「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

La Fouille du Bonheur 第三弾!

e0074478_19444362.jpg
 今日は青山ニッティングワークスでの蚤の市展の告知です。実は全然準備ができてなくて、かなり大変なことになってます。今から鉄アイロンきれいにしないといけないし…(昨日仕入れたばかり)。

 明日出発なのにどうしましょう~。といいながら、いつも何とかなっているので大丈夫なんだろうけど。

 東京は色々な意味でとんでもないことになっているようですが、皆さんにプチハッピーを味わって頂くためには何よりも自分が楽しくしてなきゃ、と思います。ということで、今まで以上にエンジョイしてくるつもりです~。

La Fouille du Bonheur 
会期 : 2011年6月10日(金)~14日(火)
初日10日レセプションパーティ 18時~21時
青山 Knitting Works
東京都渋谷区神宮前5-46-2 丸千ビル1F
営業時間 : 12:00 - 20:00
Tel / Fax : 03-6427-9104

みんなぁ、代官山と表参道に結集だぁ!

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-29 19:46 | 番外編 | Comments(0)

蚤の市展 in 代官山 Pupi et Mimi

e0074478_22533058.jpg
 代官山 Pupi et Mimiでの蚤の市展、第3回目の告知です~!今回は会期を長くして5日間行います。それで要注意なのですが、月曜日は定休日なのでクローズです。金曜日から日曜日まで、そして火曜日、水曜日と営業します。

 今回は他の作家さん達と一緒にチャリティ企画も用意しています。僕は上の写真に写っているエピスリー(何でも食材屋)のオモチャを提供予定。

 何年もかけて手直ししたものなので、愛着があるのですが、ずっと持っていても仕方が無いので、今回大放出することに決めました!

 いつも通り、初日の夕方か18時からはオープニングパーティを行います。皆さん、遠慮せずにいらしてください~。

パリ蚤の市展
会期 : 2011年6月3日(金)~5日(日) 7日(火)~8日(水)
Pupi et Mimi
〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町13-5
代官山ステラハウス1-A
TEL:03-5456-7231
営業時間:12:00-19:00
定休日:月曜日(祝日の場合営業)

あと3日しかないのに準備が…

http://blog.with2.net/link.php?153914 
  
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-27 22:51 | 番外編 | Comments(4)

ほうろう製炭バケツ

e0074478_21245588.jpg
 これもクリニアンクールの僻地で見つけました。何に使うのか全然わからず、でもレトロな感じが素敵でつい手が伸びちゃいました。

 高さが49cmもあって、かなり大きいです。大きすぎるので日本へ持って帰れません。40~50年代のものでしょうか。

 これを持ってクリニアンクールを歩いていたら、フランス人のオバアサンに「あなた炭買いに行くの?」なんて声を掛けられました。昔はこのバケツを持って炭屋さんまで買いに行ったのだそうです。彼女の年齢から考えると、このバケツ、やっぱり40~50年代のものなんだろうなぁ。

 さて、これを部屋に持って帰って何に使うんだろうか、という疑問が湧きました。古い→可愛い→しかも安い→値切る→財布を出す、という順序で買い物をする僕ですが、その最中はこれから買うものをどうやって日常に活かすかを全く考えません。そこは女性の思考とは違うんですよね、きっと。

 というわけで、無い知恵を無理矢理絞りました。その結果は、まあ、大したアイデアでもないのですが、玄関に置いてある大小の傘、年に1度も使わないピクニック用のバドミントンのラケットと羽を入れることに。そうしたら玄関が驚くほどスッキリしました。でもこのバケツ、円錐形なので下の方にある折り畳み傘は取り辛いかも…。

一長一短です~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
  
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-26 21:26 | 生活用品 | Comments(0)

パスタ用キャニスター

e0074478_23342252.jpg
 相変わらず日本では根強い人気のキャニスター(保存容器)です。これ一個のみなので廉価にてご提供の予定。
 
 高さ14cm。底にはODERという刻印が入っていますが、有名なサルグミーヌなどとは違い、この名前でインターネットで調べてもヒットしませんでした。モチーフからすると、多分10~20年代でしょうか。

 Pâteという文字が入っているのでパスタ用としましたが、いわゆるスパゲッティではなく、多分マカロニのようなものを入れるためのものだと思います。あるいは、Pâteはペースト状のもの、例えばアーモンドペーストとかパイ生地やパン生地なども意味するので、そういったものも…入れるわけ無いか。多分マカロニでしょうね。

 実際何に使うかは個々人で決めていただいて構いません。シュガーポットでもハニーポットでも、鉛筆立てでも何でもです~。

実は締め切りに追われてます~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
  
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-25 23:36 | 生活用品 | Comments(6)

レモン柄のエッグスタンド

e0074478_22502157.jpg
 この前の土曜日、ヴァンヴで見つけたエッグスタンドです。ちょっと高かったけれど、来月の東京にて廉価でご提供の予定。

 個人的にはこういった陶磁器ものって集めていないのですが、蚤の市展を始めてからは幅広い品揃えを目指しているため、徐々に目に入るようになってきました。それだけ見て回るのに時間がかかるようになりましたが。とにかく可愛いものであれば、あまりブランドと時代にこだわらなくてもいいかなと思っています。

 そもそも知識を持ち合わせていないし、刻印が無いので詳細は全くわかりませんが、モチーフだけ見ると何となく40年代っぽい感じもします。そのモチーフはプリントなんですが、相当手荒な感じなので、もしかしたら60~70年代の東欧とかのものかな、って。ちなみにこのエッグスタンドは陶器ではなくて磁器で、光にかざすと透けます。

 ああ、日本行きまで1週間切っているのに何も用意ができてない…。

最善を尽くします~!

