<   2016年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

青い帽子を被った犬の置物

e0074478_113489.jpg
 先ず、昨日ご紹介したナオの置物は、フォックステリアではなくシュナウザーだと思い直しました。まぁ、どちらもテリア種ですが。それで、本日もワンちゃんの磁器製置物をご紹介します。犬種はマルチーズ? アリーグル市場で色々と買い付けをした時に、支払を終えた後こちらの置物をしげしげと見ていたら、店主が「あげるよ」と言い出し、遠慮なく頂いてしまいました。ラッキー。2つ珠をぶら下げているのが何ともいえずご愛嬌。
e0074478_114289.jpg
 向こうも商売。タダでくれたのは理由があります。ご覧の通り、帽子が壊れていました。でも裏側なので、飾る分には気になりません。前面にはカゴを手にぶら下げていたと思われますが、こちらも失われています。でも喪失感はそれ程でもなく。
e0074478_1141622.jpg
 窯の印はこれだけ。Sの字に二本線って、一体どこのマークなのでしょうか。もちろんセーヴルではなさそう。
e0074478_1143065.jpg
 相当なダメージはあるものの、顔の可愛さが全てをカバーできている感じ。型抜きではなく、手で彫刻しているようで、かなりのレベルの窯のものであることは確か。おそらく所有者は貴族以上の階級だったはず。型抜き特有の軽さは無く、持つとズシリときます。その製法と筆致の繊細さから推測するに、もしかしたらロココ時代の制作かもしれないと思いました。相当古そう。で、こちらは頂き物だし、ダメージが尋常ではないし、個人的にとても気に入っているので販売はしません。すみません~。

 さて、今日は本年度最後の記事アップとなります。年6回、パリ-日本を往復しながら、年6回のパリコレをこなし、自分なりに精一杯頑張れました。それは周囲に色々と支えてもらったからこそで、本年度も本当にお世話になりました。皆さんの期待を裏切らないよう、来年度も頑張りたいと思います~!

良いお年をお迎えください~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-31 11:05 | 犬シリーズ | Comments(2)

ナオ作フォックステリアの紳士

e0074478_1144857.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、フォックステリアの紳士の置物。見たままリヤドロなのですが、姉妹ブランド、ナオの制作です。
e0074478_115093.jpg
 刻印が入っています。こちらはバックスタンプになる前、ナオの最初期のものだそうで、おそらくは1960年代末の制作と思われます。
e0074478_1151494.jpg
 さすがはリヤドロ。シルクハットを手にし、フロックコートを着ている姿を巧みに表現しています。欠けもヒビもない完品。でも、実は売約済み。ごめんなさい~。

明日も犬の置物~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-30 11:05 | 犬シリーズ | Comments(0)

SNF社製のセルロイド人形 其の二

e0074478_1042154.jpg
 昨日からの続き。足の方はゴムひもが生きてはいたものの、ヨレヨレで足がダラ~ンと垂れてしまいます。思い切って、伸びたゴムひもをカット。
e0074478_1043344.jpg
 新しいゴムひもを一から通そうとすると面倒なので、新しいゴムひもと古いゴムひもを糸で結びつけ…。
e0074478_10431739.jpg
 反対側に引っ張り出します。腕については穴が大きく、この作業をしなくても簡単に通せました。
e0074478_10434281.jpg
 ゴムひもを固定するために間接部分に入っている円盤を、ペンチを使って回すようにして取り出します。
e0074478_10435597.jpg
      通したゴムひもを引っ張りながら円盤に通し、結び目を作ります。
e0074478_1044856.jpg
 円盤部分を足の関節の中に回しながら押し込みます。セルロイドなので、割らないように気を遣いました。
e0074478_10441850.jpg
 出来上がり~。手刺繍入りのワンピースも洗濯。表情がすっきりしたような気がします~。

買った方、大切にして下さい~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-29 10:47 | 人形シリーズ | Comments(2)

