「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

お出かけヒヨコ

e0074478_2253617.jpg
 「今日は仕事する気がしない~(最近は毎日そんな感じ)。は~、暑い。でもお部屋のお掃除しないとぬいぐるみたちに愛想尽かされる~」と疲れた身体に鞭打って掃除しましたよ。汗ダラダラで。

 で、あまりにも暑くて変だと思い、ネットの温度計を見たら34℃! 道理で、頭から湯気が出そうな勢いだったわけです。湿気はやや少ないものの、フランスにしてはかなり重い感じ。最近暑さ自慢のメールが沢山来るけど、パリだって東京と変わらないじゃん! と思ったのでした。

 それはさておき、お出かけヒヨコちゃんです。どこで買ったのか忘れましたが、多分パリ郊外の古物市で、一般人が売っていたもの。0.2フラン(約40円)とかだったと思います。

 高さ3.5cmで素材はプラスチック。これも復活祭用のケーキの飾りか何かだったのでしょう。60年代頃のフランス製?

 取り立てていいものではないのは見てわかると思います。でも、どうしてこのヒヨコに帽子を被せてハンドバッグを持たせてしまったのか、製作者の意図が良くわからなさ過ぎて素敵です~。

これからどこへ行くんです?

↓応援クリックをお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-07-31 23:24 | トリシリーズ | Comments(0)

ベルベットの空飛ぶトリ

e0074478_3212832.jpg
 トリシリーズを続けます。かなり前にオモチャ市で購入したトリです。通貨がフランの時代だったので、2000年以前でしょうか。他のものと一緒に買ったので正確な値段を忘れましたが、まあ、普通に安かったと思います。やっぱりオモチャ市の主役はクマなんですよね。トリなんて買う人がいないわけです。

 体長12cm、翼部分の長さが15cm。素材は恐らくシルクのベルベットで、クチバシと足がフェルト、中綿は木毛、目がガラス。多分20~30年代頃のものだと思います。フランス製でしょうか。

 写真では見えづらいかもしれませんが、背中に細い糸(多分現在は作られていないと思われるほど細い糸)が付いていて、手で持つとトリさんが飛んでくれます。何かこういう素朴なぬいぐるみって、今はないなぁ~って思いました。

で、あなたの種類は?

↓今日も応援クリックをお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-07-30 03:18 | トリシリーズ | Comments(4)

なんちゃってドナルドランプ

e0074478_2134084.jpg
 いつ買ったか忘れてしまいましたが、多分フランの時代だったので2000年以前でしょう。5フラン(100円)とか10フラン(200円)だったはず。売っていたのはフランス人のマダム。子供のために買ったもの、と言っていたような気がします。

 高さ19cm。底面に規定ワット数を超過しないようにとフランス語で書かれているので、これはフランス製だと思います。60年代のグッズを売る店で、似たようなランプを見たことがあるので、その時代のものでしょう。もちろんディズニーの商品ではなく、まがいモノです。

 この写真をジーッと見ていたら、何かに似てるなあって思いました。何だと思います?答えは口裂け女です~!

君、口大き過ぎ。でも可愛いから許す!

↓今日もポチポチ応援を~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-07-29 23:00 | トリシリーズ | Comments(2)

貴族ヒヨコ

e0074478_21554613.jpg
 貴族風のヒヨコちゃんです。ご覧の通り、昨日のヒヨコ夫婦と全く同じ会社のもの。身体部分が二つに分かれて、中に物を入れられます。素材も一緒。

 高さ17cm。目がプラスチックなので、やはり60~70年代頃だと思います。

 やはり、最初に紹介した箱付きヒヨコが時代的に一番古いので、装飾が凝っていますね。この人はかなり簡素。でもフリルをヒラヒラさせているだけで、貴族っぽさをかもし出しているところはさすがです。

あなた酔っ払ってます?

↓入魂クリックで応援を~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-07-28 21:57 | トリシリーズ | Comments(8)

ヒヨコの夫婦

e0074478_22574284.jpg
 ヒヨコなのにどうしてツガイになるんだよぉ、という疑問はさておき、パリ郊外の古物市で見つけたこの2匹。売っていたのはフランス人のマダム。確かフランの時代で、ものすごく安かったです。プラスチックの箱に入っていましたが、ボロボロだったので、それだけは捨てました。

 高さは14cm。基本素材は紙で、その他にコットン地、フェルト、目がプラスチック、首がバネ。多分60年代頃のもので、中に西ドイツ製と印刷されています。

 おわかりかもしれませんが、身体部分がパカッと開き、中に物を入れられます。だからこれも復活祭のためのチョコレートを入れる器だったのでしょう。

 ♂の方の服装が、やっぱりフランスのそれとは全然違いますね。ちょっとチロリアンは入ってて、お国柄が出てると思います~。

夫婦じゃなくてコーラス隊?

↓ポチっとクリックして応援よろしく~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-07-27 22:58 | トリシリーズ | Comments(4)

箱付ヒヨコ

e0074478_22332747.jpg
 何年前だったのか、どこで買ったのか、すっかり忘れてしまったヒヨコちゃん。多分7~8年くらい前だったと思います。足の台部分が箱で、ヒヨコの本体がフタになっています。中にはチョコレートとか、ドラジェ(アーモンドを砂糖でくるんだお菓子)が入っていたのではないかと思うのですが。復活祭用でしょうね。

 素材はモール、紙、フェルト、コットンで、目がガラス。明日以降紹介するヒヨコが、みな西ドイツ製なので、この子もドイツ製でしょう。その中でも一際古いので、もしかしたら戦前のものかもしれません。

 またどうしてこんなものを買ってしまったのかよくわからないんですが、可愛いから欲しい、という思考回路がずっと前からできちゃっていたようですね。もう仕方ない。これ、何に使うかって言われても、ただ飾るしかないんですけど・・・。

何に万歳してるの?

