「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

表参道『花とギター』での蚤の市展!

e0074478_2233680.jpg
 今まで『青山ニッティングワークス』で蚤の市展を開催してきましたが、残念ながらブティックは今月10月をもってクローズ…。拠点を失い困っていた僕ですが、近くのショップ『花とギター』さんに引き継いで頂くことになりました!

 心機一転、といっても良いのかもしれませんが、僕にとってはそれ程変化はありません。というのは、『花とギター』さんは『青山ニッティングワークス』に通じるラブリーさが漂い、また手仕事の美しさを重視しているお店なので、雰囲気として共通する部分があり、きっと違和感が無いと思うのです。今まで通りの感じで企画展を開催できるような気がします。

 今回はビジネスパートナーの百香ちゃんの持ってくる商品の他に、彼女の夫のシモンが買い集めたビンテージグッズも登場し、今まで以上に充実したラインナップになりそう。

『パリの蚤の市 』
会期: 2011年11月25日(金)~12月1日(木)
場所: flower&guitar (フラワー&ギター) 
〒107-0061
港区北青山3-9-10 青山ビル1F
TEL&FAX:03-6413-5256
営業時間:12:00-20:00 (日曜日19:00)
http://www.flower-guitar.co.jp/

 初日は、いつも通り18時より21時までレセプションパーティを行います。是非いらして下さい~。

お待ちしてます~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-31 22:33 | 番外編 | Comments(0)

代官山pupi et mimiでの蚤の市展!

e0074478_20412288.jpg
 代官山pupi et mimiでの蚤の市展の詳細を報告します~! 今回も定休日の月曜日(21日)を除いた5日間です。初日18日の18時からは、いつも通りオープニングレセプションを行います。皆さん気軽に遊びに来てください~!

「パリ蚤の市展」 numéro4
18日(金)~23日(水) 
21日(月)定休日
営業時間:12時~19時
pupi et mimi
〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町13-5
代官山ステラハウス1-A

 で、DM用の写真を見て「あれ~?」と思った方がいらっしゃると思いますが、すみません、ピンクのランプは大阪に割り当ててしまいました。

 でも他にも色々用意してあるのでご心配なく。期待していてください~。

お待ちしてます~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-29 20:41 | 番外編 | Comments(4)

乙女屋さんでの蚤の市展!

e0074478_2271519.jpg
 昨日、大阪の乙女屋さんでのイベントの告知をしましたが、ランプの紹介と一緒だったのでインパクト薄かったですね。ですので、もう一度ここでちゃんと告知させて頂きます。

パリ蚤の市展 11月13日(日)~15日(火)
乙女屋 
〒530-0021 
大阪市北区浮田2-7-9
080-6180-5540
http://www.otomeya.net

 僕の本が出版されてから初めての蚤の市展だし、行こう行こうと思っていた大阪でのイベントなので、今から本当に楽しみです~。

お待ちしてます~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-28 22:07 | 番外編 | Comments(2)

サーモンピンクのランプ

e0074478_23822100.jpg
 パリ郊外の古物市で見つけたランプです。60年代のフランス製。コンセント部分だけ取り替えるか、アダプターを使うかすれば十分に使えます。

 ただし問題があります。少しだけ写真に写っている配線ですが、これが布でくるまれていて火災になりやすいそうなのです。現在は生産されてなくて、アンティーク関係の人や、こだわりのある人にとっては貴重品なのだとか。実はまだ売っているお店があって、でも奥に仕舞っているので頼まないと出してくれないという話を聞いたことがあります。

 電気をつけっ放しで居眠りとかしない限りは、取り立てて問題はなさそうです。特に今の日本では、電気の無駄遣いは非国民扱いされちゃいますからね。

 さて、ここで告知。11月の蚤の市展は何と4ヶ所で行います~!!!凄ぉ~い。去年6月に始めた頃は、こんなことになるなんて想像だにしませんでした。

 それで、1つ目の蚤の市展はいきなり大阪ですっ! 天満にある可愛いものを沢山扱うショップ、『乙女屋』さんでの開催が決定。13日~15日の3日間で、初日13日の18時からはレセプションパーティを行います。関西地方の方、皆さん遊びにいらして下さい~。

乙女屋 
〒530-0021 大阪市 北区 浮田2-7-9
080-6180-5540
http://www.otomeya.net

 乙女屋さんには随分前からお誘いいただいていたし、他の大阪の方たちからも熱いラブコールがあって、とうとう実現しちゃいました。何よりも乙女座の僕なので、乙女屋さんにはただならぬ縁を感じます(笑)。今から開催が楽しみです~。

