<   2008年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

バンジョー弾きのピエロ

e0074478_18471176.jpg
 昨日紹介したゼンマイ仕掛けのバンビ、一昨日紹介したジャマン・ピュエッシュのバングと一緒に買ったピエロです。

 高さは20cm。素材はフェルトで、髪の毛部分がヴィスコースか何かの起毛素材。多分60年代頃のフランス、あるいはイタリア製。鼻と帽子の頭の部分が外れてなくなっていますが、これは想像して作るしかないですね。

 刺繍絵もそうなんですが、最近ピエロのモチーフが集まってきています。今の自分がそんな気分なんでしょうか。
 
じゃ、一体どんな気分?

↓下をクリックして応援を~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-06-30 18:52 | 人形シリーズ | Comments(4)

ゼンマイ仕掛けのバンビ

e0074478_1853373.jpg
 昨日紹介したジャマン・ピュエッシュのバッグと一緒に買った、ゼンマイ仕掛けのバンビちゃん。

 高さ17cm。素材は、表面が化繊の起毛素材、中の芯なっている部分が紙製で、目がプラスチック。僕が集めているサルのシールが付いたミニチュア動物を作っていた西ドイツの会社製です。多分70~80年代頃のもので、それほど古くはないと思います。

 実は全く同じものを持っているのですが、バンビというだけで欲しくなっちゃうんですよね。でもちょっと不完全で、本当はおしりのところにテントウムシが付いているんですけど。まあ安かったので良いことにします~。

尻尾と首を振りながら身体全体が回ります~

↓下をポチッとクリックして応援を~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-06-29 18:54 | バンビシリーズ | Comments(4)

ジャマン・ピュエッシュのバッグ

e0074478_17373997.jpg
 全然古いものではないんですが、古いものだと勘違いして買っちゃったんです(苦笑)。売主は古くないってちゃんと言ってたのに・・・。でもタダ同然だったので良かったのですが。売っていたのはフランス人のマダムで、全然欲がない人らしく、明日紹介するバンビ、あさって紹介する予定のピエロと全部で13ユーロにしてくれました。

 深さは20cmくらい。パーティー用のバッグなので、大きくありません。口紅とティッシューと携帯とメモを入れたらお終いって感じです。ジャマン・ピュエッシュというと、数年前に一世を風靡したバッグブランドで、展示会へ行くとバイヤーがいくつもバッグを抱えて並ぶほどの人気でした。ほとんどバーゲンの時のお店状態。でも今は落ち着いている感じ。

 友人に見せたら「女装用にしかならないわね」と冗談を言われましたが、そんな趣味はないので、僕のバッグコレクションに加えることにします~。

インドか中国製?

↓下をクリックして応援を~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-06-28 17:38 | 装飾品 | Comments(4)

片耳を立てた犬 其のニ

e0074478_17591256.jpg
 入浴させてからブラッシングしたら、ご覧のとおりになりました。なんともいえない湯上り感・・・。

急げ! パリコレに遅れる~

↓応援クリックお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-06-27 17:59 | 犬シリーズ | Comments(0)

片耳を立てた犬

e0074478_17442124.jpg
 さて、それからパリ市内で行なわれていた古物市へ移動しました。そこで見つけたのがこの子です。売っていたのはフランス人のオジサンで、ぬいぐるみにはあまり興味がなさそう。5ユーロを4ユーロに値切って買いました。僕ってこのマンガみたいな目玉の感じが好きで、それがたとえ状態が悪くても、どうしても欲しくなっちゃうんですよね。

 高さ19cm。表面の素材はヴィスコースかシルクの起毛素材で、中綿はコットンのようですが、もしかしたら木毛も混ざっているかも。目はガラス。首輪はビニール。多分60年代頃のフランス製。

 で、早速入浴させました。結果は明日発表します~。

今からメンズのパリコレへ行ってきます~

↓下をポチッとクリックして応援を~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-06-26 17:46 | 犬シリーズ | Comments(0)

アストラカン製のプードル

e0074478_1862198.jpg
 ピエロの刺繍絵を買ってプラプラ歩いていたら、この子に目が留まりました。売っていたのはフランス人のマダム。最初から4ユーロという、半端だけど高くない値段を提示され(僕にとっては5ユーロから値切って落ち着くことの多い値段)、「安いでしょ~」と言われると何となく値切りにくくなり、結局そのままで買いました。

 高さ22cm。素材はアストラカンの毛皮で、中綿は木毛、目がガラス。鼻はプラスチックで舌がフェルト。特に目玉が、白目の上から透明のガラスをかけてあって、珍しいタイプ。これだけでも買いかなと思いました。多分フランス製で、50年代終わりくらいでしょうか。素材が素材なので、当時はとても高価だったはず。

 アストラカンというと、以前紹介した、洗って台無しにしてしまったアストラカンのアンサンブルが記憶に新しいですね。教訓を生かして、今回は洗わずに掃除機でゴミを吸い取るだけにしました~。

