「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

フルーツモチーフのハーフステッチ壁飾り

e0074478_21112388.jpg
 日本での時差ボケをパリにまで引きずり、しばらくは左目のまぶたがボッテリと垂れて不気味な形相でしたが、睡眠が安定してやっとスッキリ。今日から復活した感じです。

 このまま月末のパリコレまで休みたいなぁ、なんて思うもののそうもいかず。今月は珍しく原稿の締め切りがいくつかあって、僕ったら売れっ子ね、なんて一人悦に入ってる状態です(笑)。

 さて、今日はこちら、ハーフステッチの壁掛けをご紹介します。単なるお飾りで、他に用途はあるのかなぁ。ピンクの地とプチゴージャスなブレード&タッセル、そしてフルーツの柄がとってもプリティ。

 ま、それほど昔のものではないでしょうが、新しくもなく。様式としてはなんちゃってロココ。おそらく50年代のものではないかと思います。

 日本橋高島屋ではお嫁入りしそびれましたが、多分大阪では嫁ぎ先が見つかることでしょう。ということで、関西の方は11月までお待ちください~。

他に使い道があったら教えてください~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-31 21:12 | 調度品 | Comments(4)

人形用家具セット

e0074478_17362667.jpg
 パリに戻って参りました~。本当は2~3日ゆっくりしたかったのですが、滞在が長いとそれだけ経費がかかるし、無駄遣いも増えるということで催事の会期終了後翌日にGO! そしてパリに着いたその日の夜より、日本からやってきているお友達のお相手を開始し、記事のアップが今日になってしまいました。ごめんなさい~。それにしても僕ってタフね。

 で、今回も色々な方たちに助けてもらいながら、何とか無事に終了させることができました。特に前のブースのカオリンとタカヤッチには本当にお世話になったし、近所とはいえ、足繁く通ってサポートしてくれた姉&姪にも感謝!この場をお借りして、有難うを言いたいです。そして今回の催事のオーガナイザーである山田さんにもメルシ~だし、わざわざ足を運んでくださった皆さんにもグラン・メルシ~!

 大阪、表参道、代官山で半年毎にイベントをやっていますが、今回は百貨店ということで、僕にとっては特殊な場所でした。今までとは違い客層が幅広く、戸惑うこともしばしば。でも結果的には、問題に巻き込まれつつも素敵な繋がりに発展しそうで、色々とマジックを感じたのも事実です。他の出展者も皆さん楽しい方たちばかりで、また会いたいなぁって思うし、次回お誘いいただけるのであれば喜んで~、と思っています。

 ただ、日本の暑さはちょっとキツかったし、時差ボケが最後まで抜けなかったのは残念でした。今後対策を練らねば。

 さて、今日ご紹介するのがこちら、人形用の家具セットです。一時、売約済みの状態でしたが、すったもんだ&紆余曲折あり、最終日前日に別の方と一緒に旅立ちました。ホッ。

 パリ市内で行われていた古物市でゲット。当日は、震災チャリティーでボランティアをした日で(日本から戻ってきた3日後)、許可を得て一瞬持ち場を抜け出して買い付けに行きました。よくやるなぁ(笑)。

 ペイントとフラワーモチーフのステンシルがはがれているし、一箇所パーツも無くなっていて、状態としてはパーフェクトではないですが、当時からの可愛さはしっかりと残っていると思います。おそらく30年代のもの。

 装飾部分に個体差があるのは、当時の職人が手で一つ一つ作っている証拠。現代のオモチャというと型抜きしたプラスチックばかりですが、昔は本当の意味で贅沢だったなぁと思います。中々見つけられないアイテムだけれど、手にして見る女子が多かったので、次回11月のイベントまでに似たようなものを買い付けたいと思ってます~。

今月も休み無しになりそうです~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-30 17:39 | おもちゃシリーズ | Comments(2)

魚モチーフのマッチ入れ

e0074478_9191240.jpg
 本日最終日です~。いやぁ、長かったといえばそうなんですが、あっという間の13日間。でも今日も朝礼遅刻しそうなので、様々なエピソードは明日以降に。

 で、今日ご紹介するのはコレ。1930年代にチェコスロヴァキアがフランスに陶器を輸出していた時代のマッチ入れです。多分お揃いのモチーフでキャニスターがあったはずですが、これだけ残って、それが売られて僕のところに来ました。