このランプ、乙女屋さんで販売します~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-27 23:10 | 生活用品 | Comments(0)

牛のベル

e0074478_0352473.jpg
 昨日ショッキングな事件が起きたので、さわり程度をここで書いておきたいと思います。当事者でもなく、あくまでも僕の立場は第三者なんですが、ちょっぴり巻き込まれたという感じでしょうか。

 夕方6時頃ドアを叩く音がし、女性が「私にはどうにもできないので助けて!」と言っているのが聞こえました。その時の僕の格好が酷くて、下着とTシャツのみ。もちろん窓は開けっ放し。最近ガキ大将生活健康法を実践してるんです(笑)。それはさておき、パンツを引っ張り出して穿いてドアを開けたら誰もいません。

 誰だったんだろうと思ってアパートの上の階へ。そうしたらドアが開いている部屋があって、いつも香水プンプンのマダムが友人らしき女性と話をしています。僕はさっきドアを叩いた女性はきっと水漏れか何かが起きてパニックになっていたに違いないと思い込んでいて、「誰か水漏れ事故でドアを叩いた人がいたんですけど」なんて言ったら、ウチじゃないわよと返事をされ、ドアを閉められてしまいました。感じ悪い。

 それで下に降りて、もしかしたらと思って僕のアパートの真向かいの家族の部屋の呼び鈴を押したら、マダムが慌てた様子で出てきて、夫が倒れたので助けて欲しいと言われました。「え~、そんなこと言われても…」と思いながら奥へ行くと、いつもニッコリしながら挨拶をしてくれるムッシュが倒れていました。しかも口から血を流して。

 マダムは消防署に電話をして救急車を呼んでいる最中でした。コンピュータをいじっている間に突然イスから崩れ落ちたのだそうです。喉に血が詰まっているので、僕は上半身を起こしたほうが良いと思ったのですが、消防署の人が仰向けにして心臓マッサージをしろとマダムに指示しています。

 マダムは心臓マッサージを試み、僕も「アン、ドゥ・トロワ」と声を出しましたが、ムッシュの息は止まっています。白目をむいて、顔は真っ青。どうにもできないと思って、僕は上の階へ行き、別の住人の男性を呼んできました。彼が部屋で仕事をしていることを知っていたので。

 マダムから引き継いで、彼が心臓マッサージをしている間に消防隊員が到着したのですが、その後どうなったのかわかりません。マダムは、僕に感謝をしながら、後で報告すると言ってくれたので、こちらから尋ねるのは微妙です。

 部屋に戻って脂汗を拭きながら考えました。何もできなかった自分が情けないって。あたふたしちゃって何やってたんだろう。やっぱり、介護を中心にした医学的なことを基本から勉強しないといけないなって思いました。

 ムッシュの倒れている光景もショックでしたが、自分にもショックでした。もっと詳細に書きたかったけれど、話が話なのでこの辺で。

 前置きが長くなりましたが、今日はこの人をご紹介。見ての通り、牛の頭がくっついているベルです。ベルを鳴らすと目が動くんです。凄いです。こんなもの見たことない!

 ということで、これは僕のコレクションに加えるため、日本には持って行きません。ごめんなさい~。

持って行っても誰も買わないか~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-26 23:59 | 生活用品 | Comments(10)

茶色の横長瓶

e0074478_22211353.jpg
 瓶ってコレクターが沢山いそうだけど、意外とそんな簡単には売れないので、仕入れの時は躊躇します。でもこの瓶は、形が面白かったので迷わず買いました。

 この種の茶色の瓶は薬用の場合が多く、もしかしたらこの瓶もそうだったのかもしれませんが、多分オーデコロンか何かを入れていたのではないかと思います。制作年代ですが、他に売られていたアイテムから想像するに、1930~40年代といったところでしょうか。ブランデーを入れても良いかも、なんて。
 
これも好きにお使い下さい~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-25 22:21 | 生活用品 | Comments(4)

