「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

60年代の壁掛け時計

e0074478_284013.jpg
 明日は5月1日でメーデー。日本では“春闘”という言葉と共にニュースで連呼されるくらいで、あまり馴染みの無い日ですが、社会主義のフリをしているフランスでは立派な祭日です。例年通り、街中にスズランを手にした人で溢れ返るのでしょう。どうしてメーデーにスズランなのか良くわかりませんが、偶々時期が重なっただけのようです。ということで、明日は仕入れに出ることにし、当初行く予定にしていたアリーグル市場は今日行くことにしました。でもあいにくの雨。蚤の市は1軒だけしかやってませんでした。仕入れはあきらめて野菜と果物を買い込み、気になっていた閉店セール中の近くの家具屋へ。バスチーユ一帯は昔から多くの家具職人が住み着き、フランス革命時に最も熱くなったのがその職人街だったのだそう。で、いまだにその名残が散見できるものの、古臭い家具しか扱わず、時代の流れに乗り遅れた店は潰れる運命に。で、今日伺ったお店もそんな感じ。その昔は高級家具店として名を馳せたんだろうなぁ、と思わせるほどの立派な門構え。地下と地上階、そして2階の3層構造で、家具を置くにしても無駄に広くて落ち着かない感じです。僕だったらこのスペースをどう有効活用するだろうか。レストランにしたら人件費が掛かって大変だろうから、バスチーユという場所柄、クラブだとしっくりくるかも。店主のオッサン多分ゲイだろうから、このまま物件をキープして、ちょっとハードなゲイクラブとかサウナにしても流行りそう〜。あ、でもインターネットのせいで人なんか来ないか、なんてゴチャゴチャ思いながら商品を物色。全品40%オフ。でも欲しいと思う物が全然無くて困りました。しかも目玉が飛び出るほど高い! すでにヴィンテージ以上になっているようなススけた額縁が普通に500ユーロ。細工が施されているシノワズリーの棚が10000ユーロとかしてて、これじゃ潰れるわな、なんて。仕方ないので天井を見上げると、古めかしい、ホコリだらけの、でも素敵なシャンデリアがたくさん吊るされています。中でも横広がりの小さめのシャンデリアが可愛らしく、お値段を聞いたら2000ユーロで可愛くない。4割引で1200ユーロですって。本体はブロンズで、装飾はボヘミアのクリスタルとはいえ、無理…。蚤の市にどっぷり浸かり切っている僕にとっては、このお店の値段は夢のよう。オッサンに「若いねぇ」とお世辞を言われ(年齢を聞かれて素直に44歳って答えた僕)、「また来て頂戴」なんて色目を使われたけれど、無意味に高過ぎるのでもう行きません。4割値引きというのは実はウソで、元値よりも高くして4割引と謳っているのかも、と疑ったり。安さ至上主義に慣らされてしまっている現代人にとって、本当に価値のあるものを見出すことが難しい時代になってるのかも、なんて思ったりしたのでした。

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-04-30 23:47 | 調度品 | Comments(0)

赤ウサギの引き車

e0074478_18111121.jpg
 この前の土曜日に、パリ市内の古物市で購入したウサギの引き車です。シカとか犬の引き車は珍しくないですが、ウサギは結構レアかもしれません。

e0074478_18113170.jpg
 高さ24cm、横幅24cm。表面素材がピーチスキンのように半起毛させたコットンで、中綿が木毛、目がブーツボタン。1930年代のフランス製と思われます。車輪も全て揃っているし、まずまずの状態。

e0074478_1812334.jpg
 この時代のフランスのぬいぐるみにしては、まあまあのバランス具合でしょうか。フォルムの美しさも中々ですが、おそらくはこの時代にすでに高い評価を得ていたシュタイフのウサギを参考にしていたのではないかと思われます。

 日本でのぬいぐるみブームも落ち着き、最近はそうそう簡単に売れるアイテムではなくなりましたが、この子の里親も気長に探したいと思います~。

あれれ、3週間後には大阪でイベントです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-04-29 18:12 | ウサギシリーズ | Comments(0)

