<   2015年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

アンリアレイジ 2016春夏

e0074478_19222215.jpg
 昨日からパリコレが始まりました~。通常初日は緩やかな感じなのですが、今回はショーの他にプレゼンテーションやらパーティやらがあって、意外とスケジュールは密に詰まっていて、行く先々では中々の賑わいではありました。初日話題をさらったのが、期待のホープ、森永邦彦によるアンリアレイジのコレクション。

e0074478_19223386.jpg
 1枚目の写真と同じ服なのですが、フラッシュを当てて写真を撮ると、このように違うニュアンスのモチーフが浮かび上がります。

e0074478_19224871.jpg
 会場へ行くと、席にはヘッドフォンが置いてあって、「スマートフォンでフラッシュを用いて写真を撮りながらご覧ください」みたいな注意書きの紙が。僕のi-phoneは化石みたいな3Sなので、対応してないのではないかと思い、そのことを担当者に話すとi-phone6を貸してくれました。

e0074478_1923182.jpg
 でも、結局デジカメでフラッシュを使いながら撮影すれば問題ありませんでした。これ、タネを明かすと、作業服やスポーツウェアに使われている反射板を応用しているのでした。

e0074478_19235510.jpg
 フラッシュで照らすと全く違う色が浮き上がり、会場からは驚きの声が洩れました。そして音楽も中々面白くて、ヘッドフォンからは高音だけが流れ、ヘッドフォンを外すと重低音が鳴り響いていました。こちらはサカナクションの山口一郎の作品だったそう。アンリアレイジらしいパッチワーク作品も登場。遠目からは単色ですが…。

e0074478_192485.jpg
 フラッシュを当てると、ご覧の通りマルチカラーのモチーフが見え、まるで万華鏡のよう。

e0074478_19242319.jpg
 こちらは、構築的で凝ったカッティングでボリュームを出したドレス。

e0074478_19243486.jpg
 フラッシュを当てるとステンドグラスのようなモチーフが浮かび上がりました。毎回物凄いアイデアで驚かしてくれるのは良いとして、ネタ切れを心配する声も出たりしますが、個人的には、このまま突っ走ってくれそうな気がします~。

次回も本気で楽しみです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-09-30 19:26 | パリコレ | Comments(4)

なんちゃってミニーのブローチ

e0074478_20392272.jpg
 この前の日曜日に見つけた、コワ可愛いミニーちゃんのブローチです。もちろんライセンス商品ではなく、おそらくはアーティスト崩れみたいな素人が勝手に作ってしまったもの。ですので、ミニーちゃんというのは正解ではなく、何なんだろう、女の子の格好をした得体の知れない動物?

e0074478_20393635.jpg
 素人作なので、当然ながら裏側の作りも粗いです。表面上はそれなりで舞台裏はグチャグチャというのがフランスっぽいですね。素材は樹脂粘土で、上からニスがベッタリと塗られています。

 とまぁ、けなすようなことを書いているものの、本当はたまらなく好きなタイプ。ただ綺麗なだけのものも好きではありますが、それ以上でもそれ以下でも無い場合がほとんどで、そういったものに慣れてしまうと、今度は突出したものを欲してしまいます。そうして素人による奇跡的な作品を見つけると、ついつい手が伸びてしまうわけです。とはいえ、きっと簡単には売れないだろうから、ひとまずパリコレの時に身に着けるグッズコーナーに入れようと思います~。

誰か欲しい人います~?
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-09-29 20:41 | 装飾品 | Comments(4)

アルザのコーヒーポット

e0074478_039481.jpg
 こちらも買いたてホヤホヤのコーヒーポット。一昨日、パリ市内で行われていた古物市で見つけました。

e0074478_040767.jpg
 アルザという商標が付いていますが、どのような会社なのかはわからず。おそらくは1940~50年代の制作。本体は銅にニッケル・クロームメッキを施しています。持ち手の一部とフタの取っ手はベークライト製。

e0074478_0403249.jpg
 現在の状態ではこんな感じですが、今後掃除をする予定。とか思いつつ、結局は出発ギリギリになって慌てて作業をするのが眼に見えていたり。最近はコーヒーポットを販売しても、見向きもされませんが、誰かカフェをオープンする人が、あるいはカフェを経営しているご主人がフラッとやってきて買ってくれるはず、という夢想を抱き続けていて、それが最近は半分妄想と化していて、在庫がどんどん増えているのが問題です。コーヒーポット買い付け病という病に罹っているのかもしれません~。

