「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

猫モチーフの朝ご飯セット

e0074478_19145112.jpg
 先々週、パリ市内の古物市で見つけたのがこちら。ただの箱ではありません。

e0074478_19151381.jpg
 「私、良さげなものに見えるでしょ?」なんて自ら語っているかのようなゴールドのシール。このM.F.Dが何を意味するのか検索してみましたが、結局探し当てられず。絵柄から推測するに、陶磁器に関係するもののようですが。

e0074478_19152675.jpg
 ジャーン。中にはこんなプリティな磁器が入ってました。一目見て心奪われ、でも高かったので一度はその場を立ち去り、再び古物市終了間際の時間を狙って戻り、見事に値切り成功!

e0074478_191540100.jpg
 2匹の猫が描かれた、ぐい飲みのようなカップ。こちらのシールのMLという頭文字も、検索してみましたが探し当てられず。「薄い金による金線」と書かれていて、中央のイラストはガラスを吹いている職人を描いているようです。

e0074478_19155755.jpg
 このBerry&Limogesという名前も見つからず。磁器の生産と絵付けと金線の作業は、それぞれバラバラの場所で行われたのかもしれません。ま、とにかくリモージュ産であることは確か。おそらく1950~60年代のものと思われます。

e0074478_19161281.jpg
 先述のカップよりも小さなお猪口と、魚の形をした塩入れ。毛糸玉モチーフに胸キュン!

e0074478_19162622.jpg
 こちらは猫の顔を象ったレモン絞り。要するに、テキーラとかウォッカを飲む時の器かいな、と思った僕。でもそんなハードリカーを飲むのに、わざわざこんな可愛いものを使うなんて、贅沢というか意味不明というか・・・。

 で、よくよく見たら、6枚目の写真のカップはお猪口ではなくてエッグスタンドでしたね。そして7枚目のレモン絞りは、どちらかというとオレンジ絞りだったようです。要するに子供用のブレックファスト・セットでした。どんだけ飲兵衛な勘違いなんだって(笑)。

 ま、ハードリカー用セットではないにしろ、こんなアホなものが作られたという事実に驚きつつ、それを補って余りある程の可愛さなので、これについては許したいと思います~。

昔のブルジョワの子供って何様?

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-04-30 19:20 | 調度品 | Comments(4)

ピルケンハンマーのトリプルトレイ

e0074478_1704559.jpg
 3枚のトレイが1つになっている、取っ手付き磁器製トレイです。ミッドナイトブルーとゴールドのゴージャスな縁取りのコンビネーションがまさに王朝風。アリーグル市場で購入しました。

 お菓子とかアクセサリーを置くトレイとしてではなく、アーモンドとピーナッツとピスタッチオとか、オリーブとひよこ豆とニンニクのオイル漬けとか、刻みネギとゴマとおろし生姜とか、らっきょと福神漬けと紅生姜とか、色々なものに対応でき、使い勝手が良さそう~。

e0074478_1712537.jpg
 昨日ご紹介した星の王子様の花瓶と同じ窯で、チェコスロヴァキアのもの。ご覧のように、取っ手をナットで留めてあるので、それほど古くないことは一目瞭然でしたが、柄がきれいだったのと、金線の厚みがしっかりしていたので、それなりに良いものだろうと踏んで仕入れました。

e0074478_171048.jpg
 実際のところ古くなく、おそらくは1980~90年代のもの。ピルケンハンマーはかつてマイセン、セーヴルに続く産地だったそうで、ハンドペイントではないものの、その絵付けと磁器自体のクオリティはかなり高いと思われます。でも、日本では全くもって有名ではないようです。

 認知度が低いので、あともう1アイテムくらい、ピルケンハンマーの製品が見つかると、販売する時に世界観を出せていいんですけどね。そんなこと思ってても、こればかりは宝くじ並みに確率が低い世界なので、簡単に出てくるはずもないのでしょうが。気長に忍耐強く頑張りたいと思います~。

でも、もう陶磁器は増やしたくないかも…

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-04-29 17:02 | 調度品 | Comments(0)

