「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

縄バンビ 其の三

e0074478_3104428.jpg
 最近行われたパリ郊外の蚤の市でゲットした彼です。値段は2ユーロ。さすがの僕も値切りませんでした。でも最初に買った子が1フランくらいだったことを考えると、10倍以上の値上がりです。

 この子は紫のお花、多分すみれを意識したお花をくわえていてちょっとラブリー。
 
e0074478_3105968.jpg
 こうやって三匹集まるとなかなか壮観でしょ? これは誰かプロの仕業で、素人さんの作品ではないことがわかります。

 我が家に三匹もいるということは、世界中に何百匹もいるはずなので、これからも集めますよ~。

 ↓応援のクリックを~♪

人気blogランキングに投票!

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-04-30 03:05 | バンビシリーズ | Comments(8)

縄バンビ 其の二

e0074478_314403.jpg
 昨日の子と同じシリーズです。買った場所とかは全然覚えていませんが、絶対に安かったはず。

 素材は昨日の子と全く一緒で、縄とフェルト。頭部分にはコットンが入っています。足とシッポを留めているのがビニールテープ。

 これって当時キットで売っていたのかと思いましたが、普通の家庭でこんなものを作るのは難しいだろうと思うし(縄を巻くのが結構大変だと思います)、またこんなもの作って!ってヒンシュク買うだろうから、やっぱり店で売られていたのでしょう。

 見れば見るほど変。考案した人はかなり偉いかも。

 ↓今日も投票お願いします~♪

人気blogランキングに投票!

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-04-29 01:15 | バンビシリーズ | Comments(4)

縄バンビ 其の一

e0074478_310498.jpg
 見ての通り、縄で出来たバンビです。どこで買ったのか記憶が薄くなっていますが、多分4年位前のパリ市内で行われた古物市。確か1フラン(20円)とかだったはず。

 頭がフェルトなので、恐らく60年代終わりから70年代初めのものだと思います。どうして縄でバンビを作ってしまったのか奇妙極まりないんですが、まあ可愛いから許そう。これが製品化されていたということの方が奇妙ですかね。

e0074478_2535774.jpg
 ところで、昨日オープンした日本の子供服の店「Berry’s Berry」で3時間だけ店員をやってみました。家が近いという理由で急遽ヘルプで呼ばれちゃったんです~。今までの人生で初めての売り子体験!フランス人のお母さんに薦めたTシャツがお買い上げになって、店員冥利に付きましたよ~。フフフ。ちなみに撮影はjunnaちゃんです。

 明日は縄バンビちゃんのお友達を紹介します~。 

 ↓ポチッとお願いします~♪

人気blogランキングに投票!

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-04-28 02:54 | バンビシリーズ | Comments(13)

雪男風ゴリラ

e0074478_1361295.jpg
 ついこの間の日曜日に彼をゲットしました。買った場所は、パリから南東へ行った街でやっていた古物市。規模が大きくてかなり見ごたえがあるので、ここ毎年のように行っています。

e0074478_20253085.jpg
 素材は木で、毛皮部分は多分アザラシの本物の毛皮。腕を上げた状態にして壁の出っ張りなどに引っ掛けることができますが、落ちたら壊れそうなので机の上に飾っています。口の一部分が欠けているのは、前の持ち主が床に落としたからに違いない。

 友人曰く、この木彫りの人形は60年代70年代にヨーロッパ各地で売られていたそうで、例えばバイキングの人形でもスペイン製だったりするそうです。でもこのゴリラ(あるいは雪男?)は、毛皮部分がアザラシなので、北欧製だと思うのですが。

 このゴリラの原型で50年代に作られたサルの木製人形というのがあるらしく、それは高値で取引されているのだとか。カイ・ボイセンというデンマークのデザイナーのものがオリジナルで、早速ネットで調べてみましたが、引っ掛けられる手だけが一緒でした。とてもシンプルで可愛いのですが、このゴリラくんの方がバカっぽさ全開で僕は好きかなぁ。

  ↓ポチッとお願いします~♪

人気blogランキングに投票!

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-04-27 01:41 | 我が家のお友達 | Comments(9)

サル画伯

e0074478_2512986.jpg
 昨日のエピスリーはとっても反響が大きくて嬉しかったです~。皆さんコメントありがとう~。

さて、今日の子は先々週やってきたサルの画家。パリ郊外の古物市で購入しました。
 
 素材はモヘアで、中綿は木毛、目はガラスです。首と腕と足が可動。でも、腕と足はそれぞれが一本の針金で固定されているので、片腕を動かすと、もう片方も同じように一緒に動いてしまいます。この荒い作りはフランス製のはず!

 売っていたのはフランス人のお兄さんで、彼曰く60年代のものだとか。背中には金属のリングが縫い付けられ、そこに紐が結ばれていて、どこかにぶら下げられるようになっています。お兄さんは車のミラーに下げるためと説明していましたが、ちょっと邪魔だと思うんだけど。それはさておき、おサルに赤いベレー帽を被せてしまうセンスに脱帽です~。

 応援よろしくお願いしま~す♪

人気blogランキングに投票!

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-04-26 02:51 | 我が家のお友達 | Comments(4)

エピスリー

e0074478_1211174.jpg
 記憶の彼方でいつだったか忘れましたが、5年以上前に買ってあったエピスリーのおもちゃを修復したのでその報告。

このおもちゃは子供のままごと用のもので、今でも大きなおもちゃ屋さんでは見かけます。フランスでいうエピスリーは元々香辛料屋さんを意味しますが、大きく食料品一般を扱う店を指します。

 この手のおもちゃって状態が良いものだとかなり高いのですが、ペンキがはげていて、棚部分に張ってある紙もボロボロだったので安かったはずです。年代は戦直後くらい?