SNF社製のセルロイド人形

e0074478_13443124.jpg
 ヴァンヴの蚤の市で購入した、SNF社のセルロイド人形。こちらもすでに大阪で販売済みですが、ちょっとしたメンテナンスをしたので、本日ご紹介したいと思います。基本素材はセルロイドで、目がガラス。おそらくは1940年代の制作。実はこのお人形、BSプレミアムの番組収録中に仕入れました。買っているところも撮影されていて、仕入値がバレバレでしたが、見事にカットされていて安堵しました(笑)。
e0074478_13444410.jpg
 SNF社については詳しい資料が見当たらず。でも、1930年代から50年代が全盛期だったようです。
e0074478_13445622.jpg
 プチコラン好きの僕にとっても、全く抵抗を感じない可愛さ。目は閉じ、左右に動きます。グラスアイというのも非常に珍しいです。
e0074478_1345996.jpg
 四肢は揃っていたものの、腕が外れていたし、ゴムが伸びてしまって足もダランとしていました。でも、セルロイドの円盤にゴムを挟んで間接部分に押し込めるという単純な構造で、簡単に外して修復できると思ったので購入を決意。続きはまた明日~。

毎日役所やら銀行やらで休めないです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-28 13:46 | 人形シリーズ | Comments(0)

キリストと子供達の彫像入り円額

e0074478_1192765.jpg
 すでに大阪で販売済みではありますが、自分でメンテナンスをしたのを披露したく、本日ここでご紹介します~。パリ市内の古物市で見つけた、キリストと子供達の彫像を収めた円額です。木製の額がパックリ割れていて、その周囲がボロボロでした。それを接着剤で接合し、ヤスリをかけてスプレーでペイント。
e0074478_1194193.jpg
 石の粉を溶いたものを型で抜いているのかと思いましたが、裏側も彫られているので、全て手彫りという説もあります。ただ、僕の意見ではそこまでの芸術品には思えず、型で抜いたいくつかのパーツを組み合わせているような気がします。
e0074478_1195521.jpg
 解読できませんがサインがあり、年号も1892年と入っています。彫像は額よりも厚さがあって立体的であるため、覆うためのドームガラスは最初から付いていなかったようです。題材的に、一昨日紹介すれば良かったかも~。

 さて、一昨日のBSプレミアムの放送ですが、色々な場面がカットされていたのは残念でしたし、幸か不幸か、僕が買い付けしているシーンはゼロでした。まぁ、買い付け値段が公にならずに済み、ホッとしてはいるのは確か(笑)。テーマの1つであるレースのセクションは全てお蔵入りになってしまい、関わった人たちには申し訳ない気持ちでいっぱい。でもテレビの世界では良くあることで、仕方がないのかもしれません。ただ、全体的にはとても良くまとまっていたと思いますし、一般向けの番組として楽しめる内容だったと思います~。

雪国から生還後、全然休めてません~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-27 11:11 | 調度品 | Comments(8)

ひまわり柄漆箱風ボックス

e0074478_10115165.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、ひまわり柄のボックスです。今月に入ってから手袋ケースや鳥モチーフのボックスをご紹介していますが、こちらも紙を溶かして型で抜いたパピエマシェ製。おそらくは19世紀末から20世紀初頭にかけての制作で、アール・ヌーヴォー期のもの。
e0074478_1012728.jpg
 日本の漆箱を意識して、中も漆のような艶やかなペイントが施されています。残念ながら鍵はありません。
e0074478_1012196.jpg
 クロモスのように版を重ねてモチーフを描き、更にその上から手彩色。少々状態が悪いので、お手頃価格にしています~。