星の王子様の花瓶

e0074478_20424123.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、星の王子様モチーフの花瓶です。特に星の王子様について特別な思い入れは無いのですが、サン・テクジュペリの50フラン札は一応1枚だけ残してあります。でも持っててどうするんだろう。もうフランはユーロに換金できないはずだから、時すでに遅しですね。

e0074478_20395447.jpg
 底のスタンプ。見た感じ、そんなに古くないと思いましたが、チェコスロヴァキア製となっているので、80~90年代のものだろうと見当を付けつつ調べてみました。ピルケンハンマーというのは、ドイツ国境に近いチェコのブジェゾヴァーという街にある窯のことで、ブジェゾヴァーはドイツでの呼び方がピルケンハンマーなのだそう。要するにピルケンハンマーは地名であり、窯名でもあり、マイセンやセーヴルのように地名がそのままブランド名になっているのでした。特に19世紀に隆盛し、現在も磁器を生産しているようです。何だかややこしいですね。面倒だと思う人は読み返さずにスルーして下さい。

e0074478_2040734.jpg
 王子様の側が正面だとすると、裏側はこんな感じ。Der Kleine Prinz(デア・クライネ・プリンツ)というのはフランス語でLe Petit Princeを意味し、星の王子様をテーマにしたドイツの温泉町バーデン・バーデンにあるホテルの花瓶だったことがわかりました。何でドイツにフランスの童話をテーマにしたホテルがあるのかは謎。

 ネットで検索してみましたが、この花瓶と同じものはヒットせず、いつの時代のものか、そして備品だったのかお土産品だったのかがわかりませんでした。売っていたのはスラヴ語系の言葉を話す親子だったので、きっとチェコ人だったのでしょうが、どうやって手に入れたのか聞くべきでした。いずれにせよ、かなりレアなものということは確かなようです。

 キャラクター商品だから値段が高くなるなんてことは、僕のイベントでは有り得ませんが、仕入値が結構高かったのと壊れ物ということで、心持ち上乗せさせていただきます~。

先ずは大阪へ持って行きます~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-04-28 20:41 | 調度品 | Comments(0)

リモージュのドゥミタッス

e0074478_19241118.jpg
 昨日のドゥミタッスと時を同じくして、真横のスタンドで見つけたドゥミタッスです。隣同士親戚だったようで、2つを比べてみると何となくセンス的に被るので、元を辿ると同じ家族が持っていたものかもしれません。

e0074478_19243947.jpg
 リモージュ産で19世紀末のものと思われます。L.Dが何の略なのかはわかりませんでした。こちらはナポレオン3世というよりかは、アールヌーボー的。

 小バラとカエデの繊細なモチーフが可憐で美しく、思わずキュンと来てしまったのですが、「全部買ってくれないと売らない」と言われて仕方なく引き取りましたよ。その数9セット。こんなに買い付けてどうするんだろう…。

こちらも安価で提供予定です~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-04-26 19:24 | 生活用品 | Comments(0)

ナポレオン3世スタイルのドゥミタッス

e0074478_2174587.jpg
 そのまま、19世紀のコーヒーカップです。日本では「デミタス」って表記されるようですが、そんな発音にならないはず、と堅く信じる僕のブログでは「ドゥミタッス」で統一したいと思います。

e0074478_217593.jpg
 パリ郊外で行われていた古物市で購入。出所を聞き忘れてしまったのですが、おそらくは売り主の曾祖父母くらいの代のものだったはず。リボンやバラを配してフェミニンで優美な雰囲気にしつつも、月桂樹の冠を思わせるナポレオン3世時代らしいモチーフを配して、硬軟のバランスの妙を見せています。

 底にはスタンプが無いので、産地がわかりませんが、おそらくはリモージュの土で焼いたパリの窯のものでしょう。

 この手のドゥミタッスって、見つけた時は「わぁ~可愛い」と上るんですけど、こんなコマゴマした器でコーヒーを飲まなくなった現代においては売りやすいものではなく、なかなか厄介なアイテムです。日本では、特に手の込んだハンドペイントの珍しいものは探している人が多くて、それなりに売れたりしますが、こういった転写プリントのありふれたタイプは難しかったりするかもしれません。