アール・ヌーヴォー様式の木製トレイ

e0074478_23581839.jpg
 この前の週末は狂ったように仕入をしてしまい、お陰で部屋は大混乱。足の踏み場が無く、食卓、イスの上にものを置かざるを得ず、当然ながら座れません。それ以前の話で、日本から帰ってきた直後以外は、部屋は常にもので溢れ返っているので、座って食事なんて優雅な習慣が無くなってしまいました。「立ち食いって落ち着くよねぇ」と自然に思える程の境地には達していませんが、日本の立ち飲み屋には十分対応できる身体になったかも~。

e0074478_23585737.jpg
 さて、今日はこちら。先週の土曜日にパリ市内の古物市で見つけた、アール・ヌーヴォー様式の木製トレイです。ご覧の通り、経年のほころびはあるものの、それなりの状態を保っています。

e0074478_23593152.jpg
 おそらくは1900~1910年頃の制作。ブドウは、この時代に多く見られたモチーフで、先日ご紹介したコートフックや、去年仕入れたペイントしたガラス板をはめ込んだトレイのように、葉だけを用いたものも沢山存在します。ワイン生産世界一の国らしいですね。

e0074478_23595152.jpg
 残念ながらサインはありませんが、ブドウの立体感や幹の繊細な表現を見るにつけ、それなりの作り手が彫ったものと思われます。果物を置いたり、包装されたお菓子を置いたりしてお使い下さい~。

生もの直接はNGです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-04-28 20:05 | 調度品 | Comments(0)

ロヤイルコペンハーゲンのブルーフルーテッドピルケース

e0074478_291934.jpg
 前回日本へ持って行ったブルーフルーテッド柄のピルケース。気付いてくれた人は何人かいましたが、手の平サイズというか、極小過ぎて皆さんの目に入らなかったようです。

e0074478_294043.jpg
 ブルーフルーテッドのピルケースって、お皿やカップ&ソーサーに比べたら結構珍しいんですけどね。でも、そもそも需要が少ないからたくさん作られてないとも言えるのか。買った当初は気付かなかったのですが、日本に持って行ってから本体に垂直にヒビが入っているのを発見。ああ、残念!

e0074478_295951.jpg
 コペンハーゲンのNに横棒が引っ張ってあるので、こちらは1966年の作。ほぼ50年経っていますね。

 仕入値が結構したので強気値段をつけちゃいましたが、ヒビが入っているのがわかってもそのままにしてしまいました(懺悔)。次回はそれなり値段に下げます~。

陶磁器はいまだに失敗多数~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-04-27 01:42 | 調度品 | Comments(0)

アールヌーヴォー様式の銅製ヤカン

e0074478_005592.jpg
 アリーグル市場で見つけたヤカン。ちょっと凹んではいますが、取っ手の籐もしっかり残っていて、まずまずの状態。

e0074478_021982.jpg
 アールヌーヴォー様式でも、かなり簡素化されているので、おそらく20世紀初頭のものと思われます。

e0074478_012885.jpg
 花のような何かのような、そんな訳の分からない象徴的で有機的なモチーフが素敵。正にアール・ヌーヴォー。

e0074478_01592.jpg
 実は買った当初は真っ黒けで、歴史の重みと骨董品としての有り難みが無くならない程度に磨いてここまでにしました。真っ黒なままだと、実際に使用したいと思う人が手に取ることもしないので必死にゴシゴシ。でも完璧にキレイにしちゃうと、途端に偽物感が漂ってしまいます。いい塩梅って難しいですが、とにかくこの辺でストップすることにします~。

内側も掃除しなきゃ~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-04-26 23:53 | 生活用品 | Comments(0)

リンゴ柄のキャニスター

e0074478_3535182.jpg
 今日は一日中雨の予報で、仕入は厳しくなると覚悟していましたが、実際はポツポツ降る、あるいは一瞬だけドシャ降りになるくらいで大したことなく。結局、朝からパリ市内2カ所を巡り、昼食のために部屋に戻り、パリ市内もう1カ所、そして郊外へ。計5つの古物市へ行けたので、かなり充実してたかも。明日も頑張ります~。

e0074478_3541186.jpg
 さて、今日はこちら。最近は誰も見向きもしない(笑)陶器製キャニスターです。先ほど、パリ市内の古物市で見つけました。

e0074478_3542716.jpg
 6個揃っていませんが、こちらの塩入れが付いているのがレアかもしれません。

e0074478_3544850.jpg
 実はこの形のキャニスターって、黄色の地に花柄がステンシルで描かれているバージョンが存在します。松屋銀座さんの催事でご一緒させていただいていた、真向かいのアンティーク&ヴィンテージを扱うショップで販売されていました。毎日見る度に素敵だなぁって思ってたので、かなり影響されたかもしれません。塩入れは無かったですが、キャニスターは6個揃っていました。

