「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

リンゴのアイスペール

e0074478_9454630.jpg
 いや〜、東京での仮住まい生活は大変です。ウィークリーマンション会社を通じ、前回と全く同じ建物の部屋を借りたのですが、キッチンの水の出が悪くてクレームを付けたら、委託業者が来たものの、その業者がしくじり、今度はシャワーの水の出が悪くなってしまいました。しかも、(その工事とは関係ないけれど)便器のネジが緩んでグラグラ。結局シャワーは上の階の空き部屋で2日やり過ごすことに。そして昨日、再び業者がやってきました。キッチンの水の出は、シンクの下の接合部分が錆びていたたためで、シャワーの方は、最初に点検したときに元栓を全開に戻し忘れたためでした。でも便器のグラグラは直らず。工事するとなると大事になると言われました。でも、そんなものに付き合っていられるほど時間的余裕はありません。再びクレームを入れて、上の空き部屋に移動させろと要求し、それがすんなり通ったので引越しました。昨日はスケジュールがパンパンだったので、超特急で部屋と部屋を何度も往復して汗ダラダラ。こんなに面倒なことが起きても、ウィークリーマンション会社からは何の補償も無いわけで、どこの業界も大変なんだなぁと思ったり。管理不行届きも余裕の無さから来るものなのでしょう。でも大切な部分はちゃんとやらなくてはいけないわけで、自分も気を抜かずにやらなくてはと思ったのでした。それはさておき、出の悪い水道に慣れてしまったため、いちいち蛇口を全開にする癖がついてしまい、部屋を移動してからはずっと水はね被害に遭っています〜。
e0074478_9455775.jpg
 さて、今日はこちら。パリ市内の古物市で購入した、アルミ製のアイスペールです。制作年代は詳しくわからず、でもネット上で見る限りでは60〜70年代のもののようです。おそらくは社名でしょうが、リュクシュウムという刻印についても良くわからず。
e0074478_9462028.jpg
 ネットオークションで、全く同じシリーズの赤いバージョンを発見。でも物凄い値段が付いていてビックリでした。きっと新品同様なのでしょう。こちらは所々擦り傷があるので、当然ながらのお手頃価格。高さが30cmくらいあって、ちょっとばかり置き場に困る大きさゆえ、苦戦覚悟で頑張ります〜。

本日から日曜日まで全速力〜!
人気ブログランキングへ


[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-31 09:56 | 生活用品 | Comments(0)

陶花のバラ付きスチール製シャンデリア

e0074478_1381199.jpg
 実は昨晩販売してしまったのですが、こういうものがありましたというお話しです。パリ市内の古物市で購入したシャンデリア。
e0074478_1382310.jpg
 本体はスチール製で、クリームイエローとピンクの陶器製のバラが付いています。おそらくは60年代のもので、お花はご覧の通り、それぞれにダメージを受けています。でも然程気にならないですし、このシャンデリアが辿ってきた歴史の長さを演出する良い味付けになっているかもしれません。
e0074478_1384584.jpg
 バラは一つ一つ手作りで、指紋が付いていたり。本体は結構な大きさで、しかもバラのせいで物凄い重さです。苦労して運んできたものへの愛着がある反面、売れなかったら物凄く困るわけで、こちらの商品の買い付けは一種の賭けでした。でも昨晩、様々な杞憂は解消され、本日心安らかに休日を迎えることができたのでした~。

本日お休みだけれどやることいっぱい~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-30 13:09 | 調度品 | Comments(2)

