<   2010年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ミハラヤスヒロ メンズ 2010・2011秋冬

e0074478_232841.jpg
 パリコレで、最前列の席をくれる唯一のブランドがミハラヤスヒロ。だから褒めるわけではないのですが、今回もかなり充実したコレクションを見せてくれました。どのルックも洗練されているし、アイデアがあるし、他のブランドにはないポエジーが感じられます。

 このコートは、ダメージを受けたジャケットのモチーフをジャカード織りで表現した、かなり凝ったアイテム。その他にもダメージを受けたかのように編んだニットのセーターや、ジーンズの染めムラをジャカードで表現したスーツなど、どれもこれも素敵。ヨーロッパのデザイナーの服にはない新しさがあります。それって、自分がヨーロッパにいるからエキゾティックに見えるだけ、というわけではないと思うのですが。

e0074478_2322412.jpg
 ショーにやってきたラッパーのカニエ・ウエスト。ミハラヤスヒロのスニーカーのファンらしく、東京にやって来た時には三原氏と食事をしたのだとか。ちなみに彼が着ているシャツはジバンシィのメンズです。

e0074478_2324253.jpg
 三原康裕(手前)と、音楽を担当したヴァイオリニストの五嶋龍。五嶋龍の姉は五嶋みどりだそうで、そんなこと全然知りませんでした~。

コート注文したかったかも~

↓応援クリックお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-01-31 23:30 | パリコレ | Comments(0)

ジョン・ガリアーノ メンズ 2010・2011秋冬

e0074478_2214499.jpg
 やっとクチュールが終わりました。でもこれから原稿書き。そして1ヶ月もするとレディースのパリコレが始まってしまいます。直ぐにでも各メゾンに招待状要請メールを送らなくてなりません。どうなってるんだろう、このスケジューリング・・・。

 ジョン・ガリアーノのショーは、ヴァンドーム広場に面した元銀行だった建物。この前のレディースの時、セリーヌとドリスがショーをやった場所と同じです。工事中なので壁が汚いまま。というか、全然工事が進んでいない様子でした。アールデコ風の壁画が残っているので、あのままにしておくのかな。

 コレクションは、シャーロック・ホームズとタイの格闘技、ムエタイのイメージ。ホームズの方は良いとして、ムエタイの方はほとんど裸で服らしいものがあまりなかったです。不況のせいか、上半身裸でルック数を稼ぐのが流行っているようですね。とにかく出てきたモデルの数が少なくて、あっという間に終わってしまいました。大先輩のジャーナリストさんは「服見ないで裸ばかり見ちゃった」と仰ってましたが、ジョン様の眼くらまし作戦は大成功といったところでしょうか。

e0074478_22165951.jpg
 ランウェイから炎が立ち上ってジョン様の登場。ほとんど80年代のへヴィメタルバンドのライブって感じでした~。

e0074478_22172453.jpg
          ジョン様、モーターヘッド風?

↓クリックをポチッ~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-01-29 22:18 | パリコレ | Comments(6)

リック・オウエンス メンズ 2010・2011秋冬

e0074478_22263297.jpg
 今日はクチュール最終日。でもヴァンドーム広場の宝飾店のプレゼンのみなので、少々気が楽です。

 リック・オウエンスのメンズコレクションは国立高等美術学校、ボ・ザールのホールで行なわれました。コレクションの度に思うのですが、会場にはリックの服を着た人がたくさんいて、根強い人気があるんだぁって実感させられます。

 リックの服って、自分で着ているところを想像できないくらい異質のものなのですが、コレクションとしては『我が道行く度』が高くて、それだけでも評価すべきだと思いました。リックの服って、スタイル云々以前に、物凄く値段が高いので手が出ないんですけどね。

 異質といえば、リック夫妻と同じジムに通う友人が言っていたことを思い出しました。見たところちょっと変わっている夫婦は、お金に余裕のあるシックな人が集うそのジムの中ではかなり目立つ存在らしく、自分たちのスタイルとは違う二人を遠目から見る、つまりは半分無視する人が多いのだとか。友人はそういったことに違和感を覚えるので、特に夫人とは会話をするようにつとめ、今となっては結構仲が良いと言っていました。

 ちなみにリック自身は筋肉隆々。見せたがり屋さんなので、それを嫌がる人もいます。ま、僕は目の保養と思ってジックリ観察しちゃいますが。

欲望が渦巻くヴァンドームへ行ってきます~

↓応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-01-28 22:29 | パリコレ | Comments(0)