 でも「ひとまずきれいなんだから、あれこれ考えずに買っておいて、売れなかった安くすればいいや」って、その場では思うんですよ。でも、安いから売れるというわけでもないので、これまた難儀。ま、今回は安価で仕入れたので、飛び切りお手頃価格で提供予定です~。

5セット限定です~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-04-25 21:08 | 生活用品 | Comments(0)

バヴァリアのサクランボ柄クリーマー

e0074478_20484678.jpg
 クリーマーつながりで、今日もクリーマーです。一応サクランボのようですが、モチーフ大き過ぎでちょっと怖いかも。

e0074478_2049476.jpg
 こちらは、ドイツのバヴァリア、ゼルトマン・ヴァイデン社製の磁器。このスタンプとまったく同じものはネット上の専門ページで探せず、年代は特定できませんでした。ただ、そのポップな意匠から推測するに、60年代のものと思われます。

 昨日の話ではないけれど、クリームにこだわらず、そばつゆとかソースを入れるんだったら、こちらの方がモダンな分、馴染みやすいかもしれません。

 さて、今週月曜日の復活祭(祝日)、アリーグルでのお話。月曜はお休みのアリーグルの蚤の市も、この日に限って市が立ち、今回は今まで以上に賑わってました。僕は終わりかけの時間に行きましたが、午前中からたくさん稼いだ古物業者たちは皆一様に上機嫌で、「強気値段でバリバリ商売!」みたいな空気も落ち着いてて、結構いい仕入ができたかも。それで帰ろうかなぁ、なんて思い始めた6時過ぎに、友人(♂)がついこの間まで付き合ってたフランス人男性Lに、いつもアリーグル市場でスタンドを出している古物業者のフランス人男性Sが差別的な罵声を浴びせているのが遠くに見え、しばらく眺めてました。Lは近くにお店を持ってて、この日はこつこつと溜めた古物を広場で売ってたのでした。Sはレズビアンと噂されるオバチャンと一緒にスタンドを出してて、その日は同じように古物を売ってました。で、別の友人女子と一緒にいた僕は、彼女と雑談を続けてましたが、目を離した瞬間に「パチ~ン」という鋭い音が。見たら、SがLをひっぱたいてたのです。Lは茫然自失。広場にいた同じ業者の男子2名が止めに入りましたが、朝から飲酒しているSの勢いは収まらず、Lのスタンドで一緒に古物を売っていたもう1人の男性もひっぱたき、広場の空気は一気に氷点下に。羽交い絞めにされてるSは荒れ狂ったままで、「もしかしたら身体に入ってるのは酒だけじゃないかもねぇ」なんて話になったのですが。で、昨日、事情通の友人女子から電話がありました。彼女によると、Sは普段、広場一人気のバッタ屋Bの横にスタンドを出してますが、SはLがBのスタンドで毎朝のように仕入をしているのをチェックしてたのだそう。ちなみにバッタ屋Bのスタンドは、品数豊富で安いため、人が群がり、小競り合いなんてしょっちゅう。その渦中にいる自分の姿を、絶対他人に見られたくないって思う程のあさましさ(笑)。で、Lはその日、Bのところで仕入たものを市で販売してかなりの売上げを見せ、それをSは良しとしなかったようなのです。でもなぁ、みんなお互いにそういうことしてるんだけどなぁ。「S,お前だって一緒。Bのところで買ったものを転売したこと無いなんて言わせないぞ!」って言ってやりたいくらい。で、現場には元警察官の男性がいて、その場で警察に連絡をしていたのだとか。その元警察官とLは共同でSを訴えるそうで、差別発言をし、暴力を振るったSは警察の捜査の対象となり、もう広場で商売できなくなるだろうとのこと。昨日は広場で警察の聞き取り調査があったそうで、今までのSの暴力沙汰の数々が明らかになったということです。確かに気性が激しい人で、何年か前の話ですが、値段を聞こうとして雑談しているSに声をかけたら「うるせぇ!」って怒鳴られたことがありました(笑)。自分のことを大切にしない、典型的破滅型人間のSの今後が気になります。

蚤の市は人間動物園です~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-04-24 20:53 | 生活用品 | Comments(6)