顔はちょっとブチャイクです~

↓応援クリックをお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-06-25 18:06 | 犬シリーズ | Comments(4)

バイオリン弾きのピエロ

e0074478_17412267.jpg
 刺繍のモチーフを買って、鏡2枚という重い荷物を持ちながら、パリ郊外にあるまあまあの住宅地へ。

 またまた見つけてしまったピエロの刺繍絵です。売っていたのはフランス人の夫婦。最初2ユーロと言われ、渋い顔をしていたら1.5ユーロにしてくれました。渋い顔をしたのは、値段というよりかは部屋の壁面積のことを考えていたからなんですけどね。

 縦50.5cm、横20cm。売っていた夫婦の夫の方の叔母さんが持っていたものということで、60年代半と話していました。

 ちょっと可愛すぎて毒が無いかなと思いましたが、やっぱり値段に釣られちゃいました~。

もう少しギャグっぽさが欲しかったかも~

↓ポチッと応援クリックを~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-06-24 17:48 | 刺繍絵シリーズ | Comments(2)

刺繍のモチーフ

e0074478_0154726.jpg
 マイケルの鏡を買い「重い~」なんてブツクサ言いながら歩いている時に見つけたのが、この刺繍のモチーフです。

 売っていたのは東欧系のオバアサン。一つ0.5ユーロで、14枚あったので7ユーロと言われました。で、5ユーロに値切っても全然負けてくれません。一緒にいた娘らしき女性がフランス語ではない言葉で「もう少し安くすれば良いのに」と言ってくれているようでしたが、バアサンは聞く耳持たず。その女性はちょっと呆れた様子でした。結局、状態の悪いものをはじいて、11枚だけを選び、全部で5.5ユーロ払いました。それでもクリニアンクールの店とかを考えたら格安なんですけどね。

e0074478_016791.jpg
 直径5.5cmと6.5cmの2種類あります。多分フランス製で、戦前のものだと思います。モチーフの感じからすると、19世紀末くらいという可能性もありますが。素材はコットンで、割と素朴な感じ。ドレスの飾りなどに使われたのでしょうね。

 さて、これを一体何に使うのか、という問題が浮上します。でもそんなことを考えるのはひとまず面倒くさいので、タンスの肥やしとして大事にしまっておきます~。

いつか陽の目を見るはず~

↓下をクリックして応援を~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-06-23 00:01 | 装飾品 | Comments(4)

マイケル・ジャクソンの鏡 其のニ

e0074478_21511195.jpg
 昨日紹介したマイケルのミラーの別バージョン。こちらはダンスしている姿。この頃がルックスもダンスも音楽も一番良かったと思います~。大きさは昨日のミラーと全く同じです。

 このスターの顔をプリントしたミラーって昔は良くあった気がしますが、最近はあまり見かけませんね。そういえば、前にスパイス・ガールズのミラーを1ユーロで見つけましたが、やっぱり90年代のものは我が家に合わないと思って買いませんでした。誰かに“嫌がらせ誕生日プレゼント”としてあげるのに買っておけば良かったかな(笑)?

 そうそう、ここでちょっと訂正。昨日80年代シリーズのミラーを集めている話を書きましたが、サタデー・ナイト・フィーヴァーのジョン・トラヴォルタについては時代が違ったなと。今レコードを引っ張り出して見たら・・・。はぁ、77年でした~。

いつか紹介します~

↓下をポチッとクリックして応援を~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-06-22 21:52 | 調度品 | Comments(8)

マイケル・ジャクソンの鏡 其の一

e0074478_16115125.jpg
 熱は下がりましたが、鼻が詰まったままで声が出ません。もう少し養生したいと思います~。

 さて、2週間前の日曜日の話を始めます。パリの南にある郊外の街へ行ってきました。南の街といっても裕福な人が多く住んでいるわけではなく、新しい建物ばかりで風情がありません。全然期待できなかったのですが、これを見つけたとき「やっぱりこういうものはこういう場所でしか見付からないのだから、わざわざ足を運ぶのも時間の無駄ではないな」と思いました。

 売っていたのはフランス人のオジサン。多分僕と同い年。それか2~3歳上くらい。「其の一」とタイトルに付けているくらいなので、「其のニ」もあります。二枚で4ユーロでした。正確に書くと、5ユーロと言われたものを3ユーロに値切り、4ユーロに落ち着いたといういつものパターンです。

 横32cm、縦47cm。フランス製だと思います。もちろん80年代のもの。僕の知る限り「スリラー」の頃でしょう。

 実はこんなものも集めてたんです。この他に我が家には80年代ミラーシリーズとして、ワム!とボーイ・ジョージが各一枚、サタデー・ナイト・フィーヴァーのジョン・トラヴォルタ(あの有名なポーズのもの)が二枚あります。時機を見て紹介したいと思います。~。

やっぱり街並みが写り込んじゃってます~

↓ポチッとクリックして応援を~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2008-06-21 16:20 | 調度品 | Comments(8)