セップの入れ物

e0074478_0412638.jpg
  気が付けば、セップ茸の入れ物を紹介するのも2回目です。以前、日本に持って行ったものは代官山のPupi et Mimiに置きっ放しになっていますが、あれって一体売れたんだろうか。みんな手にとってジロジロ眺めるんですが、僕が東京に滞在している間にレジへ行く人がとうとう現れませんでした。

e0074478_0413731.jpg
 代官山にある方はマットな仕上げで、こちらはツルツル。形もかなり違います。個人的には前者が好みだけど、こちらの毒々しくてふてぶてしい感じも悪くないですね。どこの店舗に置くかは未定ですが、11月に日本に持っていく予定です。

 ところで、これって何入れるためのものなんだろう・・・。

好きなもの入れてください~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-25 00:43 | 生活用品 | Comments(7)

トリとウサギのエッグスタンド 其の二

e0074478_1553745.jpg
 著作本でもリフォームやリペアの様子を紹介していますが、毎回修繕するものが違うし、状態もそれぞれ違うので、その都度新しいことに挑戦することになります。でも色々と工夫しながら試行錯誤するのは楽しいものです。で、このトリくんの場合は、割と単純な作業でした。

e0074478_1555143.jpg
 先ず上のように、箸からクチバシを切り出します。この箸は、とあるテキスタイルのパーティで寿司が出た時に配られたもの。もったいないからと思ってもらってきました。カッターで削って何となく形にします。

e0074478_156646.jpg
 それを紙ヤスリで滑らかにします。とにかく小さいパーツなので、爪と皮膚までヤスリがかかっちゃう感じ。

e0074478_1563161.jpg
 それを接着剤でつけます。接着剤だけだと頼りない感じもしましたが、あまりにも小さいパーツなので、メタルの芯を入れたりすることもままならず。

e0074478_156432.jpg
 最初に白のペンキを塗ります。クチバシの表面だけでなく、内側もしっかり塗ります。

e0074478_1565923.jpg
         ペイントが乾くのを待って、赤のペンキを表側にだけ塗ります。

e0074478_1571573.jpg
 こんな風になりました。やっぱり全くのオリジナル通りという感じではないのですが、まずまずといったところでしょうか。

日本へ連れて行きます~

http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-23 01:59 | 生活用品 | Comments(2)

トリとウサギのエッグスタンド

e0074478_2354518.jpg
 日本行きまで、あと3週間くらいになりました。いつものように蚤の市企画展のためですが、初の4カ所開催で頭を悩ませているのが、どの店舗に何を置くかです。もう既に買ってあるものはちょっと考えれば良いのですが、仕入れの数量はまだまだで、今後買い付けるものが増えていくにつれて、割り振りが混乱しそう。ま、とにかく頑張ります。

 さて、今日はこの可愛いエッグスタンドをご紹介。パリ市内で行われていた古物市で見つけました。売っていたのはフランス人のムッシュ。多分プロとして活動している人。

 60~70年代のものだと思います。真ん中のブルーのウサギの帽子部分が黄身で汚れているので、新品ではないはず。あ、日本に持っていくのでちゃんときれいにしましたよ。ご安心を。

 さて問題が1つ。右から三番目のトリのクチバシが外れています。売っていたところで探しましたが見つからず。というわけで、再生させます~。

e0074478_2355341.jpg


大した作業ではないですが・・・

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-21 23:56 | 生活用品 | Comments(0)

ウサギのロウソクスタンド

e0074478_1524253.jpg
 今日から古物の紹介記事を再開します~。実は、来月と再来月の蚤の市展はなんと東京の2ヶ所を含めて計4ヶ所で開催の予定。まだはっきりしていない部分もあるので、詳細はもう少ししてから発表します。

 さて、このウサちゃん。インパクト大で思わず買ってしまいました。場所はパリ市内で行われていた古物市。売主は一般のフランス人家族。

 高さは20cmで、素材は陶器。フランス製ではないと思います。もしかしたら60年代の日本製?

 顔だけなので、何が何だかわからないですが、頭の中が空洞になっていて、そこにロウソクを置けるようになっています。ロウソクといっても細長いものではなくて、小さなアルミのカップに入っているタイプ用。この写真では見えませんが、額に空気穴が開いてます。

 売れるかどうか微妙だと思ったので、自分のものにするつもりでしたが、百香ちゃんに「日本で売りなさい」と言われてしまいました。どういう理由でそう言ったのかよくわかりませんが、とにかく持って行くことに決定。あ、きっと彼女は僕の部屋がもので埋まるのを心配してくれたのかも~。

本当に売れるのかなぁ~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-10-20 23:54 | 生活用品 | Comments(0)