パリ焼の青いボンボニエール

e0074478_1043364.jpg
 アリーグル市場で見つけたボンボニエールです。バックスタンプが無いので、おそらくはパリ焼きと思われます。年代は第二次世界大戦の前後だと思うのですが、きっと50年代ではないかなと。
e0074478_1044694.jpg
 花モチーフをロワイヤルブルーと金線で縁取っていて、かなりマダムな感じがしますね。でもこういうの結構好きなのです。
e0074478_105134.jpg
 細密画のような感じではなく、割とささ~と描いているので、おそらくは戦後のものでしょう。
e0074478_1051234.jpg
 さて、昨日は友人達と一緒に新宿二丁目の居酒屋で食事をし、その後街に繰り出したのですが、ブルボンヌちゃんに20年以上振りに会えて嬉しかったです。彼とは日本初のインターカレッジLGBTサークルの同窓生で、彼が女装するずっと前からのお友達。当時からサークルの運営に積極的で、今のような活動に繋がる素地がすでにあったと思います。ブルちゃん、僕のことを覚えてなかったらどうしようと思ったけれど、やっぱり大学時代のことは忘れませんね。昨日食べたご飯のことは忘れるけれど(笑)。写真は街で見つけた不思議な看板。ユリだから、レズビアンが集まる場所なのでしょうか。しかも料亭って書いてあって、一体どんな料理を振舞っているのやら。
e0074478_1052317.jpg
 チョコボール向井さんのお店。生前、金子國義先生が良く通われていたようです。
e0074478_1053461.jpg
 街は物凄い人の出で、外国人も沢山で観光地化されていました。こちらは、とあるオープンバーのトイレに貼ってあったもの。敢えてキレイにしようとしてないところが新鮮。それはさておき、僕は気付かなかったのですが、そのオープンバーで我々の隣の席に女優の東ちづるさんがいたのだそう。新宿二丁目はやっぱり観光地になってますね~。
 

エキゾチック・ジャパンな感じでした~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-29 10:07 | 調度品 | Comments(2)

蚤の市イベント@プピ・エ・ミミ in 代官山 オープニングリポート

e0074478_1124925.jpg
 昨日からイベントがスタートしています~。午前中は雨が降っていたので、いつもより遅めの10時半に集合し、徐々に商品を出し始めましたが、やはりお客様は12時からやってきて下さいまして、少々スピードをアップさせたつもりでも全然進まず。平山夫妻に手伝ってもらいながら、結局2時過ぎまでかかりました。箱の数だけ見ると1~2個少ないのですが、商品数に変わりが無く、というか増えていたようで、今回はかなり大変でした。
e0074478_1134111.jpg
 でもまあ、何とかなりました。一段落の状態で、楽しみにしていたお昼ご飯に出かけましたが、イベント会期中ほぼ毎日通っていた水炊きのお店、『蟻月』が閉店していたのには大ショック。プピ・エ・ミミさんは来月閉店だし、蟻月は無くなるわで、僕の代官山は終わりました(泣)。某ブランドの路面店も消えていたし、近くの雑貨店も閉店セールをしていて、もしかしたら代官山は今、代替わりの時期なのかも。
e0074478_113527.jpg
 あっという間に6時になり、レセプションパーティがスタート。どんどんお客様が増えて行き、しかも大口の方が何人もいて、お待たせして申し訳なかったのですが、レジに列が出来てしまう程の盛況ぶり。クーラーが効かないくらいの人いきれ状態でした。同業者の方達にも沢山来て頂き、なんやかやと仕入して頂いたりして(笑)。バタバタの極限状態だったので、写真が撮れなかったのが残念。外の商品をお店に入れてからは、ご近所のご夫妻とヘアサロンの輩が乱入してきて飲み会に。ヘアサロン社長の意地悪オネエ振りに翻弄されながら、結局お開きは2時でした~。


友くんの“パリの蚤の市”展 numéro13
会期:~6日5日(日)迄
5/30(月)のみ定休日
pupi et mimi
〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町13-5 代官山ステラハウス1-A
TEL: 03-5456-7231
営業時間: 12:00~19:00

本日も張り切っていきます~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-28 11:04 | 番外編 | Comments(2)

蚤の市イベント@プピ・エ・ミミ in 代官山 本日スタート!