ジバンシィ メンズ 2010・2011秋冬

e0074478_2391684.jpg
 リカルド・ティッシによるジバンシィ。会場へ入ることは最初から厳しいとわかっていましたが、何とか見てきました。でも2列目なんて結構空いてて、あんなに制限しなくてもいいのに、って思いましたよ。折角お金をかけてショーをやるのだったら、より多くの人に見てもらったほうが良いと思うんですけどね。

 で、コレクションはティッシのキリスト教的宗教観を反映したもので、アヴェ・マリアが流れるなか、シンプルでノーブルな印象のアイテムで統一。写真は、金の月桂樹風ネックレスをコーディネイトしたホワイトシャツとパンツ。サンダルでカジュアル感を出しています(?)。

 物凄いものが出てくるかもしれないと期待していたら、20ルック強で終わってしまい、あれれ?って感じ。その内の2体は上半身裸だったので、う~ん、もうちょっと服を見たかったなぁっていうのが正直な感想でした。

今からヴァレンティノのクチュールです~

↓クリックお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-01-27 23:38 | パリコレ | Comments(0)

Y-3 メンズ 2010・2011秋冬

e0074478_2185575.jpg
 Y-3のプレゼンテーション&カクテルパーティへ行ってみました。山本耀司がディレクションしていますが、僕からするとアディダスのスポーツテイストの方が強い感じ。もうちょっとヨウジ色が強くても良いと思いますが、そうすると売れなくなるんでしょうね。

 不況のせいでパーティの数が極端に減る中、このY-3のパーティはシャンパンが途切れないという太っ腹ぶりで来場者を喜ばせてくれました。シャンパンだけでつまみはなし、みたいなパーティも増えつつありますが、ここでは食べるものも出ていてかなり嬉しかったです(泣)。

e0074478_21131478.jpg
 いきなりこんな人がいたのでビックリ。『頭突き』のジネディーヌ・ジダンさんです。でも去年のNYのY-3のコレクションにも彼が来ていて、山本耀司とPK合戦したって報道されていましたし、元々アディダスの広告塔だったんだそう。へぇ~、知らなかった。っていうか、僕ってサッカー音痴・・・。
 
とにかく王者の風格が漂っていました~

↓応援クリックをポチっ~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-01-26 21:14 | パリコレ | Comments(4)

ジャン・ポール・ゴルチエ メンズ 2010・2011秋冬

e0074478_0322379.jpg
 昨日メンズが終了し、同日の夜からクチュールが始まりました。レディースのプレタ・ポルテよりは楽だけど、あと4日あるのかぁ。

 さて、今日はジャン・ポール・ゴルチエをご紹介。80年代、90年代は本当に好きで、結構買っていましたが最近は・・・。

 バックステージに入れるというので、潜入してきました。コレクションテーマはボクシングという話で、美丈夫がたくさんいるものかと思いましたが、美しいというよりかは、ただの筋肉モリモリ、みたいな人ばかり。モデルの半分は素人で、写真の彼はプロではなく、空手か柔道の選手。着ている服のように筋骨隆々。このシャツ、微妙だな。

e0074478_0341227.jpg
 こちらはプロのモデルさん。若いって素晴らしいことなんだな、って思っちゃいました(笑)。モデルたち全員の顔に傷跡風メイクをしています。

e0074478_034257.jpg
 会場へ行ってみると、いました、DV男。リアナをブン殴ってしまったクリス・ブラウンです。期間中方々のショーに来ていて、何度が目が合ってしまい、その度に因縁つけられたら嫌だなって思っちゃいました。

e0074478_0345517.jpg
 会場中央にはトリコロールカラーのボクシング・リングが作られていて、フランスの空手チャンピオンの女性が試合をする中、その周りをモデルたちが歩きました。

e0074478_0351553.jpg
 この写真では全くわからないと思いますが、このトップスはニットではなくて、アイリッシュモチーフのように立体的にビーズで刺繍したものなんです。以前オート・クチュールでやったことのあるアイデアで、焼き直しなんですが、何度見ても凄いなって。買ったらウン百万円だと思います。

e0074478_0352996.jpg
        超ご機嫌なゴルチエ先生。もちろん彼も傷跡メイクしてます~。

今からディオールへ行ってきます~

↓ポチッとクリックよろしくです~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-01-25 23:26 | パリコレ | Comments(6)

ルイ・ヴィトン メンズ 2010・2011秋冬

e0074478_0365332.jpg
 前回に引き続き、アートセンターのLe 104でショーを行なったルイ・ヴィトン。ここはとにかく広いし、天井は全てガラス張りなので、例え曇っていても明るいので気持ち良いんです。前回来たときには無かった店舗も、両脇のスペースに入っていました。その中にはピエール神父が始めたエマウスというリサイクルショップもあって、中々いい感じです。

