<   2009年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

店頭用台紙 木馬編

e0074478_0582760.jpg
 クリニアンクールの蚤の市で見つけた、おもちゃ用の台紙です。6ユーロもしましたが、新品なので諦めて買うことに。多分40年代のものだと思います。

 で、一体どんなおもちゃを飾ったのかわかりませんが、このイラストを邪魔しないものといったら限られてきますよね。服ではないでしょうし、ぬいぐるみでもなさそう。一番上に紐を通せる穴があって、壁に掛けることができます。そんなに重いものでもないと思うし。

 う~ん。何だかわからないけど、とにかくこのイラストは可愛い~。

我が家でも何に使うかは謎です~

↓応援クリックをポチッ~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-11-30 23:55 | 装飾品 | Comments(0)

ブルーライン・シードビーズの42連ネックレス

e0074478_17204443.jpg
 内側にブルーのラインが入った透明シードビーズを繋いだネックレスです。これも昨日、一昨日と紹介したフレンチジェットのテープを買ったところで購入しました。もちろん1ユーロ。

 長さ37cm。このタイプのビーズは現在も作られているのかもしれませんが、留め金が古いタイプのものなので、前世紀初頭から20年代くらいのものだと思います。おそらくチェコ製。

 42本のシードビーズを繋いだもので、欠損がない完品。いわゆるコスチュームジュエリーなので、宝飾品のような価値はないにしろ、こんなものが1ユーロで手に入ってしまうのだから、ついつい古物市に足が向いてしまいます~。

でも今日は行けません~(涙)

↓ワンクリックをよろしく~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-11-28 17:22 | 装飾品 | Comments(2)

フレンチジェットのテープ 其のニ

e0074478_18345170.jpg
 昨日紹介したテープと同じ時に買ったものです。長さは38cmあって、これも服の装飾用に作られたものだと思います。

 平行に走らせた2本のサテンコードの間に、波型にサテンコードを這わせ、そこにビースが刺繍されています。もちろん全て手縫い。

 夫の死後、喪に服していたヴィクトリア女王が身に付けたことから広まった天然石のジェット。それをガラスで模したのがフレンチジェットです。でもフレンチジェットはピカピカしていて光沢があるので、僕からすると全然別物。このテープを飾ったドレスなんて、かなりきらびやかになるはず。黒の服だけではなく、深いグリーンや赤に合わせているものも美術館で見たことがあります。とにかく、フレンチジェットは本物の渋い雰囲気のジェットよりもゴージャス&フェミニンな印象です~。

これも仕舞っておきます

↓ポチッと応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-11-27 18:43 | 装飾品 | Comments(2)

フレンチジェットのテープ

e0074478_405480.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、フレンチジェット・ビーズが刺繍されたテープです。売っていたのはアラブ系の一般人らしき女性。拾ったものだったのかも。終わり掛けの時間だったので、1ユーロでした。

 このテープ自体は長さが27cmほどあります。おそらくドレスやジャケットの縁取りに使うために作られたのでしょう。19世紀後期から20世紀初頭のものだと思います。

 大き目のカボションと呼ばれるビーズを中心に、シードビーズを糸でレース状に繋ぐという大変な作業をしています。昔のフランス人は本当に器用だったんだなぁ、って今のフランス人を見ていると思ってしまいます~。

で、何に使う?

↓応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-11-26 23:59 | 装飾品 | Comments(2)

ヴァネッサ・パラディ ジョー・ル・タクシー

e0074478_2355259.jpg
 ヴァネッサ・パラディの87年の12インチシングル「ジョー・ル・タクシー」です。ファーストシングルだと思っていたら、更に遡ること2年、85年にもレコードを出していました。

 「なんでいきなり?」っていう感じでしょうが、ヴァネッサの出身地で行なわれていた古物市で買ったので紹介してみました。ちなみに彼女はパリ郊外のサン・モールという街の出身。

 売っていたのはイギリス人のオッサン。前に同じ場所でレコードを売っていて、何枚か買った覚えがあります。1ユーロだったので値切らず購入。「ヴァネッサってここの出身だよね」なんていうと「そうだよ。ここの裏に元ボーイフレンドが経営してるレストランがあるよ」なんて教えてくれましたが、僕はヴァネッサファンではないので「へぇ~、そうですかぁ」とだけ返事。

 この曲って、数年前にハナヨさんがカバーしてヨーロッパではヒットしてましたね。ヴァネッサよりも舌足らずなヴォーカルで、あれはあれでとっても良かったです。ジャケットも笑えたし。今のエレクトロな傾向を考えると、あれはハシリ的な曲だったのかも~。

ヴァネッサファンじゃないので話がブレた~

↓今日もクリックして応援を~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-11-25 23:57 | レコード | Comments(2)