売ってるの見たら欲しくなるんですもん~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-09-28 23:29 | 生活用品 | Comments(0)

唐草モチーフの額縁

e0074478_1252964.jpg
 今日はとうとう古物市7カ所を巡ってきました~。明後日からパリコレが始まり、どうしても週末は動けないので、ある程度数を揃えるために頑張らなきゃと思い、ちょっと焦りながら動きまくった結果が7ヶ所。で、今日はこちら。買いたてホヤホヤの額縁です。パリ市内の古物市で見つけました。

e0074478_1254389.jpg
 年代は特定できませんが、ニスのくたびれ具合から、おそらくは50年以上経っていると思われます。

 額縁の多くは、細長い状態の木材を4つ切り出して組み合わせますが、こちらは一枚板から掘り出していて、工芸品の域に達しているもの、と勝手にカテゴライズしてみましたが、熟練の職人の手によることは確か。と思いつつも、疑いの目を持ちながら裏側をジックリ眺めてみると、何だかちょっとおかしい感じ。試しにカッターで一部を削ってみたら、あれれ、木ではなくてスチロール系の地肌が出てきました。ということで、型抜きだったことが判明! ちょっとガッカリ。

e0074478_126181.jpg
 まあ、それでも元々の木彫がダイナミックで、中々立派な見栄え。繊細な中にゴツさも漂わせるものの、スチロール製なので持ってみると意外なくらいまでにあっさりな感じです。僕が額縁を販売する場合は、ガラス板を入れて裏に留具を付け、押さえ板を作りますが、今回はこのままにしておきたいと思います~。

明後日からパリコレリポート開始~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-09-27 23:51 | 調度品 | Comments(10)

おさげの女の子人形

e0074478_1423634.jpg
 パリ郊外の古物市で見つけた、おそらくは70~80年代のものと思われるお人形。何となくホリー・ホビーの影響を感じさせます。う~ん、これも昨日のバンビの引き車同様あまり可愛くないのですが、妙に自信満々な表情をしていて、それがちょっとした恐怖感を与えますね。19世紀末のリアルなビスクドールとは全く違う次元に位置する、可愛さよりも個性を重視した、正にフランスらしいお人形です。

e0074478_1424944.jpg
 キットで売られていたものを一般人が作った、とかそういうものではなくて、ちゃんとしたプロが制作しています。難しい顔の曲面にはきれいに布が貼られていて、眼と口は手で彩色。意外としっかりした技術に裏打ちされていたりします。ということで、これはこれで許せるかなと。まぁ、そう思うのは僕だけかもしれませんが。ひとまず日本へ連れて行って、皆さんの審判が下るのを待ちたいと思います~。

今日は古物市6ヶ所行きました~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-09-26 23:10 | 人形シリーズ | Comments(6)

バンビの引き車

e0074478_23242086.jpg
 どこで買ったのか忘れてしまいましたが、バンビの引き車です。ビニール製。おそらくは50~60年代のもの。

e0074478_23243387.jpg
 高さは33cm。面倒な作業を避けるためか、耳がくっついて1つになっているのが微妙なところ。それでもバンビに見えるのだから不思議です。全然可愛くないのに、可愛いと思う人が沢山いるはず、という作者の自信のようなものも漂っていて、フランス人って本当に凄いなって思います~。

これが売られていたというのが奇跡~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-09-25 23:25 | バンビシリーズ | Comments(2)