 フランツ・カフカやエゴン・シーレなど、多数の文化人を輩出した20世紀初頭のウィーンにイメージを求めたコレクション。クラシックな雰囲気の中に、ディテールで遊びやモダニティを出していました。シーレのデッサンを思わせる、絵の具がにじんだようなキャンバス地のバッグなども印象的。ハンドペインティングだそうで、商品化されるのかわかりませんが。

 写真はヴェルヴェットの襟が付いたサテンのスーツ。モデルはハル・ベリーのボーイフレンドのガブリエル・オーブリーです。

e0074478_0371698.jpg
 メンズのデザインスタジオのディレクターであるポール・ヘルヴァースと、アーティスティック・デザイナーのマーク・ジェイコブス。マークはここ最近ずっとスカート姿。このスコティッシュのスカート、コム・デ・ギャルソンのものという情報あり。もしかしたら本物のスコットランド製のキルトかもしれません。今回は姿を見かけませんでしたが、ブラジル人の筋肉モリモリの彼氏と結婚間近という噂が何度も流れていて、何度も流れていることに何か理由がありそう。真相は謎のままですけどね。とにかくお幸せに~。

今日はメンズ最終日だけどクチュール初日~

↓応援クリックをお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-01-24 23:28 | パリコレ | Comments(0)

イッセイ・ミヤケ メンズ 2010・2011秋冬

e0074478_1934891.jpg
 ここ最近、レディースも含めて個人的に結構好きなイッセイ・ミヤケ。今回もロワイヤル通りのブティックで発表しました。テーマはコーヒー。来場者には赤いコーヒーが振舞われましたが、味は今ひとつ。

 それはさておき、コレクションは発表体数が少なかったけれど、見応えの無さを感じさせず、逆にとてもまとまりがあったような気がしました。ちょっとひいき目?

 素材の面白さを感じさせる凝った作品ばかり。でも値段が高いので、実際に売るとなると大変なのかも。とにかくプレスセールに呼んで欲しいなぁ、って思いました。

今からミハラ・ヤスヒロです~

↓ポチッ応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-01-23 19:36 | パリコレ | Comments(0)

ドリス・ヴァン・ノッテン メンズ2010・2011秋冬

e0074478_19403323.jpg
 実は昨日からパリコレが始まっていて、バタバタ生活が始まりました。ま、今日は午後からの開始なので少し楽なんですが、断水することを忘れていて1時間ほどアタフタ。直ぐに復旧したので良かったものの、パリコレ中は止めて欲しいですぅ。来週の月曜日も断水の予定。備えておかなくちゃ。

 それはさておき、今日はドリス・ヴァン・ノッテンを紹介します。前回に引き続き証券取引所で行なわれましたが、今回は2階の四角い廊下を使ってのショー。前回のショーはDJを載せたトラックがやってきて音楽を流し、今回はモデルたち各人がトランシーバーを持っていて、そこから音楽が流れてくるという演出でした。

 コレクションは、異素材の袖のジャケットやコートが登場し、また袖なしジャケットにストライプのシャツを合わせたり、その対比を強調していました。アイテムによっては、前々回のラフ・シモンズをほうふつ。色使いは全然違いますが、やっぱりベルギー人だから発想が似ているのでしょうか。ドリスらしいシックなアイテム満載で、直ぐにでも着たいものばかりでした。

今からリック・オウエンスです~

↓応援クリックをポチッ~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-01-22 19:41 | パリコレ | Comments(0)

コペンハーゲンの衛兵

e0074478_0391551.jpg
 「R」の気ままにパリでフォトブログのRyoちゃんが、ベルリン土産にくれた衛兵のお人形です。胸の部分にKobenhavnと入っていて、地名だろうけどどこ?なんて思って調べたらコペンハーゲンでした。なんだよ、ベルリン土産にコペンハーゲンの人形かよって(笑)。

 高さ17cm。陶器の人形にウサギの毛皮を貼り付けてあります。で、この人形の顔をジ~っと見ていたら、何とも日本っぽい。もしかしたら、安かろう悪かろうの60年代頃の日本製かもしれません。かなり怪しい。

 ベルリン土産なのにコペンハーゲンの衛兵の人形で、しかも日本製(と勝手に決め付けてますが)。謎だけど、微妙に可愛いので良しとします~。

実は明日からパリコレです~

↓今日もお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-01-20 23:37 | 人形シリーズ | Comments(0)