ピンクのお家

e0074478_1640960.jpg
 パリ市内で行なわれていた古物市で見つけた刺繍絵。売っていたのはフランス人の一般人と見られる女性。2ユーロだったのでそのまま値切らずに購入しました。多分1.5ユーロにはなったと思いますが、パリ価格ということにしました。

 縦32cm、横24cm。売主のマダムいわく、彼女の娘が70年代に刺繍したものだそうです。

 色使いといい、トリの描き方といい、ここまでナイーヴなモチーフは珍しいのですが、色のバランスや構図は計算されていて、これは大人の仕業に違いありません。色合いがきついので毒々しくもあるけれど、子供の夢をそのまま表現してしまったかのようで、思わず可愛いと思ってしまいます。しかも額がピンクというのが僕的に大ヒットでした~。

ピンク大好き病はいつまで続く~?

↓応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-11-24 16:40 | 刺繍絵シリーズ | Comments(4)

エマニュエル夫人の8ミリ

e0074478_034834.jpg
 ハイ。見ての通り、エマニュエル夫人の8ミリです。どうしてこんなものを買ったのか・・・。とにかくエマニュエル夫人の8ミリが存在し、それが一般に売られていたことにビックリした記憶があります。売っていたのはフランス人のムッシュだったと思いますが、10年位前の話で記憶もおぼろげ。値段は2フランとか3フランの世界だったと思います。

 ここは(表向き)品行方正な方たちのためのブログなので、一応修正を入れてみました。

 この映画が作られた74年当時は、ビデオが普及していなくて、あっても8ミリくらいだったのでしょうね。夜コッソリ楽しむフランスのお父さんたちのためだったのか、この種の映画が解禁になっていなかった国(例えば日本?)の観光客に売るためだったのかわかりませんが、当時は結構な数が出回っていたはず。でもその割には古物市で見かけないので、大切にとっておく人が多いのかも。

e0074478_04321.jpg
 で、早速編集機を使って見てみました。小さな画面では良く見えないというのもあるけれど、そんなにエロティックじゃないかも。ま、時代が変わったという感じ。というか・・・。

編集機って音が出ないの知りませんでした~

↓今日もお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-11-23 22:58 | 番外編 | Comments(2)

8ミリ編集機

e0074478_26371.jpg
 パリ市内で行なわれていた古物市で購入した8ミリ編集機です。売っていたのはフランス人の一般人女性。値段を聞いたら、マダムはケイタイで息子に連絡。息子からは8ユーロという提示価格。5ユーロに値切ったら、6になったので決着です。

 日本製。日本の精密機械は本当に良く出来ていますね。古くても80年代以前ではないと思います。

 どうしてこんなものを買ったかというと、映画の中に出てくる編集作業のシーンに憧れがあったんです。カタカタ回しながらフィルムをカットして繋ぐ。何だか素敵っ、なんて。そして前に買って持っていた8ミリを見てみたかった、というのも理由の一つでした~。

次回はそのレアな8ミリをご紹介~

↓ポチッと応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-11-21 01:55 | 調度品 | Comments(4)

水を飲むシマウマ

e0074478_1474387.jpg
 パリ郊外の古物市で見つけたシマウマの刺繍絵です。売っていたのはセミプロっぽいフランス人の親子。家庭の粗大ゴミを拾ってきて売っている感じ。そういうのエコロジックで好きかも。2ユーロを1ユーロに値切って購入。

 縦34cm、横25cm。60年代頃のものでしょうか。

 馬の刺繍絵だったら偶に見かけますが、シマウマというのは珍しく、しかも水を飲んでいる意匠は本当にレア。かといって、そこに価値を見出すのは僕くらいなんでしょうが。とにかく、この刺繍絵キットを買って一生懸命刺繍した人は偉いと思います。

 夕焼けを表現しているのでしょうが、色合いがヘンテコリンだし、アフリカの草原にしては草ボウボウで、あんまりそれっぽくないところもシュール。サファリパークのシマウマなんだろうか・・・。

寝室の壁を開放しようかな~

↓ポチッと応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-11-20 23:19 | 刺繍絵シリーズ | Comments(4)

スキーヤー・ドナルド

e0074478_22294361.jpg
 パリ郊外の古物市で見つけたスキーヤー・ドナルド。売っていたのはフランス人の一般人女性で、3ユーロを2ユーロに値切っての購入です。

 高さ14cm。素材はフェルトで、中綿がコットン。50~60年代のイタリアかフランス製。スキーの道具はこのためだけに作られていて、凝っているといえばかなり凝ってますね。

 以前にもスキーヤー・ドナルドを紹介していますが、この子で3匹目です。また同じスキーヤー・ドナルドに出会ったら、きっと買ってしまうのでしょう。「だって表情が全然違うもん」とか言いながら・・・。

ドナルド専用の戸棚を作りました~

↓今日もポチッと応援クリックを~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-11-19 22:29 | トリシリーズ | Comments(2)