オパリーヌガラス製祭壇用花瓶

e0074478_0551767.jpg
 パリに戻ってきました~。今日は早起きして部屋の掃除機がけをし、アリーグル市場へ。そうしたら、広場の蚤の市に、同業者と思われる日本人女性が2人。友人いわく、僕がパリにいない間に、もの凄い数の日本人業者が毎日来ていたそうで、今までの英国アンティークとは違う、フレンチ蚤の市ブームの到来をこんなところでも実感できたのでした。僕が書いたものだけでなく、フランスの蚤の市についての本はたくさんあり、それらを読めば大概のことがわかり、ネットでの情報もあり、普通に行きやすくなっているし、僕がブログで発表したものをイベントや催事で販売しているのを見ると、割と簡単にやれちゃいそうだと思うのかもしれませんね。まあ、僕みたいに実地販売ではなく、ネットでビジネスをすれば実際に簡単なことは確か。でもですね、業者が増えて物が溢れると飽きられるのも早いと思うわけです。ブームというのは怖い。ジェイアール名古屋タカシマヤさんでのトークショーでも話をしましたが、ブームが去ったら僕も淘汰されてしまう可能性があります。もしそうなったら、それは単純に僕の蚤の市への情熱が無くなったから淘汰された、と説明できそう。今のところ、情熱は無くなりそうもないですが。そんなことを考えながら帰りのバスに乗っていると、乗車券を持っているかどうかを調べる検査員が乗り込んできました。僕は銀行引き落としの定期券を毎月買っているので問題なくパスしましたが、使用済みの切符を何枚か持つマダムが引っ掛かりました。「いつもはちゃんと切符を買っているのに、今日はたまたま未使用の切符が無くて乗っちゃっただけなのよ~」と抵抗。身なりは悪くなく、お金に困っている感じには見えません。それなのに、面倒くさいからという理由で切符を買わずに無賃乗車するわけです。抵抗してもどうしようもないのに、大声で自己弁護。そんな姿を恥ずかしいと思う感覚が無いのはフランス人だからなのでしょう。それ以前に、日本のように乗る時も降りる時も切符を機械に通すシステムを採り入れれば良いだけだと思うのですが。やはり日本とは全く違う異国に来たのだ、と愕然としたのでした~。

 さて、今日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、オパリーヌガラス製の花瓶です。祭壇用としたのは、僕が何となくそう思ったからであって、確証はありません。

 おそらくは20世紀初頭のもの。高さは21cm。欠けもヒビも無い、重厚感タップリの花瓶です。状態が良いので、屋内で使われていた、もしくは全く使われていなかったのかもしれません。

e0074478_055339.jpg
 祭壇用としたことについて、何となくそう思った理由は無いわけではないので、ちょっとだけ書いてみることにします。先ず1つ目。この花瓶には、制作の時の型の跡がくっきり残っていて、それは邸内に置く質の高い調度品というよりも、お墓などで使う一過性のものだったのではないかと思いました。19世紀から20世紀初頭にかけてのお墓は、縦長の箱型の密閉された家のような構造のものが多く、前面のドアを開けて出入りできるようになっているものがほとんど。お墓内には祭壇が設置されていて、そういった場所に置かれていたのではないかと思います。

e0074478_0554671.jpg
 そしてこのリング。女性と思われる手の薬指にはリングがはめられていて、これは未亡人が夫に花を捧げている動作を表現しているのではないかと思ったのです。もしそうであるとすると、この花瓶が使われると花瓶自体に様々なストーリーがまとわりつき、霊的なものを見通せる人には、この花瓶1つで持ち主の生き様を読み取れたりするのかも、なんて考えたり。というのは僕の妄想なのですが、そんなことを考えるとゾクゾクして、古いもの探しが止められなくなるのです~。

ほとんど病気ですね~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-09-24 22:49 | 調度品 | Comments(10)

フランス展@ジェイアール名古屋タカシマヤ まとめ

e0074478_119669.jpg
 お陰様でジェイアール名古屋タカシマヤさんでのフランス展が無事に終了しました~。祭日・好天続きで苦戦を強いられましたが、とにかく終わってホッとしています。お越し頂いた皆様、どうも有難うございました! そして搬出を手伝ってくれた社員さん、マネキンさん、周辺のお店の方々、どうも有り難うございます~。4時間くらい掛かったけれど、それ以上にならずに済みました。

e0074478_1192096.jpg
 さて、こちらは、目の前に出店していたクレアシオン・フランスのブースの机の上に置いてあったフリップ(パウチ(死語)されたパネル)。

e0074478_1194151.jpg
 クレアシオン・フランスのクリエーター、ダンケルク在住の味岡さんのお兄様はカリスマ的な販売士というか通販マンのベガス味岡さん。可愛い妹のために、商売道具である自慢のフリップを持参してわざわざ東京から駆けつけたのでした。それでお兄様が席を外している隙にフリップを拝借し、売り場を演出してみました。「売れてるわよ」なんて大袈裟で、真っ赤な嘘かも(笑)。

e0074478_1195555.jpg
 ベガス味岡さんはオネエ言葉を巧みに操りながら、たくさんのフリップを矢継ぎ早に出して商品アピールするという芸風(?)で、テレビショッピング番組で5分間に1億円を稼ぎ出したこともあるのだとか。オネエ言葉は本場新宿2丁目仕込み。全てビジネスのために習得したのだそう。ということで、本当はオネエではなく、『有吉反省会』に出演して世を欺いていたことを懺悔しています(その時の模様はYoutubeで見つかるので、ご興味ある方は探してみて下さい)。