ハンドペイントのクリーマー

e0074478_239538.jpg
 陶磁器を扱い初めて随分経ちますが、どんなものが売れて、どんなものが売れないのかが大体わかってきました。

 結構苦戦してしまうのがコーヒー&ティー用のポット類。今時の日本人は、わざわざポットを使ってお茶入れないのでしょうか。でも、僕も1人だったら茶こしにお茶っ葉入れて、直接お湯を注いじゃいます。なんて自分を見つめ直すと、はしたないことしてるように感じられるし、何だか味気ない・・・。自分がこんなだからポットが売れないのかしら(笑)。それはともかく、日本中どこでもコンビニと自動販売機がある昨今、皆さん手っ取り早く買っちゃいますよね。あ、そういうことか~。

e0074478_2310940.jpg
 と、前置きが長くなりましたが、今日はこちら、ブルーのグラデーションと小花模様が愛らしいクリーマーをご紹介します。底にスタンプや刻印が無いので、おそらくパリの工房で絵付けされた19世紀末の作。丸に近い曲線を描くフォルムも、とてもフェミニンでフランス的。ちなみに、陶磁器の中ではクリーマーはまあまあの売り上げです。

 クリーマーは、元来コーヒーや紅茶に入れるクリームを入れるものですが、日本だと用途が広がる気がします。例えばゴマだれとかポン酢を入れても良いですし、トンカツソースや、そばつゆでもいけそう。という僕は、やっぱりつゆとかソースとかたれは、そのままかけちゃってますね。これからちゃんとクリーマー使おうかしら…。

でもやっぱり洗い物が面倒~

http://blog.with2.net/link.php?153914
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-04-23 23:11 | 生活用品 | Comments(0)

炭火アイロン

e0074478_22534773.jpg
 昨日は復活祭で祝日だったため、パリとパリ郊外では古物市が何カ所も立ちました。で、当然僕は早起きして郊外へ出かけたわけですが、パリから電車で30分以上南へ行ったとある町で行われた市は駅から遠く、ネット上ではバスがあるという話だったけれど、行ってみたら祝日は運休。仕方なく歩きました・・・。行き帰りで1時間弱(!)。その後もパリに戻ってきて3カ所回ったので、何となく全身筋肉痛です。で、今日は1日丸々オフにしちゃおうかな、とか思いつつ、今朝はしっかりアリーグルに出かけました。土曜・日曜・月曜の3日間の仕入で部屋が凄いことになってて、今日の午後はその整理に追われそう…。

 さて本題。どんだけ買えば気が済むんだ、と自分でも思うアイロンのご紹介です。でも今回はただの鉄の塊ではありません。中に炭を入れて使う炭火アイロン。

 今思ったのですが、僕が勝手に使ってる「鉄アイロン」という名称は「鉄+鉄」みたいな言い方でおかしいですね。ま、今の電気アイロンと区別するためには仕方がないか・・・。

 世間ではこのタイプのアイロンを真鍮で作り直したコピーが出回ってますが、こちらは正真正銘の鉄製で、オリジナルです。おそらく20世紀初頭のもの。何でも、ヨーロッパでは炭の質が悪く炭粉が飛び散るという理由で、僕がいつも紹介しているような鉄アイロンのほうが普及していたそうです。

e0074478_2254417.jpg
 実はこのアイロンを買ったとき、花を生けるためのオアシス(スポンジ)がカラカラの状態で中に入ってて、花器として使われていたようです。そのために内側は結構錆ついてるんですけどね。そんな無理矢理なことをするのってフランス人らしいとは思うけど、アイデアとしてはなかなか良いかも。例えば、水を入れた小さな器をアイロンの中に入れて花を生けたら素敵かもしれません。

 こちらの炭火アイロンは、今までご紹介してきたような鉄アイロンと同様、製本やパターンメイキングの時の重石として使えるし、小物入れや花器にも使えるという優れものです~。 

これも郊外で購入。重かった~

http://blog.with2.net/link.php?153914
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-04-22 22:55 | 生活用品 | Comments(0)