e0074478_9141147.jpg
 本日より、代官山プピ・エ・ミミさんにて蚤の市イベントがスタートします~。昨日は今までの最高記録で、撤収時刻が2時でしたが、荷出しは全然終わっていません(泣)。
e0074478_914547.jpg
 その前日に10時間寝ていたので、搬入日は比較的最後まで元気に過ごせましたが、今朝は5時間睡眠で、しかもちょっとした興奮のため眠りが浅かったかも。それはさておき、先日ご紹介したシャンデリアはこの通り設置完了。今回は特にこの人に手こずってしまったかも。
e0074478_9154994.jpg
 毎回のことですが、店主平山夫妻の奥様にディスプレイをお願いしましたが、まだ飾り切れてなくて、本日10時に集合して開店時間の12時にまで間に合わせたいと思います。ま、いつものようにそれは無理なんですけれどね(笑)。

e0074478_916516.jpg
 心配していた雨も止んでくれそうなのでホッとしています。18時からのレセプションパーティも無事にスタートできそうです~。

友くんの“パリの蚤の市”展 numéro13
会期:2016年5月27日(土)~6日5日(日)迄
5/30(月)のみ定休日
pupi et mimi
〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町13-5 代官山ステラハウス1-A
TEL: 03-5456-7231
営業時間: 12:00~19:00

皆様、お待ちしております~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-27 09:17 | 番外編 | Comments(2)

アラビアのティーポット

e0074478_9122123.jpg
 パリ郊外の古物市で見つけた、フィンランドはアラビア社製のティーポットです。おそらくは半磁器で、取っ手は竹製。そのまま、東洋的な雰囲気です。
e0074478_9123598.jpg
 物凄く遠い場所からこのポットが視界に入り、「あ~、あのポット懐かしい~」と思って近付き、底面を見たらアラビアと入ってました。40年以上この事実を知らなかった~。実はこのポット、白と焦げ茶のバージョン2個が実家にあって、毎日のように目にしていたのです。おそらくはサウジアラビアにいた時の麻雀の賞品だと思うのですが。2つあるということは、両親それぞれが男女の部で優勝したってことなんでしょうかね。それはさておき、実家でこれを母親に見せたら、焦げ茶バージョンは割れて捨てたそうですが、白い方がまだあり、比較してみると、実家のものはマット仕上げでした。こちらはブリリアント。「うちの方が品が良いわね」とディスられました(笑)。
e0074478_9125217.jpg
 口部分に少々茶渋が付いているくらいで、ほぼ未使用状態。フタの一部に貫入が見られますが、状態としてはかなり良い方かもしれません。少なくとも実家にあるポットよりはきれい。ウッラ・プロコペというデザイナーによるもので、1965年から69年の間に製造されていたのだそう。我が家ではもっぱらほうじ茶を入れるポットとして使用していて、これを見ると条件反射的にほうじ茶の香りがしてきます。ということで、日本茶にもピッタリです~。

明日から代官山で販売します~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-26 09:15 | 生活用品 | Comments(0)

磁器製花付きトレイ

e0074478_955259.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、磁器製のトレイです。一見すると奇怪な感じですが、実物はとても優美な雰囲気です。
e0074478_96848.jpg
 底には、猫脚ならぬ木を象った脚が付いています。一応トレイの体裁をとってはいるものの、花が付いているので物を載せるには適しておらず、ほとんどオブジェといえるかも。要は生活に不必要な奢侈品で、ブルジョワ以上のご家庭で飾られていたものに違いありません。
e0074478_962356.jpg
 一応窯を示すマークがハンドペイントされてはいますが、全く知らない形状のもの。トレイの雰囲気からすると、ややドイツっぽい感じもするし、もしかしたらパリ焼なのかもしれないし。年代も不祥。でも少なくとも戦前の制作で間違いなさそうです。
e0074478_964127.jpg
 花びらと葉と枝に欠損がありますが、ほとんど目立ちません。中々珍しいものなので、ゆっくり焦らず販売したいと思います~。

先ずは代官山にて販売開始~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-25 09:08 | 調度品 | Comments(0)

蚤の市イベント@オソブランコchapitre7 in 大阪告知!