 木のフタのネジ部分がおかしなことになっていたのでパリで修繕しました。あとは陶器部分の欠けがほとんどなくて良い状態です。こちら、日本橋高島屋で大絶賛発売中です~。

 今回は持ってきたぬいぐるみはほとんど売れてしまい、あれもこれも売れて、でもお花のシャンデリアやバラモチーフのハンドペイントボタンなど、残るものは残る、という感じ。それでも皆さんにはブースがスカスカになったと言われるので、売り上げは上々だったといえるのでしょう。

 本日も日本橋でお目にかかります~。

明日パリに帰ります~(泣)

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-27 09:24 | 生活用品 | Comments(2)

『きらめくアクセサリーの世界~フランスの香り~』展 in 日本橋高島屋 付け襟ワークショップ本日最終日

e0074478_9335984.jpg
 ということで、お待ちしてます。10時15分~12時15分と14時~16時の2回あります。こちらは葉葉のマダム足立の第2号作品。それよりも、朝礼遅刻~!

『きらめくアクセサリーの世界~フランスの香り~』
日本橋高島屋
~8月27日(月)
日本橋高島屋8階ホール
午前10時~午後7時30分(8時閉場)
※ただし最終日8月27日(月)は午後6時閉場
東京都中央区 日本橋2-4-14-1
TEL:03-3211-4111

いきなり来ても大丈夫です。お待ちしてます~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-26 09:35 | 番外編 | Comments(2)

マスタード、塩胡椒入れ ネコの親子バージョン

e0074478_8295791.jpg
 いやぁ~、毎日大変ですよ。昨日も、ここでは書けないような凄いことに巻き込まれました。フランスのみならず、日本にも色々な人がいますね(笑)。

 さて、今日はネコの親子を象ったマスタード、塩胡椒入れをご紹介します。3日前に里親が現れ、旅立っていきました。

 1930年代。招き猫スタイルで、おそらく日本の影響があるかと思われます。吉田戦車のキャラクターとか、ネコムラさんを思わせるような人間的な表情が魅力。欠けが無いし、マスタードのスプーンも揃っている完品。そもそもネコのモチーフというのがレアです。

 自分で持っていたいと思いましたが、実際に使うとなると気を遣うし、瞬時にして壊しそうだし、かといって飾る場所も無いので販売することにしました。新しい人生のスタートを切った3匹を祝福したいと思います~(ちょい涙)。

怖いことに、催事はあと3日で終了です~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-25 08:31 | 生活用品 | Comments(4)

チューリップカサ付きスチールシャンデリア

e0074478_983036.jpg
 チューリップ型のカサが付いたスチールシャンデリアです。1930年代のもの。

e0074478_98557.jpg
 スチール製のお花のシャンデリアって、長い間相当数作られていたらしく方々で見かけますが、お花が小さくて、ガラスのカサが付いているのはかなりレア。

 皆さん注目はしてくれるのものの、「天井が低い」とか、「天井の壁が弱くて設置できない」とか、「部屋の雰囲気に合わない」とか、致命的な理由を並べ立てて買ってくれません。

 そもそも、全く違う文化・生活様式を持つ場所からやってきているので、いきなり適合させるのは無理な話。それでも何とか天井からぶら下げてやるぅ~というガッツのある女子はいないものかな、なんて思います。焦らずに嫁ぎ先が見つかるのを待つのみです~。

今日こそは朝礼に出なくては!

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-23 09:09 | 調度品 | Comments(2)

ハンドペイントボタン バラ&リーフモチーフ kawaii

e0074478_9145860.jpg
 ハンドペイントのボタンです。こちらはバラモチーフ。おそらく1930年頃のものと思われます。日本橋高島屋にて大絶賛発売中~。

e0074478_9152720.jpg
 そしてこちらは一昨日、友人の妹さんのところへお嫁入りが決定したリーフモチーフのハンドペイントボタンです。

e0074478_9154277.jpg
 「子供のコートにつけたら可愛いと思って」と仰るので、すかさず僕は「ほとんど骨董品なので直ぐにペイントが剥がれるかもしれませんよ」なんて言ってみましたが、ま、それは買った方の自由ですね。飾っておいても仕方がないし。バンバン使っていただきたいと思います。


 時間が無かったので写真を撮れず、ここでご紹介できないのが残念ですが、今までのセレクトとは違う、クオリティの高いレースなども沢山取り揃えているので、是非いらして下さい~。

昨日は着いたら朝礼終わってました~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-22 09:16 | 手芸用品 | Comments(0)

