<   2009年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

魚のブローチ

e0074478_2145523.jpg
 これも某アクセサリーブランドのプレスセールで買ったもの。昨日まで紹介していたネックレスのペンダントトップと同じように、型に一色ずつ樹脂を流し込んで作る凝ったものです。だから所々気泡が入ってます。

 横の長さが約8cm。フランス人はここまで面倒な作業は不得手だと思うので(勝手な思い込みなんですが)、もしかしたら中国で作らせてるのかも。セールなので20ユーロでしたが、定価で買った友人いわく100ユーロ以上してたとか。

 以前、このブローチを着けて友人の家へ御飯を食べに行きましたが、意外とインパクトが無かったみたいで、誰も突っ込みを入れてくれませんでした。僕の身体には小さすぎるのかな?

明日もブローチ~

↓今日もポチッと応援クリック~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-07-31 21:47 | 装飾品 | Comments(0)

ホワイトチョコボーイのネックレス(赤顔)

e0074478_2325248.jpg
 このリフォームシリーズ最後は、赤い顔をしたマリンくんのネックレスです。初回はブレスレットと書き、昨日はペンダントと書き、表記がバラバラだったので全てネックレスに統一しました。 

e0074478_23254668.jpg
 ブルーと赤の珠を足しました。ブルーがプラスチックで、赤がガラス。プラスチックの赤珠が問屋になく、ガラスだと重くなるかなと思いましたが、そんなに変わりませんでした。ほかと比べてちょっと小さいですが、それほど気になりません。

 この赤珠、よく見ると猫目のようになった凝った細工のものなんです。チェコビーズの産地、ヤブロネッツ原産。というかヤブロネッツ社製。地名が会社名になってます。やっぱり伝統の力は強い!

 で、僕が通っているその問屋、120年も続く老舗なんですが、2年位前にヤブロネッツ社に買収され、外資になってしまいました。こうやってフランスの会社はどんどん外国人に買われていってるんです。フランス企業弱すぎっ。ラクロワもどうやらイタリアの会社になりそうです~。

明日はブローチ~

↓今日もポチッと応援クリックを~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-07-30 23:27 | 装飾品 | Comments(6)

ホワイトチョコボーイのネックレス(ピンク顔)

e0074478_2213310.jpg
 昨日の別バージョンです。この色のペンダントは残ってなくて、最初からこの3連ブレスレを買ってリフォームするつもりでいました。

e0074478_22131994.jpg
 で、結果が上の写真。ピンクとマリンブルーのプラスチック珠を足しました。ネックレスを作るために珠を置いて調子を見る専用の台が存在しますが、僕はそんなものは持ってなくて、床の羽目板と羽目板の間にできてる隙間にビーズを置いて作業をしました。傍目から見たら暗い感じだったかも・・・。

専用台は日本へ帰ったら買うつもりです~

↓応援クリックをお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-07-29 22:13 | 装飾品 | Comments(2)

チョコビスケットボーイのネックレス

e0074478_2292689.jpg
 今日からリフォームシリーズ。これは、6月に行なわれた某アクセサリーブランドのプレスセールで買ったブレスレットです。

本当はネックレスバージョンが欲しかったけど、35ユーロもしてました。でもこの3連のブレスレットはたったの15ユーロ。男の子のパーツ部分は同じなので、ブレスを買ってリフォームした方が良いかなと思いました。もちろんビーズは買わなくちゃいけませんけどね。

 そもそもネックレスバージョンは丸い珠が連なっていて、それはそれで中々素敵。留め金は、半分ずつの珠をネジで合わせるようになっていて凝った作り。値段が高いのはわかるような気がします。でもインパクトに欠けるといえば、そんな感じもしなくもないという。

e0074478_2302476.jpg
 で、出来上がったのがこれ。問屋へ行ってオレンジとグリーンのビーズを買い、自分にとって丁度いい長さの90センチにまで長くしました。パリコレにも着けていきましたが、みんな釘付け。当たり前か・・・。
 
インパクトで勝負ネックレス~

↓今日も応援クリックを~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-07-28 23:01 | 装飾品 | Comments(2)

額縁セット

e0074478_2131028.jpg
 パリ郊外というか、ノルマンディー地方のはずれの村で行なわれていた古物市で購入した額縁のセット。売っていたのはフランス人の一般人男性。値段は全部で2.5ユーロでした。

 大きいものが縦27cm、横21cm。この2つは全く同じもので、片方はガラスが入ってません。ガラスには木に似せたペイントが塗られています。小さいものが縦11cm、横8cm。素材は木で、古くても50年代くらいのものなのではないかと思います。フランス製。

 やっぱりアマチュアから買うと安いですね。昨日ヴァンヴへ行ったけど、どれも高すぎて手が出ないって感じ。日本人のMさんがやっているスタンドで「ヴァンヴは高い!」を連呼したら「当たり前よ~。ここはプロばかりだもん」と言われちゃいました。それでも良いものは集まってますが。例えば、18世紀とみられる手彩色の扇子でガラスケースに入ったものが120ユーロとか、価値を考えたら安いのかも。お金があったら欲しかった~。

 それはさておき、この額縁はこの前紹介したパッケージングイラストを飾るのにいいと思って買ってみましたが、やっぱり机の上に放置したままです。廊下の壁に飾っちゃおうかな。でもすでにレコードラックがあって、引きがなくて飾っても見えないのが難点なんですけど。

積んでおくよりかはマシか・・・

↓応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-07-27 21:10 | 調度品 | Comments(0)

Time Magazineの鏡

e0074478_19282630.jpg
 どうしてこんなもの買っちゃったんだろうという代物です。パリ郊外で行なわれていた古物市で見つけました。売っていたのはフランス人のおニイちゃん。最初2ユーロといわれましたが、額部分錆びているのでそれは高すぎると文句を言い、結局1ユーロになりました。それでも高かったかも。

 縦25.5cm、横20.5cm。多分80年代のものだと思います。

 鏡シリーズのところに飾ればいいかなと思ったんですが、これ一つで全体がダサくなりそう。どうしましょ。扱いに困る~っ!