 さて、昨日からの続き。カウンターの係員の女性は、手際よくコンピュータを操り、秋山さんの席を確保。更に僕と隣同士の席にしてくれたのでした。どうやら係員によって権限が違うようで、良くわからないけれど、1人前に話をした係員は強制チェックインの操作をすることが出来ない人だったようです。とにかく一安心でラウンジの席に座りました。いくつも欠航になっていく中、我々が乗る予定の17時に便はネット上で欠航にならず、生き残っています。17時発の使用機が羽田を出発したという情報を得て、ちょっとだけ安堵しつつ、ドキドキしながら何度もネットをチェック。秋山さんは百戦錬磨なので大概のことには驚かない人ですが、「この私でもドキドキする」と言っていました。でも大事な作業が残っていました。僕は1つ荷物を預けなくてはいけないし、秋山さんは早朝にチェックインした時に預けた大きなスーツケースを到着ロビーで受け取らなくてはいけません。便を振り替えてくれても、荷物の面倒までは見てくれないのです。17時の便は19時発になると発表されたので、17時になってから僕はラウンジの保安検査場に預けていたハサミ・包丁入りのバッグをピックアップしてプレミアムメンバー用の列に並び、秋山さんは到着ロビーへ自分のスーツケースをピックアップしに行きました。でも、秋山さんは30分しても戻ってこなくて、何度もメッセンジャーを通して連絡を試みても繋がらず。催事つながりの同業者に連絡して携帯番号を教えてもらって連絡してもダメ。そうしたら、秋山さんから、到着口では荷物が出てこなくて大混乱しているというメッセージが。「大丈夫。僕はチェックインするけれど、カウンターで待ってるから。もしダメっていわれたら、その場でブチ切れます~」とメッセージを送りました。そうこうしているうちに、17時の便の出発時刻は20時になりました。19時過ぎにカウンターに到達し、事情を話してカウンター横で秋山さんを待つことに。19時半頃に秋山さんがやっとスーツケースを押して登場し、無事にチェックイン。ラウンジに入場してハイボールで祝杯をあげ、搭乗口へ。この時、すでに出発時刻は20時15分に変更されていました。着席して周囲を見回すと、確かに混んではいるけれど、空席があちこちに見えます。先程我々に「満席です」と答えていた係員は、これをどう説明するのだろうと思いました。その日も飛行場で過ごした人が実に2400人もいたのに。人員が少ない中で各人最大限の努力をしていたとは思うものの、納得のいかない点も多々ありでした。混乱時だから仕方ないのかもしれませんが。搭乗したのは良いのだけれど、滑走路が混んでいて中々飛び立てません。座ったまま待つこと1時間半以上。飛び立ったのは22時前でした。23時半前に到着し、荷物をピックアップして横浜駅行きの最終リムジンバスに飛び乗りました。道路は空いていて、横浜駅周辺の信号でも止まらず、25分程度で到着。ホームまで全速力で走り、ホームで根岸線の連絡を待っていた東海道線、0時24分発の最終電車に奇跡的に乗れました。実家に戻ったのは1時過ぎ。新千歳空港には23日の朝10時から次の日の夜10時までいて、実に36時間の幽閉。ほぼ一時も離れずに戦い抜いた秋山さんは半ば戦友のような存在で、彼女には随分と助けられたし、僕もプレミアムメンバーとしての立場を利用して助けることができ、本当に良かったです。とにかく、彼女と一緒に過ごせたことは本当にラッキーでした。さもなくば、膨れっ面でブツブツ言ってるオジサンが沢山いたけれど、ああなってたかもしれません(笑)。秋山さんは「札幌でのアンティーク・マーケットのこと、全部吹き飛んじゃったね」と言っていましたが、今回の札幌滞在は自分にとって何か特別なメッセージがあるはずで、それが何なのかをこれからゆっくり考えたいと思います~。

僕出演番組のお話は明日に~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-26 10:20 | 調度品 | Comments(2)

プジョー製コーヒーミル

e0074478_18561190.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、プジョー製のコーヒーミルです。ネット上で見ると、1950年~1952年辺りの制作で、旅行でも使えるコンパクトサイズが売りだったよう。残念ながらステンシル製のプジョーのステッカーははがれています。フランスでもかなり人気のシリーズで、ちょっとだけ無理して仕入れました。
e0074478_18562252.jpg
 中はこんな感じで、まだまだ現役で使えそう。実はこのコーヒーミル、今回持ってこようと思って断念したものの1つ。次回の阪急うめだ本店でのフランス祭では、絶対にデビューさせたいと思います~。

