「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

バラのビーズ絵

e0074478_22144397.jpg
 昨日紹介したガラスケースと一緒に買ったバラの絵です。これを2回目にスタンドの前を通った時に発見してしまい、恐る恐る値段を聞いたら5ユーロという返事が返ってきてひっくり返りそうになりました。それで裏側を見たら4ユーロっていうボールペンの殴り書き。「ああ~もう、どうしてこういうことするかなぁ」と思いつつ、4ユーロって書いてあるじゃない?ってクレームをつけたら、ガラスケースと一緒で10ユーロと言われ、またまたひっくり返りそうになった僕。

e0074478_2216065.jpg
 縦9cm、横15cm。これ、全部ビーズでできています。この写真だと良くわかると思いますが、直径が1mmくらいの、本当に砂粒みたいなビーズで刺繍してあるんです。

e0074478_22161637.jpg
 製作者はジョセフィーヌ・クレモンさん。サインしてある紙が外れてセロテープで貼っているところも腹立たしいのですが、良いことにします。で、1829年の作品です。180年前の作品ですよ。それを4ユーロで売ろうとしていたあのマダムは何だったのか、という疑問はさておき、これを作ったジョセフィーヌさん偉いです。僕、これをやれって言われても無理ですもん。

タンス行きではなく、額装するつもりです~

↓応援クリックお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-04-30 22:17 | 調度品 | Comments(12)

ガラスケース大

e0074478_00041.jpg
 先月の日曜日のパリ郊外で行なわれていた古物市話は続きます。といってももうそろそろ終わりですが。

 一般人と思われる、フランス人のマダムのスタンドで見つけた特大のガラスケース。特大といっても縦31.5cm、横21cm、奥行き11.5cm。でも、僕が持っているガラスケースの中では一番大きく、同じ日に見つけた家型ガラスケースとは比べ物になりません。壁に掛けられるようフックが付いています。背面がミラーになっているので色々映りこんでますね。

 最初マダムに言われた値段が10ユーロ。家型ガラスケースが1ユーロだったので全然買う気が起きず、「ああ、そうですか」という顔をして通り過ぎました。でも、通り道が入り組んでいたため、またそのスタンドの前を通ってしまい、別の気になるものを発見してしまったのです~。

それは明日紹介します~

↓ポチッポチッ応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-04-29 22:37 | 調度品 | Comments(0)

ラフィアのブレード各種

e0074478_19093.jpg
 昨日紹介したカーテンベルト、一昨日紹介したタッセルと一緒に買ったラフィアのブレード。右下のものが化繊で、その他の2つは本物のラフィアです。

 我が家にいるクマで、ラフィアがついた前掛けをしている子がいるのですが、そのラフィアがボロボロなので使えるかなと思って見たところ、ちょっと色が違いました。

 その他では、以前紹介した南国ヌードダンサーの腰みのにラフィアが使われていましたが、あれは手で編んであったしなぁ。いずれにせよ、我が家では使用用途が極端に限られる素材です・・・。

ひとまずタンスへ直行です~

↓今日も応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-04-28 23:54 | 装飾品 | Comments(2)

カーテンベルト

e0074478_2053053.jpg
 一昨日紹介したタッセルは、要するにカーテンベルトで、これは房がないバージョン。細いシルクをコイル状に巻きつけて作ったコードでできていて、相当手が込んでいます。

e0074478_20534494.jpg
 2番目と4番目のタッセルは、5cmの幅のブレードを使っていますが、一番上と3番目のタッセルは、その半分の半分のブレードを繋いで5cm幅にしています。前者は両端が上の写真のようにきれいにまとめられていて、後者はただループをつけているだけ。その理由はわかりませんが、きっと目立たない窓のカーテンに後者のタッセルを使っていたのかも。

 いつの時代のものか全くわかりませんが、それほど古いものではないと思います。今でもこのブレードは買おうと思えば買えますが、存在感が強過ぎてあまりモダンな感じがしません。再利用の方法ってないのかなぁ、と思いますが・・・。

これもしばらく仕舞っておきます~

↓ポチッと応援よろしくぅ~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-04-27 20:53 | 装飾品 | Comments(8)

ラスタカラー風タッセル

e0074478_2024189.jpg
 ジャマイカを意識したわけではないのでしょうが、ラスタカラーのタッセルです。素材は何だかわかりませんが、多分ヴィスコース。それほど古いものではないと思いますが、多分30年は経っていると思います。何となくそう思うだけなんですが。

 これまた何に使うのかわかりません。今までに紹介してきたタッセルは、以前紹介した19世紀のトルソーの腰に巻いているんですが、もう既に2本もあって見た目重そう。どうしましょ・・・。

やっぱり仕舞っておくのかなぁ?

↓今日も応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-04-25 20:25 | 装飾品 | Comments(2)

リボン、タッセルなど色々

e0074478_23455117.jpg
 フランス人のマダムが売っていたリボンやらタッセルやら各種色々です。多分マダムは自分で手芸店を持っていたか、手芸店を持っていた人から譲り受けたかで、彼女のスタンドには他にも手芸用品がありました。全部で6ユーロ。

 ゴチャゴチャしていてわかりづらいと思うので、明日から一つずつ紹介して行きます~。

ゴミではありません~

↓ポチッと応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-04-24 23:46 | 装飾品 | Comments(0)

すみれ飴の缶

e0074478_2122391.jpg
 はぁ。気を取り直して、この前の日曜日に仕入れたグッズシリーズに戻ります。これはすみれ風味の飴が入っていた缶。売っていたのはフランス人のマダム。最初から0.5ユーロだったので、値切らず購入。こういう缶ってメチャクチャ高いことをいう業者がいますが、このマダムは見るからに一般人だったので安かったです。