 1年以上部屋に放置し、一回ペンキを塗ってから面倒くさくなって、さらに3年以上放置していました。でも最近廊下の壁のペンキ塗りを始めてから、ペンキ塗りの必要なものを漁った結果、このおもちゃの存在を思い出したのでした。
 
e0074478_125631.jpg
 付属品は秤、そして豆、粉、パスタなどのラベルが張ってある木の切れ端のみだったので、小瓶や小さな缶、チーズ切り、バケツや植木鉢などは後から買い揃えました。ちなみに買ったところは、 rikoさんのブログでも紹介されていたパリのおもちゃ屋さん、「パン・デピス」。

e0074478_1214711.jpg 
e0074478_122776.jpg

 棚部分は元々薄いピンクだったのですが、パンチが足らないと思って濃い目のピンクに変更。ロンドンのリバティで買ってあった小花柄のプリント地を厚紙に張り、棚の後ろ側から張りました。食料品のラベルが貼ってあった木の切れ端は汚くなっていたので、ラベルだけ剥がして、それをカラーコピーして瓶、缶、そして自分で作った箱に張っています。パンとチーズは紙粘土で作ってみました。

 そんなこんなで、あっという間に数日間が過ぎてしまい、30半ば過ぎの大人が何やってるんだろうって。こんなもの修復したのは良いけど、置き場はどうするの???
 
応援よろしくお願いしま~す♪

人気blogランキングに投票!

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-04-25 01:25 | おもちゃシリーズ | Comments(14)

意地悪顔のバンビ

e0074478_1164490.jpg
 つい先週、パリ郊外の古物市で見つけたバンビちゃんです。写真ではちょっと怖い顔に見えますが、実物は中々チャーミング。

 素材はビニールで、中綿はコットン。つなぎ目は全て手縫いです。この子と同じ素材の犬を2匹ほど持っていて、もしかしたら日本製なのではないかと疑っていますが、まだ調査中。もしかしたら古い中国製?

 売っていたフランス人のオジサンは50年代とか言っていましたが、多分60年代以降でしょうね。ちなみにそのオジサンは最初8ユーロと吹っかけてきましたが、帰る振りをしたりして、最終的に3ユーロでした~。

応援よろしくお願いしま~す♪

人気blogランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-04-24 01:16 | バンビシリーズ | Comments(2)

シュコのグレー・プードル

e0074478_043629.jpg
 今月初めにパリ郊外の古物市で購入したシュコのプードルです。ちなみに今まではシュッコと書いてきましたが、今日から日本の一般的な表記に合わせてシュコとします。

 素材はモヘアで、中綿はコットン、目と鼻がガラス。首だけ可動します。

 売っていたフランス人のマダムによると、これは68年頃のものだとか。きっと蔵とか物置に入れられていたとしても、保存状態が良かったのでしょう。40年近く経っているのにモヘアの欠損がほとんどありません。

 一昨日紹介した同じシュコの犬とは全然違うタイプですが、それぞれの時代を感じさせて魅力的。シュタイフもいいけど、シュコも好きです~。

 今日も応援のポチッをお願い♪

人気blogランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-04-23 00:43 | 犬シリーズ | Comments(4)

お座り仔犬

e0074478_2220100.jpg
 忘れないうちに、これから数日間に渡って先々月、先月、そして今月購入のお友達を紹介します。あ、「お友達」って何だよ~キモ~イ、とか言わないでくださ~い。重々承知です(笑)。

 さて、先々月ヴァンヴの蚤の市で購入したワンコです。いつもぬいぐるみや人形を売っているフランス人のオバサン(とかいいながら、多分自分と同年代)がいて、この人も結構値段が高めなので買ったことがありませんでした。でもこの子には目が釘付けになり、スタンド前で石像のように動けなくなってしまいました。30ユーロを値切りに値切って、「もう僕以外に買う人いないよ」くらいの台詞を吐き、20ユーロにしてもらいました。このオバサンでも粘ればOKなのね、って学びましたよ。

 素材は上質ロングモヘア、中綿は木目でグラスアイ。首のところだけ可動。50年代のフランス製だと思うのですが。素晴らしく良くできているけど、シュタイフではないと思います。

 で、犬種は?

 座ったまま50年が・・・。ポチッをよろしく♪

人気blogランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-04-22 02:22 | 犬シリーズ | Comments(14)

シュッコのお出掛けワンちゃん

e0074478_652280.jpg
 また犬シリーズ再開。というのは、この子は新入りで忘れないうちに紹介しておきたいと思って。先月のヴァンヴの蚤の市で、いつも安くしてくれるフランス人のオバサンから格安で買いました。

 素材は化繊のフェイクファー、着ている水色のTシャツも化繊で、タータンチェックのパンツはコットン。鼻と目がプラスチックなので、恐らく70年代以降のものでしょう。

 このぐらいの時代のぬいぐるみって合成素材の割合が増えてしまうし、どうしても大量生産品の安っぽさがにじみ出てしまいがち。でもシュッコの場合は一味違っていて、シュタイフほどの完成度はないものの、やっぱりチャーミングです。頭の部分に硬い型が入っていて、それが顔の凹凸を作っているので表情豊かに見えるし、服の可愛らしさが魅力になっているのではないかと思うのですが。

お洒落さんのワンコに応援のポチッをっ♪

人気blogランキングに投票!
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-04-21 06:05 | 犬シリーズ | Comments(4)