『きらめくアクセサリーの世界~フランスの香り~』展 in 日本橋高島屋 ワークショップリポート

e0074478_9273982.jpg
 とうとう生徒さん現るの巻。といっても、隣の隣のブースの葉葉さんのマダム、足立さん。要するにほとんどサクラですね(笑)。御自身が販売するクマちゃんに付け襟を作ることに相成りました。

e0074478_9275975.jpg
 先ずは襟の形を選び、僕が適当(!)に描いた型紙を切り抜いてもらいます。

e0074478_9281292.jpg
 そして縁取り用のブレードと首周り用のリボンなどを選びます。沢山の中からマダムが選んだのが、前世紀初頭のものと思われるこのレースリボン。

e0074478_928364.jpg
 基本は返し縫いで縫っていきます。首周り用にマダムが選んだリボンは、ピンクのグログラン。かなりしっかりした作りなので、縫い進めるにはちょっと辛かったかも。

e0074478_9285718.jpg
 こんな感じに仕上がりました。実物は会場のワークショップコーナーのウィンドーに飾られていますので、ご覧になってみてください。

e0074478_9291091.jpg
 オマケ。パリでは絶対に見かけない風景です。やっぱり日本は平和です~。
 

付け襟ワークショップ
21日(火)、22日(水)、24日(金)、25日(土)、26日(日)
各14時~16時までの2時間コース
講習料 4,200円 時間内に作れるだけ作ってよいことにしました(!)。

『きらめくアクセサリーの世界~フランスの香り~』
日本橋高島屋
~8月27日(月)
日本橋高島屋8階ホール
午前10時~午後7時30分(8時閉場)
※ただし最終日8月27日(月)は午後6時閉場
東京都中央区 日本橋2-4-14-1
TEL:03-3211-4111

朝礼に間に合うかな…

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-21 09:29 | 番外編 | Comments(2)

プレクシグラスのバックルとボタン kawaii

e0074478_933199.jpg
 昨日ご紹介したボタンと一緒に買った、プレクシグラスのバックルとボタンのセット。こういった組み合わせでワンシートになっているのはとても珍しいです。

 これも中々のお値段でのご提供なんですが、骨董品店で買うよりかは全然のはず。

 あ、もう遅刻寸前。ごめんなさい。本日はこれにて終了~。
 

今日もお待ちしてます~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-20 09:34 | 手芸用品 | Comments(0)

プレクシグラスのボタン

e0074478_9211197.jpg
 日本の夏に慣れてない僕は、クーラーを掛けっ放しにすることに罪悪感があって、超低温設定でしばらく部屋を冷やして寝る前に切る、を繰り返していました。でも、どうしても明け方近くに寝汗をかいて飛び起きてしまいます。それが何日か続いて、寝不足で昨日は目が開かなくなり、最後の方は目の下というか、眼の周り全体に隈ができて恐ろしい形相に。

 折角来てくれた大阪のベア&雑貨の女王、Hさんには丁寧に接客できず、「友くん感じ悪いわぁ」と言われてしまいました(泣)。Hさん、ごめんなさい。

 で、今日はとうとう節電政策を無視してクーラー掛けっ放しで寝たので、8時間快眠です。といっても、なんだかまだスッキリしないけど。

 調子が悪かった僕は、昨日Hさんに「明日ワークショップに来ないで~」なんて言ってしまいましたが、やや上向きになったので、今日の午後の14時からの付け襟ワークショップ、生徒さん大募集中です。

 さて、今日は昨日売れてしまったアイテムですが、是非ご紹介しておきたいボタンシートをここに。

 30年代のプレクシグラス製のボタンで、裏側からモチーフが彫られています。僕としては清水の舞台から飛び降りつもりで、高額で提供しましたが、ご購入頂いた方は「安いですね」の一言。

 何でも1個2,000~3,000円という値段を付けるお店もあるのだそう。それはちょっと悪徳ですよ~。そんなわけで、僕のブースにある物品、かなりお買い得商品だらけだと思います。他の出展者の専門家マダムたち(ヴェネツィアンとか骨董品)に「まぁ、随分お安いですね。安すぎます」と非難の眼差しを向けられてしまいました…。でも、これでいいのだ。何がなんだかわからない人には高いのでしょうが、わかっている人には安い、そんな値段設定。実際に確かめにいらしてください~。

お待ちしてます~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-19 09:22 | 手芸用品 | Comments(6)