 さて、僕の個人的な話の続き。昨日の新千歳空港は本当にサバイバルな感じで、最後までドキドキしっ放しでした。先ず、周囲のいびきに苛まれながらも寝袋の中で6時間を過ごし(結構眠れた)、5時過ぎに目を覚ましてトイレのついでにカウンターへ行ってみると、プレミアムクラスの列で結構な長さになっていて、慌てて秋山さんを起こして一緒に並びました。僕が乗る便はその日の17時発だったのですが、出来るだけ早く帰りたく、空席待ちの予約をするためでした。毛布と寝袋を敷いて座り、何となくやり過ごすこと約2時間。我々の順番が回ってきて、空席待ちの予約をしましたが、その場合、搭乗する便が確定していないため荷物を預けることができません。ただ、僕のバッグはかなり小さめだったので、ラウンジに持ち込めることがわかりました。でも、秋山さんの荷物がかなり大きく、空席待ちは諦め、前日振り替えていた18時半の便で帰る覚悟を決めてスーツケースを預けました。それからプレミアムメンバー用の保安検査場を抜けてラウンジに入場。でも、預けるバッグの中に、ウィークリーマンションで使っていた包丁と料理用のハサミ、そして毛ばさみが入っていて、それが引っ掛かってしまいました。北海道警察の警官が2名もやってきて、調書を取られ、保安検査場に荷物ごと預けることで事なきを得ました。銃刀法違反というか、航空法違反なのでしょうね。それで、空席待ちの申し込みは結構早かったのですが、僕の名前は中々呼ばれず、保安検査場を逆流して昼食を食べに外に出ました。それから帰ってきてラウンジのカウンターで聞いたら、僕の名前はすでに呼ばれていたと言われショック。でも優先的に次回から呼ばれると言われるも、1時間経っても2時間経ってもアナウンスされません。おかしいと思って再びカウンターへ行くと、保安検査場に入る前の空席待ち専用カウンターへ行かなくては確認が出来ないと言われ、慌てて行くと、そこも猛烈な人の山。カウンターの係員に聞くと、空席待ちのアナウンスは混乱のため中止とのこと。もう怒る気もしなく、再びラウンジへ。そうしたら秋山さんの乗る18時半の便がインターネット上で欠航になっているではありませんか。秋山さんは慌てて、搭乗口のカウンターへ行くも、そこも黒山の人だかりで順番が回ってきません。諦めてラウンジに戻り、「こちらでは便の振り替えは行っておりません」と書いてあるラウンジのカウンターへダメもとで行ってみると、僕が乗る便にまだ空席があると教えてもらったと言います。プレミアムメンバーの僕と一緒でないと振り替えられないとのことで一緒に行くと、「空席あります」と教えてくれた係員ではない人に話をしたら「満席です。インターネットで振り替えてください」の一点張り。仕方なく諦めかけたのですが、秋山さんは再び最初に受け付けてくれた係員に掛け合ったら、「強制チェックインにしますので、お友達を呼んできて」と行われ、僕と再び一緒にカウンターへ。

 何だかのんべんだらりん、長くなってしまいました。ドラマが多過ぎて僕自身もお腹一杯なので、続きは明日にしたいと思います~。それで今日の放送ですが、プロデューサーと直接話をしたところ、前半の蚤の市のシーンでは、かなりの率で僕が登場しているそうです~。請うご期待!

BSプレミアム21時です~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-25 18:57 | 生活用品 | Comments(2)

リモージュ焼のエッグスタンドセット

e0074478_9564630.jpg
 色々大変ですが、張り切って更新~。本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、リモージュ焼のエッグスタンドのセットです。何となく奈良美智の絵を髣髴とさせる大きな瞳の少女が2人。でも片方は絵付けされていません。中央に塩入れが付いていたようですが、残念ながら紛失しています。
e0074478_957677.jpg
 ペイントされている方にだけバックスタンプが入っていました。M-FreresはMichelaud Freresを意味し、こちらは1911年から1952年の間に活動していた窯のようです。ですので、1952年以前の制作となります。スタンドは専用のもので、登録商標を意味する文言の刻印があるので、おそらくは1950年頃のものではないかと思います。白い方は、ペイントする前の段階のもののようです。どうしてこのセットで市場に出回ったのかはナゾ。次回、大阪の阪急うめだ本店で販売を継続したいと思います~。
e0074478_9572195.jpg
 さて、話は変わって僕の近況。実は未だ新千歳空港にいます~。結局、昨日の便は50年ぶりの大雪のため全て欠航。1つ後の便に乗る予定だったブルーキュラソーの秋山さんに連絡をしたところ、4階で毛布と寝袋を配っているので急げ!となり、慌てて駆けつけると、足の踏み場も無いくらいの避難所状態。秋山さんが隣りにスペースを取っておいてくれたので、ひとまず毛布を敷いて寝袋にくるまって落ち着きました。初めての難民生活。かなり設備の整った、清潔な飛行場だったから良かったものの、普通の体育館だったり公民館だったリしたら本当に大変なんだろうな、と思いました。そんなこんなで一眠りし、ふと気付くと寝袋と毛布を希望する人の列が凄いことになっていてビックリ。それから秋山さんと食事に行き、自分達の定位置へ戻り一眠り。それから暫くしてトイレのために下の階へ降りると、人の列がトグロを巻いています。毛布の配布所が下の階に移り、受け取りを待つ人の列でした。ニュースを見たら、飛行場が用意していた4000枚では足らず、自衛隊から4000枚提供を受けたのだそうです。秋山さんにいち早く情報を教えてもらい、僕は本当にラッキー。そして欠航が決まって直ぐに予約の振り替え作業をインターネットでしたので、何とか17時の便に替えられました。色々と不幸中の幸いが重なりました。とにかく、秋山さんがいてくれて本当に助かったし心強かったです。最初から最後までお世話になりっ放しで、前日に焼肉ご馳走しておいて良かったぁ~。