↓クリックッ!

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-24 22:50 | 生活用品 | Comments(2)

日本製のスカンク

e0074478_501916.jpg
 この子もクリニアンクールの僻地で見つけました。あ、昨日紹介した黒ネコとこの子は、ひとまず日本へ連れて行かない予定です。シリーズで持っていたいので。

 頭からシッポまでの長さが20cm。素材はベルベットで、中綿が木クズ。60年代の日本製です。Hand Made Special Design Japanというシールが貼ってあります。で、ドリームペッツではありません。

 この手のぬいぐるみにありがちな、パーツがはがれていたり、穴が開いて木クズが垂れ流し状態、ということはないのですが、相当バッチくて、日本へ連れて行ってどうするの?という感じです。洗うと糊付けしたパーツがバラバラになると思うので、ひとまずこのままにしておきます。

 その僻地のお店なんですが、もう少しきれいに扱ってくれたら良いんですけどねぇ。布とかそのまま地面に置いちゃってるし。だから安いっていうのはあるんですが。やっぱり最低限、モノに愛情を注ぎ、リスペクトして欲しいなぁ~。

それでも通いたくなる魅力満載~

↓応援クリック!

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-23 04:07 | 我が家のお友達 | Comments(0)

黒ネコの手人形

e0074478_1944642.jpg
 ここ最近ずっとクリニアンクールへ取材に出かけているのですが、行くところへ行けば安くていいものが手に入るのだと再確認しました。で、今日ご紹介するこの手人形も、そんなクリニアンクールの僻地で見つけたものです。

 体長23cm。素材はモヘアで、頭の中綿が木毛、目がガラス。シュタイフの商品であることを示すボタンも残っています。60年代の西ドイツ製。

 「行くところへ行けば」という条件は、かなり際どいので、日本から旅行で来る方たちにはおすすめできません。でも危険を覚悟で行ってみる価値はあるかも。それか、僕みたいに道に明るい人に連れて行ってもらうのも良いかもしれません。場所などについては、ご存知の方も多いかもしれませんが、後々発表していくつもりです。

e0074478_194582.jpg
 さて、この手人形。下の方にこんな風に大きなかぎ裂きがあります。買ってから気付いたのですが、かなり値切りようのない値段だったので、良いことにしました~。

今からまたクリニアンクールです~

↓今日も応援クリックをっ!

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-22 19:06 | ネコシリーズ | Comments(2)

19世紀末~20世紀初頭のステップ

e0074478_18416.jpg
 19世紀末から20世紀初頭にかけてのステップ(台)。先週クリニアンクールで、アフリカのギニアビサオ出身のババさんという男性のスタンドで見つけました。2脚あります。あ、今回ギニアビサオという国の存在を、生まれて初めて知りました。世界は広い!

 これも日本へ持っていく予定です。18cm×25cmくらいの大きさで、ディスプレイ用に使えるかなと。だからお店をやっている人や、アーティスト、アクセサリーデザイナーなどにおすすめです。

 元々何に使われていたのか全くわかりません。高いところに上るためのものにしては低すぎ。足の底部分に塗料が塗られていないので、何か背の高いものを無理矢理切ったのかも。と思ってジックリみたけど、そんな感じでもなさそう。宗教色はないので、どこかのお城で使われていたものかなぁ、なんて。妄想は膨らみます。

e0074478_1115581.jpg
 19世紀末から20世紀初頭としていますが、正直言って、これは僕の推測でしかありません。でも何となく木の乾き具合とか、色の感じ、彫刻のスタイルなどから想像してみました。ちなみに2脚それぞれ彫刻が異なります。手彫りだから当たり前か。

 ぬいぐるみだけでなく、家具とか食器類についても、段々と推し量れるようになってきましたが、それがレプリカだったりすると太刀打ちできない時もあって、やっぱりまだまだ経験値が低いなって思わされます~。

気長に勉強します~

↓応援お願いします~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-20 23:06 | 生活用品 | Comments(6)

アールデコ様式人形用ビュッフェ

e0074478_23243398.jpg
 ビュッフェって、食べ放題とか立食とかではありません(笑)。多くは食器や本など、様々なものを入れる家具(=棚)のことをさします。

 高さ36cm。木にペイント。見てそのまま、20年代後半から30年代のアールデコ様式です。扉の取っ手が取れているのと、一部上の方が押し潰されて破損しかけていますが、まあまあの状態です。

 かなり珍しいので、キープしておきたいなぁ、なんて一瞬思いましたが、そんなことでは部屋がメチャクチャになる一方だし、今は所有欲を徐々に減らす方向で行きたいので(マイブーム?)、頑張って東京へ持って行こうと思います。この他にもこの種のおもちゃは色々あって、全部持っていくつもりです~。

持っていければの話ですが…

↓今日もポチッをお願いします~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-18 23:25 | おもちゃシリーズ | Comments(2)

ダークブラウンのクマ

e0074478_19511879.jpg
 そろそろ日本へ連れていく子たちを紹介し始めます。ものによっては既に紹介している子もいますので、その場合は再び紹介することは避けたいと思います。

 この子は今月始め、パリ市内で行われていた古物市で見つけたクマちゃんです。

 素材はモヘアで中綿がコットン、目がガラスで舌と鼻がフェルト。多分50年代終わりのフランス製。

 おそらくは僕が集めているアルファのものだと思うのですが、沢山抱え込んでいるのも限度があるので、気持ちよく手放したいと思います。

 というわけで、6月の蚤の市展はぬいぐるみタンマリです~。

乞うご期待~

↓応援クリック~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-17 19:51 | クマシリーズ | Comments(0)