 でも、陶器は震災後売れ筋商品ではなくなり、やはりそのお店でも最後まで里親は見つかっていませんでした。今回、僕も付き合いが長くなるのを覚悟で購入。ま、毎日眺められるんだから幸せだと思うことにします~。

いずれにせよ苦戦・苦労しそう~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-04-25 23:56 | 生活用品 | Comments(0)

パリ焼きのコンポチエ

e0074478_22265269.jpg
 先ほどアリーグル市場で仕入れてきたコンポチエです。こういうオバチャマ受けしそうなロココっぽい柄を見ると、ごく自然にウットリする自分がいたりします(笑)。ゴミ&泥棒だらけのアリーグル市場でエモーショナルになる僕。

e0074478_22271447.jpg
 これって何て書いてあるんだろう。最初の筆記体の文字が読めない…。Boy? なんてことはないか。とにかくパリ焼きで、おそらく19世紀の作。パリ焼きって金線がきれいに残っているものが少ないのですが、こちらはほとんど使われていなかったようで、かなりいい状態で残っています。果物を盛るためのコンポチエにしては高さが7cmしかなく、かなりコンパクトな印象。

e0074478_22273762.jpg
 朝顔っぽいけど、何の花なのか良くわからず。割と地味な花を真ん中に持って来ていますが、持ち主の生まれた月の花とか、何か意味があるのかもしれません。

e0074478_22275557.jpg
 ロクロを使って描いたラインが全体を爽やかなものにしています。もちろん全てハンドペイント。皿はもう買うのやめようと心に誓ってからしばらく経ちますが、キレイなものを見つけると気持ちがグラつきます。というか、すでに崩壊してますね。全然ダメ。ま、しばらくこの病と共に人生を歩みたいと思います~。

後で苦労するのは自分なんですけど~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-04-24 22:29 | 調度品 | Comments(0)

クレイユ・エ・モントローの涅槃プレート

e0074478_3321562.jpg
 すみません~。昨日は突然決まった午後のピクニック(リュクサンブール公園でプチ宴会)のため、記事アップを怠ってしまいました。でも、お陰でリフレッシュできたので良かったです。

e0074478_3323435.jpg
 今日はこちら、とっておきの逸品をご紹介します~。蓮の花が神々しい輝きを放つ、クレイユ・エ・モントロー製のプレートです。この前の日曜日、パリ市内の古物市でフランス人のプロの業者からゲット。ということで、お値段張りました。お値段のことはもちろんあったのですが、あまりにもオリエンタルな柄で日本では苦戦しそうと思い、買うか買うまいか、かなり悩みました。でもザナドゥな雰囲気なのに毒々しくて気持ち悪い、そのアンビヴァレントな魔力にやられてしまい、結局はお持ち帰り決定。ブランド品には積極的に手を出さない、という態度を貫きたいと日々思っている僕だけれど、最近は崩れまくってますね。

e0074478_3325218.jpg
 型から取った半立体の土台にハンドペイントしてあります。こんな風に欠けが見られますが、ここまで残ってきたことが奇跡なわけで、大目に見たいし、見てもらいたいと思います。

e0074478_333613.jpg
 こちらは1840~1876年まで使われていたバックスタンプ。ナポレオン3世時代のものといってほぼ間違いないでしょう。100年以上前に、こんなヘンテコリンなものが存在していたとは、フランスって本当に素敵な国だった(過去形)んだな~なんて思います。

 もしくは、中国から伝わった皿にこんな感じのものがあって、それをコピーしたという可能性も捨て切れません。そもそも、蓮の花をモチーフにする発想はフランス人には無かったはず。何だかこちらの方が正解っぽい?