とにかく明日の放送をご覧下さい~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-24 09:58 | 生活用品 | Comments(2)

牡蠣の貝殻型ケース

e0074478_14302322.jpg
 今日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた磁器製牡蠣型ケースです。究極的にリアリズムを追求した結果なのかわかりませんが、艶めかしい輝きが本当にそれっぽくて中々の出来栄えだと思います。
e0074478_14311917.jpg
 Porcelaine de Franceとしか入っていないので、何とも言えないものの、おそらく土台はリモージュ産と思われます。牡蠣のむき身を入れてサーブすると素敵そう~。

 さて、今回の札幌でのイベントは中々大変でした~。まだ進行中なのですが。昨日は10時から搬出を始め、結局昼食抜きで5時までノンストップ。いつもは誰かしら手伝ってくれる人がいるのですが、今回は最後まで残っていたブルーキュラソーさんと2人だけだったので、各自の荷詰めで手一杯。結局1人で荷物16箱をまとめました。それから豪雪の中銀行へ行き、再び4プラに戻って会場の掃除。宅配便屋さんに荷物を引き渡し、ブルーキュラソーさんと打ち上げへ。今回は僕の思いつきで、狸小路にあるホルモン屋さんに決定。予約していなかったので、煙モクモクの中40分くらい待って着席。

e0074478_14321415.jpg
 ちょっと頼みすぎました。もう、どれがどの部位なんだかよくわかりません。全種類2人前で頼んでしまったのがいけなかったのだけれど、「2人には多過ぎですよ」って言ってくれなかった店員さんは酷い!と思ったものの、結局残さず全部食べちゃいました。昼御飯抜きだったので楽勝とは言わないものの、問題無かったです~。
e0074478_14324717.jpg
 で、昨日から豪雪ですよ。粉雪が少しずつ積もるのが北海道の雪なのだそうですが、今回は物凄い勢いで湿った雪が降るのが尋常ではないのだそう。今朝は気持ち早めに出てタクシーで札幌駅へ行き、電車に乗ろうとしたら雪で遅れていてホームは人だかり。満員電車で新千歳空港へ。着いたら着いたで出発カウンターは大行列。プレミアムメンバーの列でさえも1時間かかりました。御飯を食べてウランジへ行ったら座席待ちの人が沢山いて、初めての光景にビックリ。でも割と直ぐに目の前の席が空いてビールを飲んでいたら、僕の乗る便の案内開始のアナウンスが流れ、その場へ行ってみると、滑走路封鎖のアナウンスが流れて搭乗口がいきなりクローズ。ウランジに逆戻りして再び座席待ちをしたら、5分と経たずに座れて「これでゆっくりできる~」と思ったら、1つ前の便が欠航となり、明日は我が身で戦々恐々の状態です。僕ったら、本当に帰れるのかしら~?

どうなったかは明日発表します~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-23 14:36 | 珍品 | Comments(4)

BSプレミアム “お宝”を掘り当てろ!! フランス アンティーク旅 出演告知!

e0074478_8594590.jpg
 昨日をもちまして、サッポロ・アンティーク・マーケットは終了しました~。中々の苦戦を強いられましたが、色々な出会いがあり、今後のモチベーションに良い影響を与えそうな要因がたくさんあって、出来たらまた戻ってきたいなぁ、なんて思っています。お越し頂いた皆さん、どうも有り難うございました~。そして今回参加した出店者の皆さん、本当に有り難うございました!

 さて、今日は僕が出演するテレビ番組の詳細をお伝えしたいと思います。BSプレミアム、要するにNHKで、12月25日の夜9時から1時間半。ちょっと微妙なタイトルだし、編集によっては物凄くナゾな内容になる可能性も大なのですが、こればかりは見てみないとわかりません。おそらく僕は3分以上登場するはずなのだけれど、こちらも見てみないと何とも言えません。僕の役どころは、『とと姉ちゃん』の妹役で出演した女優の相良樹ちゃんをヴァンヴの蚤の市とパリの街中の古物市にお連れするというものです。この写真、僕の顔がパンパンですね(苦笑)。実はこの時熱があって絶不調でした。

 僕のことなので毒を吐きまくっていますが、「僕ったらこんな人」というのがダイレクトに伝わると思います。どうぞご覧下さい~!

本日搬出頑張ります~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-22 09:03 | 番外編 | Comments(6)