 大きさは、長い方の直径が8.5cm。で、ネットで調べたら、この飴ってまだ売ってました。2.4ユーロとかで。だからこの缶を売ってくれたマダムは、かなり安い買い物をしましたね、きっと。フラヴィニーというは中央フランスの街の名前で、この飴はアニスベースのようです。500年前から製造方法が変わってないとか。

 で、そのマダムにこの缶の年代を聞いてみたところ「70年代くらいかしらぁ」という返事。こんなもん興味ないわ、つべこべ言わずに早く持っていって、という感じでした。それだったらもっと安くしてくれて良かったのにぃ(笑)。

でも今の缶は微妙にデザインが違います~

↓今日も応援よろしく~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-04-23 21:25 | 雑貨シリーズ | Comments(8)

再々々登場のネズミくん

e0074478_2326816.jpg
 ジャジャ~ンッ! またまた登場してくれました。もう怒り通り越して呆れます。一体どこからやってくるのか。金曜日に紹介したばかりなのに・・・。金曜日に紹介した子は、眼が釣りあがっているので、この子は別の子だと信じたい! ゴミを食べまくったのか丸々してますね。


 昨日夜7時半頃に帰宅し、友人がやってくるので御飯の用意を始めました。それで友人が到着する寸前にトイレに入ろうとして何気なく浴槽を見たら、ツブツブの黒いものが沢山! ヒエ~。のぞいてみたら彼とご対面になってしまいました。それでお説教を始めた僕。「どうして落ちたのぉ?(しめしめ)」とか「仲間にここに来るなって言いなさいよぉ」とか色々。しばらくお話をして、友人に「うちの子です~」と紹介。

 最近は慣れっこになってしまい、スーパーの袋を二重にして「観念しろぉ~」とか言いながらわしづかみ。それを裏返して、下に降りて中庭に放してあげました。

 で、どうしてこんなにまで我が家ではネズミが浴槽にはまってしまうかという話なんですが、前にも書いたかもしれないけれど、ネズミってピンクのものが好きなんだそうです。だから毒餌は必ずピンク。昨日洗濯機の周りをアルミホイルで閉じてしまい、帰る場所が無くなったためピンクのところに突進しちゃったようです。

 ドアの隙間や配水管の隙間など、全部を埋めた結果、もうカサカサ言わなくなりました。はぁ~。3月5日から昨日まで、実に6匹をゲットです。ここで4匹紹介していますが、他の2匹は粘着シートにベッタ~となった状態で、人に見せられるようなものではなかったので紹介しませんでした。とか言いながら、しっかり写真に撮ってパリコレ中ジャーナリストに見せまくってましたが。

もうこれで終わりにしてぇ~

↓可哀想な僕に応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-04-22 22:22 | 我が家のお友達 | Comments(12)

傘を持ったピエロ

e0074478_18261847.jpg
 毎日レポートしているネズミ話。昨日はゴミ箱を漁られたので、洗濯機の周りにスチールスポンジとアルミ箔で塞ぎましたが、塞ぎ方が悪かったのか簡単に突破されてしまい、ネットをしていたら寝室のドアの隙間から侵入されてしまいました。逃げていったけど。わなとして浴槽にゴミ箱を入れてみたものの、朝起きてみたらネズミが来た様子もないし、何か食べた形跡もなし。どうしましょ。まだどこかに穴があるんだろうけど、どこだかわからない! 今朝はネズミが出てくる悪夢にうなされちゃいました。

 さて、ピエロの刺繍絵です。先日紹介したブロンドのバイク乗りから比べたら、それほど珍しいモチーフではないですが、色合いと狂った感じが素敵で、つい欲しくなってしまいました。

 売っていたのはフランス人の男性で、1ユーロを0.5ユーロに値切ろうとしましたが失敗。男性の方が値切っても上手く行かない確率が多いかも。

 高さ35cm、幅25cm。多分70~80年代頃のものでしょう。

 これはどこに飾るか決定しています。僕が食事をするスペースの直ぐ脇の壁。ピエロの刺繍絵は3枚、ピエロの人形が一体、とコレクションがそろいつつあります~。

もうちょっと集めてみます~

↓今日もポチッと応援クリック~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-04-21 18:30 | 刺繍絵シリーズ | Comments(4)

パーティ用バッグ

e0074478_23552666.jpg
 はぁ~。またネズミが出現しちゃいました。さっきガサガサ音がすると思ってキッチンへ行ったら、ゴミ箱を漁ってました・・・(涙)。洗濯機の後ろに隠れちゃいましたが。キッチンのシンクの下の穴とか全部塞いだのに、まだ居残っているようです。こうなったら洗濯機と壁の隙間を全部埋めないと。今から作業をします。

 それはさておき、昨日紹介した人形の顔を売っていたスタンドで買ったパーティ用のバッグです。値段は1ユーロだったので値切りませんでした。

e0074478_23555216.jpg
 本体の長さが14cmほど。中を開けるとこのようになっていて、要するに何も入りません。小さなコンパクトを入れておしまい。こういうバッグを日常的に使う女性というのはある程度の階級や社会にいて、自分でお金を払うことは無く、男性に出してもらっていたのでバッグは小さくて良かったわけです。

 この種の小さいバッグのことを、フランスではミノディエールと呼ぶらしいです。意味は「しなを作る人、愛嬌を振りまく人」。つまり社交界用のバッグということでしょうか。年代ははっきりしませんが、アールデコのちょっと手前という感じで、1920年頃のものだと思います~。

またタンスの肥やしが増えました(泣)

↓応援クリックをお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-04-20 23:09 | 装飾品 | Comments(5)