ル・クルーゼのフォンデュ鍋セット

e0074478_2018524.jpg
 以前と比べたらチーズを食べるようになった日本人ですが、チーズフォンデュとなると、まだまだ市民権を得ておらず、それ専用の鍋を日本へ持っていったところで誰からも注目を浴びなさそうなんですが、そんなリスクを負ってでも、皆さんにこの鍋の素晴らしさを知っていただきたいという押し付けがましい姿勢を崩さない僕です。

e0074478_2019893.jpg
 エナメル質(ホウロウ)で覆われた鍋は焦げ付きにくく、分厚い鉄で出来ているため熱効率が非常に良く、ル・クルーゼの鍋はチーズフォンデュに最適です。

 ル・クルーゼの鍋は日本でもかなり浸透していて、このブログの読者でお持ちの方も結構いるかもしれません。でも、この60年代後半のフォンデュ鍋はかなりレアなので、所有している方はそうたくさんいないはず。僕は約10年前に全く同じものを購入し、以来ずっと愛用してます。

e0074478_20192786.jpg
 このモチーフが描かれた鍋は、たまに古物市で見かけますが、フタが無くなってたりする場合が多く、またアルコールランプ付き土台と受け皿がセットになっているものは簡単に見つかりません。ちなみに受け皿だけ、なぜかスウェーデン製。

e0074478_20194474.jpg
 実はフォークがセットで売られてなかったのですが、後日ル・クルーゼの箱に入った同じ時代の6本セットを見事に見つけました。あ~、良かった。

 それではここで、僕のとっておきフォンデュレシピのご紹介。

準備するもの

チーズ
白ワイン
にんにく
片栗粉
キルシュ
ナツメグ
胡椒
バゲット
野菜


 チーズの量は、フランスでは1人前200gというのが当たり前ですが、日本人には150gくらいで十分でしょう。エメンタール、グリュイエール、コンテ、カンタル、ボフォールなどの牛系のチーズを準備します。ヤギチーズは入れないこと。本当はおろし金ですりおろすのが良いですが、僕は包丁で細かく切ります。

 そこに片栗粉(フランスではトウモロコシの粉かイモ粉)をまぶします。これはワインとチーズが分離しないようにするため。

 火にかけた鍋にワインを注ぎます。ワインは当然白で、ドライなものを選んでください。いつも目分量なのではっきりした量はわかりませんが、4人分で鍋の4分の1くらいまで入れてます。そこに芽を取り除いて包丁でつぶしたニンニクを1かけ入れます。

 沸騰してアルコール臭がしなくなったらチーズを入れ、ひたすらかき混ぜます。

 チーズが滑らかに溶けたところで火を落とし、キルシュ(サクランボのリキュール)をさっと一振りし、ナツメグをすりおろし、胡椒をかけます。

 基本、一口大にカットしたバゲットにからめて頂くのが美味しいのですが、それだけだと飽きるので、蒸したブロッコリー、カリフラワー、ニンジン、小イモ、生のマッシュルームなどを添えるとベター。特におすすめなのが蒸した芽キャベツ。芽キャベツの苦みとチーズの風味が絶妙に組み合わさり、病みつきの美味しさです~。

是非お試しあれ~(この鍋で!)

http://blog.with2.net/link.php?153914
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-04-21 20:21 | 生活用品 | Comments(2)

ビレロイ&ボッホのバラモチーフ水差し

e0074478_43225.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、ビレロイ&ボッホの水差しです。高さは30cm。ズッシリ・ドッシリで、かなりボリューミー。モチーフの色合いと大きさのせいかキッチュな印象で、強烈な存在感を漂わせてます。

e0074478_431841.jpg
 裏のスタンプ。こちらも、つい先日ご紹介したビレロイ&ボッホの水差し/同様1930~40年代のもの。

e0074478_433119.jpg
 残念ながら取っ手に欠けがありますが、古傷ゆえに色も落ち着いていて、幸いなことにそれほど目立ちません。

 この種の陶器の水差しについては、日本にまで運び込む業者って僕くらいしかいないはず、なんて自負してるんですけどね。壊れるリスクがあるし、重いし、かといって高く売れないしで、ビジネスに結びつきにくいアイテムかも。それでも、きれいで面白い物があったら、あれこれ考えずに買い付けるつもりです。今後も果敢に挑戦したいと思います~。

無事に海を渡れますように~

http://blog.with2.net/link.php?153914
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-04-20 04:05 | 生活用品 | Comments(0)