やっぱりこれもタンスへ直行?

↓今日もお願いですぅ~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-07-25 19:32 | 装飾品 | Comments(6)

鎖帷子のバッグ

e0074478_17444425.jpg
 ついこの間鎖帷子のミニバッグを紹介しましたが、これはもう少し大きなバージョン。売り主はフランス人と北アフリカ系の男性2人。パリ郊外の古物市で購入。古物が揃っていてそれなりだったので、オジサンたちは一般人ではなくプロだったと思います。

 最初北アフリカ系のオジサンに声をかけ、値段を聞いたら5ユーロっていう返事がきてひっくり返りそうになっていると、フランス人のオッサンが「何いってんだよ、お前。5ユーロは安すぎる。20だ」と横槍を入れてきたんです。「はぁ~、20でも安いんだけど、僕には高い~」と思って値切りましたが、15にしかならなくてその場を去りました。

 一通り見て回り元の場所に戻り、値切り作戦開始です。フランス人のオジサンに10ユーロにしてよ、と哀願の眼差しでお願いすると案外簡単に思い通りに行ってしまいました。最初からオジサンたち、価値がわかってなかったんでしょう。

 縦15cm、横17cm。19世紀後半から20世紀前半のものだと思います。フランス製。立派な作りのものになると、がま口部分にアトリエの名前と住所が入っていたりしますが、これには入ってません。所々わっかが抜けてるけど、今度日本に帰ったときに貴和で買って修繕するつもり。でも修繕してそのあとどうするんだろう・・・。

やっぱりタンスへ直行?

↓今日もいつも通りお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-07-24 17:46 | 装飾品 | Comments(4)

バンビの額入りイラスト

e0074478_0445018.jpg
 パリ郊外の古物市で見つけたバンビのイラスト。古物市といっても一般人しか店を出してなくて、全然見ごたえがなかったです。売っていたのはフランス人のマダムで、値段は0.5ユーロ。

 一応コピーライトの文字が入っているので、ちゃんとしたライセンス商品のようです。印刷された紙に、額に見立てたプラスチック製の筒がくっついているだけ、という簡単な作り。でもイラストの黒い部分はフロック加工になっていて、触るとビロードのよう。そのお陰で、実物は何となく奥行きが感じられます。

 安物だけどかなりレアなアイテムかも。マダムいわく80年代に買ったのだそうです。どこで買ったのか聞いておけば良かった。それにしても飾る壁がない! 

バンビちゃん、机の上に置きっぱでゴメン~

↓クリックを宜しくお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-07-23 23:27 | 調度品 | Comments(0)

メキシカン・ギタリスト 修繕後編

e0074478_21561567.jpg
 ギターは身体に縫い付けられていて、それを外すのは大事になりそうだったし、弦を調節する部分って、弦に見立てた糸を小さな杭で止めていて、それを引き抜くのは不可能なくらい小さくて、どうしようかと一瞬悩みました。糸も切れてなくなってたし。

 で、苦肉の策を決行。折れている部分を後ろから紙で貼り付けて固定し、糸は、最初から付いている糸を利用して新しく糸を結んで長くしました。実際はそれほど大変な作業ではありませんでしたが、糸を結ぶのが面倒だったかも。

 ショールも千切れそうになっていたので縫って補強しました。やっぱり風化して弱くなっていたようです。ちなみに顔の黒い点はカビ。多分業者が雨ざらしにしたせいだと思います。擦ったら他の部分がダメになりそうなので、そのままにするつもり。さっき見つけたのですが、足に何かベットリしたものがくっついていて除去しました。相当酷い目に遭ってきたようですね・・・。

オジサン、我が家で思う存分弾いてください~

↓今日も応援クリックをポチッ~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-07-22 21:57 | ロルダン | Comments(4)

メキシカン・ギタリスト

e0074478_153984.jpg
 昨日紹介した闘牛士と一緒に買ったメキシカンです。55ユーロなんていう大そうな値段が入った値札が見えると思います。

 実はこれって9区にある某古着屋さんのもの。本当は85ユーロだったところを55ユーロに値下げしたようです。でもいずれにせよ売れなかったんでしょうね。古物業者の手に渡り、パリ市内の路上で売られ、最終的に僕が買ったというわけです。

 前々からそこでロルダンの人形を売っていることは知っていましたが、僕が最初に見たときは、確か300フラン(約6,000円)くらいしていました。だから当然買えず。最近はお店をのぞいてないので、まだ売っているかわかりません。僕が知っている限りでは、人形はウィンドーに飾っていて、環境は決してよくありませんでした。色はあせるし、ホコリはかぶったままで、状態は悪くなる一方。おまけに値段が高すぎて売れず、結局は二束三文で業者に売り飛ばすわけです。それだったら最初から僕に安く売ってくれればいいのにぃ、なんて。

 素材はフェルトとコットンとその他色々。ショールにはお揃いの色のポンポンが付いていて、本当に手が込んでます。でもギターが折れているのがわかると思います。そうです。修繕です~。

といっても大した修繕ではないですが・・・

↓今日も応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-07-21 00:00 | ロルダン | Comments(0)