e0074478_11101044.jpg
 実際にお会いすると、全然オネエでも何ともない、ダイヤモンドスマイルが眩しい男性らしい男性。僕はてっきり、テレビショッピングの制作会社に雇われて、商品説明をしているだけなのかと思っていましたが、自分で商品を仕入れ、テレビショッピング番組で販売しているのだそう。かなり大きな規模のビジネスをしている立派な実業家です。僕については、「キャラが立ってるのでメディアに出ればいいのに」なんて言って頂いたけれど、ひな壇に座ってコメントしている自分を想像できないので無理でしょうね。日本に帰ってはテレビに出て荒稼ぎしている某お友達というのもいたりしますが、露出慣れしてないので真似出来ない…。

e0074478_11105187.jpg
 さて、こちらは催事のチラシに登場していたクマちゃんを、垂れ幕にも載せて頂いたので写真を撮ってみました。

e0074478_11111956.jpg
 ちょっとお値段高めだったかなぁ、と危惧していましたが、それ以前に注目さえされず、とうとう会期終了を迎えたのでした。

 とまぁ、全てが良い感じで終わったわけではなかったものの、それらを補って余りある沢山の楽しい出会いがあったし、美味しい食事を満喫できたしで、良い滞在だったとしみじみ。今回は特に「名古屋に来るのを楽しみにしてます」と仰って下さる方が何人かいらして、そう言ってもらえるうちは頑張りたいなぁ、と思ったのでした。早速、明日から仕入れに出ます~。

3時間後にパリへ向けて出発~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-09-23 11:14 | 番外編 | Comments(6)

ル・クルーゼのフォンデュ鍋セット

e0074478_8435720.jpg
 よせばいいのに、またまた買い付けてしまったル・クルーゼのフォンデュ鍋。鍋、アルコールランプ台、受け皿、フォークのセットです。ビックリすることに4つバラバラに購入しました。でもそれぞれ同じ60年代のものです。

e0074478_8441651.jpg
 こちらはアルコールランプ台に付いていた、フォンデュの作り方。グラン・ヴフールのオーナーシェフだったレイモン・オリヴァーによるものです。

e0074478_8442710.jpg
 ごくごく普通のサヴォア風フォンデュから、バーニャカウダーのようなソースまで、バラエティに富んでいます。ビリビリになったものをテープで留めてあって、かなり読み辛いですが。

 さて、名古屋髙島屋さんでのフランス展も本日をもちまして終了となります。最後のひと踏ん張りをし、恐怖の搬出を頑張りたいと思います~。

『フランス展』於:ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催会場
本日午後6時閉場
〒450-6001
愛知県名古屋市 中村区名駅1−1−4 JRセントラルタワーズ内
電話:052-566-1101

ベガス味岡さんは目の前で接客中です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-09-21 08:44 | 生活用品 | Comments(8)

ベカシーヌのお人形

e0074478_9114128.jpg
 ブルターニュのお手伝いさんキャラクター、ベカシーヌのお人形です。パリ郊外の古物市で見つけました。

e0074478_9115254.jpg
 現在もほとんど同じ形で制作されていますが、素材が違うのと、現行品は足のところにタグがついています。こちらはおそらく1950年代のもの。

e0074478_914968.jpg
 毛糸を巻きつけて靴下のストライプを表現しているのが特徴的。ズロースも丁寧に作られています。

 ところで、昨日は色々な意味で大苦戦を強いられました~。先ずはウィークリーマンションのごみ置き場にて。鍵で扉を開けたのは良かったものの、捨て終わってから鍵が抜けなくなり、マンションの管理会社に電話したりしてタイムロス。結局抜けましたが、10分くらい掛かってしまい、当然朝礼は遅刻。そして売り場でも大変な事態に。シルバーウィークだから来場者がたくさんという触れ込みだったけれど、フタを開けてみたら平日よりも少ない印象。僕のブースにはそれなりにお客様がいるのに、買って行く人はほとんどいなくて、そのまま閉店時間を迎えてしまいました~。今までで最低の売り上げ…。ま、こういう時もありますね。本日どういうわけか、ベガス味岡氏が来場する予定なので、彼に指南してもらおうかしら~。

本日14時半からトークショー第二弾!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-09-20 09:14 | 人形シリーズ | Comments(2)