アール・ヌーヴォーの予兆的作品~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-04-23 23:35 | 調度品 | Comments(0)

花の刺繡絵

e0074478_17999.jpg
 どういうわけか、今回の阪急うめだ本店と松屋銀座では、刺繡絵が良く売れました。お手頃値段にしているというのもあるのでしょうが、もしかしたら僕の刺繡絵コレクションが掲載されている日本ヴォーグ社の雑誌『スティッチイデー』の影響もあったのかも(本当か~?)。それはさておき、本日ご紹介するのは、パリ郊外の古物市で見つけたこちらの刺繡絵です。売っていたのはどもりのフランス人青年。多分、家にある不用品を処分しようと家族で古物市に参加し、偶々彼1人がいた時に僕が通り掛かったのだと思います。

e0074478_18189.jpg
 これ、とっても大きいんです。縦100cm、横69cm。僕が持っている刺繡絵の中でダントツの大きさ。一軒家でも置き場に困るような代物です。飛び切り安くしてでも売り払ってしまおうという意気込みが感じられる、二束三文レベルのお値段でした。

e0074478_175359.jpg
 値段はさておき、物理的な問題が立ちはだかりました。郊外といっても電車で片道1時間くらい離れた場所で、もう1箇所古物市へ行く予定があり、こんなに大きなものを買ったら、当然後で大変な思いをするのは火より明らか。でも、この色の美しさには抗えず、2度同じチャンスは訪れないと思い購入することに。幸い、薄めのベニヤ板に張ってあるだけで然程重くなかったため、その次の場所での仕入には影響しませんでした。
 
e0074478_173289.jpg
 原画は50~60年代に活躍した画家、オデット・カリーの作品。彼女はタペストリーのデザインを多数手掛けていて、ボーヴェ織やゴブラン織の元絵も描いています。こちらの刺繡絵は当時キットとして売られていたもので、おそらく刺したのは一般人。これだけの面積を同じピッチで仕上げているので、かなり手慣れた人だったはずです。

 先述の通り、縦100cm、横69cmということで、飛行機会社で受け付けてもらえる縦横奥行き計158cmも、宅急便の160cmもパスできず、どう考えても出国不可能。ベニヤ板からはがして持って行き、日本でベニヤ板に張るということも出来るでしょうが、そこで売れなかったら、そのままでは宅急便で送れないので、またベニヤ板からはがさないとダメ。移動させるたびに行く先々でベニヤ板を調達しないといけません。そんなこと無理~。ということで、僕の個人コレクションに加えることにしました。でも客間という名のぬいぐるみ部屋には、これを飾るだけの壁がありません。ということは、とうとう禁断の寝室侵出か~?

チャレンジャー精神いまだ衰えず~
人気ブログランキングへ

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2015-04-21 23:59 | 刺繍絵シリーズ | Comments(2)

シューキーパー

e0074478_1541922.jpg
 古めかしいシューキーパー。僕にとっては初めてのジャンルかも。こちらも一昨日、パリ市内の古物市で購入しました。片方しかありません。

e0074478_1544758.jpg
 売っていたのは、やはり東欧出身と思われる美しい顔をした少年。きっとゴミ箱から拾ってきたに違いないです。フランス語がほとんど話せなくて、やりとりにプチ苦労。お金払ってその場を立ち去る時に、思わず「ちゃんと学校行って勉強するんだよ~」って呟いちゃった。おそらくは不法移民なんだろうけれど、そういった人たちでも何とか生きていけるような土壌がフランスにはあります。

e0074478_1553764.jpg
 ネット上では同じタイプのシューキーパーを見つけましたが、時代までは特定できず。おそらくは、19世紀末から20世紀初頭くらいのものではないかと思います。もの凄く細くて華奢な感じがするものの、9号サイズなので男性用。GGは持ち主のイニシャルか、シューキーパーを作った会社のイニシャル?

e0074478_1555440.jpg
 片方しかないのにどうすんの?っていう感じですね。両方揃っていたとしても、使い勝手が悪そうで微妙。とにかく、人形の球体関節のようなフォルムに魅了され、どうしても自分の商品のラインナップに入れたくなってしまったのです。う~ん、やっぱりオブジェとして愛でて頂ける方へ向けてのマニアック商品になりそうです~。

苦戦覚悟です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-04-20 23:21 | 生活用品 | Comments(2)