e0074478_1036179.jpg
 昨日、日本に戻ってきました~。珍しく時差ボケがなく、ほぼグッスリ眠れたかも。途中、地震で起こされましたけれどね。「パリなのに地震? あ、ここは日本かぁ」と日本にいることを強烈に意識したのでした。今回時差ボケがなかったのは、出発2日前の土曜日に古物市8ヶ所を巡ってクタクタだったからかもしれません。教会とか公民館のバザーとか、8ヶ所の半分くらいは何も買うものが無く空振りでしたが。で、今日は新商品のリスト作りとフェイスブックでのイベント告知の作業で終わりそう。というか、さっきフェイスブックのイベント告知をしたのですが、リストを見ながら招待客をピックアップするだけで1時間くらいかかっちゃいました。そもそも、物凄い数の中から東京および近郊にいそうな人を選ぶのが大変だったし(招待漏れしていた場合はごめんなさい! とにかく直接お越しください~)、パソコンにはフェイスブックのページが重過ぎるのか、動作がどんどん遅くなっていきウンザリ。まだ午前中なのに、すでに頭ボンヤリですよ。今度からスマホで作業することにします~。

 さて、本日は大阪のオソブランコさんでのイベントを告知したいと思います。いつもながら、特にテーマを決めて買い付けていないので、そのまま雑多な感じになると思います(笑)。このDM写真では商品数少なく見えますが、実際は凄いですのでご安心ください。

 今回から会期を1日延ばして6日間とし、レセプションパーティを木曜日の夜18時からスタートさせる予定です。金曜日の夜に来ても、シャンパンとハム・チーズは出てきませんのでご注意を!

友くんのパリ蚤の市散歩Chapitre7
2016年6月9日(木)~6月14日(火)
12時~20時営業
期間中無休
※最終日のみ~18時
オソブランコ
〒556-0021
大阪市浪速区幸町1-2-36 2F
tel/fax06-7504-4332

お待ちしてます~
人気ブログランキングへ





日本でお目にかかります~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-24 10:37 | 番外編 | Comments(2)

東洋柄のバケツ型カン

e0074478_210927.jpg
 全然時間がありません~! そもそも飛行機の時間を1時間くらい間違えていて、更に荷物の重量がオーバーしていたので箱を開けて物を取る作業をしなくてはならなくなり、しかも出国審査が物凄い行列で、今やっと解放されたのですが、直ぐに飛行機に乗らなくては・・・。というわけで、マッハの勢いでブログをアップ。今日はこちら。パリ郊外の古物市で見つけた東洋柄のカンです。日本というよりかは中国っぽいですかね。
e0074478_2103823.jpg
 イギリスからやってきたもののようです。ちなみにフタのつまみはベークライト製。カンのスペシャリストでもないので何とも言えませんが、大体40~50年代でしょうか。こちらのカンはオソブランコさんのDMに登場しています。告知しなくちゃですね。あ、もうダメ。そろそろ行かなくちゃ。

日本でお目にかかります~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-23 02:12 | 生活用品 | Comments(0)

シガーケース

e0074478_1385318.jpg
 アリーグル市場で見つけたシガーケース(だと思う)です。売っていた顔馴染みのオッサンは「ナポレオン3世時代のものだ」と豪語していましたが、1枚板ではなく、上に化粧板を貼り付けたもので、どう考えても違います。おそらくは1950年代以降のものでしょう。それでもかなりの重厚感があり、また真鍮製の蝶番やカギの部品類がしっかりしているので、当時はそれなりの値段だったはずです。


e0074478_139982.jpg
 中は2層構造になっていて、この下にもシガーを入れられるようになっています。


e0074478_1393223.jpg
 問題はカギ。最初から付いていなかったのですが、こんなに立派なのにカギがついてないのも残念だと思い、受け部分を外してBHV(パリの東急ハンズ)へ行き、職人さんに作ってもらいました。これがかなりのお値段で、実は箱よりも高くついたりして。カギも自分で作れるようになったらなぁ、と思ったのでした~。

究極的に頑張れば作れるのでしょうが・・・
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-21 23:16 | 調度品 | Comments(0)