↓応援クリックをよろしく願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-07-26 22:44 | トリシリーズ | Comments(4)

シュコのトリ

e0074478_2185520.jpg
 この前の日曜日、久々にヴァンヴの蚤の市に出かけて見つけてしまったのがこの子です。ドイツのシュコ社製のトリ。内側が金属でカチカチなので、シュコだと思ったのですが、違っていたらごめんなさい~。

 売っていたのはフランス人のオバサンで、値切ると怒る人なので3ユーロの定価で購入。

 体長7cm。素材はスプレーペイントのモヘアで、足と身体の芯部分が金属、目がガラス。クチバシと翼の裏側とシッポがフェルト。60年代くらいのものでしょうか。

 ほんの少し虫食いに遭っていますが、まあまあの状態。これで3ユーロは高くなかったな、と思いましたが、今1ユーロが170円ってことを少し忘れていました(悲)。

やっぱりモヘアっていいですね~

↓今日も応援クリックをお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-07-25 23:20 | トリシリーズ | Comments(4)

シュタイフのピンクのクマ

e0074478_23555037.jpg
 前を通る度にウィンドーをのぞくオモチャ屋さん、Le Monde en Marcheが家の近くにありました。シーズンごとにディスプレイが変わるのですが、本当に夢があって素敵。毎回楽しみにしていました。僕にとっては、生まれて初めて自分のお金を出してぬいぐるみを買った思い出深い場所。そのぬいぐるみっていうのが、カエルなんですけどね(笑)。

 で、5月末の夜中過ぎ、十中八九酔っ払ってたと思いますが、家へ帰る途中お店の前を通りました。そうしたら、「来週火曜日から閉店のため50%引きセール」と貼り紙がしてあるじゃありませんか。ガ~ン。僕の聖地だったのに・・・。

 それで、あんまりお金を使いたくなかったので、行くかどうか迷ったんですけど、次の週の火曜日に行ってみましたよ。昼前だったのに、お店の中はほとんど空っぽ。「ヒエ~、なんか買わなきゃ~」って大慌てモードになってしまった僕は、奥の棚にうやうやしく飾ってあるシュタイフのクマちゃんを手にしてしまいました。タグには1908年のレプリカとか書いてあります。中綿はちゃんと木毛だし、目玉はブーツボタン。でもお値段が・・・。259ユーロ! で半額になって、129.5ユーロです。うわぁ~、1ユーロのぬいぐるみが129匹買える値段・・・。

e0074478_23562523.jpg
 でも良いのです。10年に一回もないチャンスですから。というか、このお店本当になくなっちゃうの? って寂しくなりました。持ち主が引退し、店の権利を売ってしまったのだそうです。仕方ないですね。安いオモチャを売っている量販店には勝てないし、時代の流れには逆らえなかったのでしょう。そうです。このクマちゃん、高かったけど(閉店)記念買いです~。

やっぱり一級品の風格が・・・

↓応援クリックをよろしくお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-07-24 23:57 | クマシリーズ | Comments(12)

ブルーのクリップブローチ

e0074478_5244511.jpg
 取材やら原稿やらでアップが遅れました。今週は締め切りが沢山あるので大変です~。

 さて、このブローチ。先々週の金曜日、日本から来た友人達を連れて行ったアリーグルの蚤の市で見つけました。売っていたのは中近東系の男性。多分パキスタンあたりの人だと思います。この類のものにあまり興味が無かったようで、最初から3ユーロでした。で、2に値切って購入。

 素材は、マット仕上げなので陶器のようにも見えますが、実はガラスです。一つ一つのパーツの下部分に針金が付いていて、それをわっかにし、そこに糸を通して台に留めてあります。台にはチェコスロヴァキア製と刻印が入っています。60年代から70年代頃のものでしょうか?

e0074478_525084.jpg
 裏側はご覧のようにクリップになっていて、ポケットの縁に挟んだりできます。でも落としちゃったら悲しいので、やっぱりしまっておきます~。

それか、縫い付けて使おうかな~

↓今日も応援クリックをお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-07-23 23:24 | 装飾品 | Comments(6)

デビルアヒル

e0074478_1952246.jpg
 昨日紹介したライオンと一緒に4ユーロで買ったアヒルさん。デビルの仮装をしています。

 前にこれと同じような格好をしているフェルトの人形を見つけ、安かったので一瞬買おうかと思いましたが、やっぱり縁起が悪いと思ってやめたことがありました。でも今回は、プロの仕業としか思えない精巧さに惹かれて買うことに。

 高さは7cmで手の平サイズ。素材はフェルトと毛糸で、靴の裏側には革が貼られています。アイマスクの下には、ガラスのビーズの目が縫い付けられていて、顔だけ見ると中々可愛いかも。手に持っている熊手(?)は、アルミの板を切り出したもので、棒に銅線を巻きつけて固定してあります。

 デビルっていうと縁起が悪いと思ってしまうのですが、この子を見ると、実は悪いものから守ってくれる存在なのかも、なんて思い始めてます~。

70年代頃のフランス製?

↓応援クリックをお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-07-21 19:18 | トリシリーズ | Comments(10)