

モントローのオクトゴナル大プレート

e0074478_09253337.jpg
 久留米に到着しました。いや~、何だかパリコレ以降怒涛の毎日で、大阪に到着した日が遠い昔のことのよう。実家に帰ってきてからも、ファッション・ヘッドライン、ファッション通信、時事通信、ノアゼットの原稿を書き、毎日大変だったけれど、ご飯を作る手間が無いし、両親よりも早寝遅起で毎日9~10時間くらいは寝ていたので、結構リフレッシュできたかも。今日は搬入でハードな1日になりそうですが、美味しい夕食が待っていることを心の支えにして頑張りたいと思います~。
e0074478_09252973.jpg
 本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけたモントローのオクトゴナルプレートです。おそらくは一番大きなプレートで、直径が30cmくらいあります。壊さないように気を使ったり、諸々のことを考えると買うのを一瞬躊躇しましたが、結局は珍しさに負けました。で、こちら、下手に接合して接着剤がはみ出ちゃっているように見えるけれど、実はそうではなく、継いだところに汚れが入っているだけ。
e0074478_09252553.jpg
 裏返してビックリ。鎹(かすがい)継ぎが施されていました。モントローのオクトゴナルは食器の中でも良質な部類に入りますが、鎹継ぎをするほどでもないだろうと思います。でも、やはり大きい食器は貴重だったのでしょうね。
e0074478_09252173.jpg
 ナポレオン3世期の制作と思われます。運んでくるのが本当に大変なのですが、なぜか中心から一番遠い久留米で明日デビューです~。

明日13時よりお待ちしています~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-03-22 09:27 | 生活用品 | Comments(0)