「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ディータ・ヴォン・ティーズ

 きゃあ~っ! 毎日2回はチェックをしているネット上のフランス情報ページ「フランス雑波」で、このブログが紹介されちゃいました。情報雑ッピングのコーナー中、パリコレが始まり、僕のブログのセレブ日記が忙しくなる、という内容で。雑波に紹介されるなんて単純に嬉しぃ~。Tさん、この場を借りて、有難うを言わせて。

 僕って基本的にテレビの仕事をしているんですけど、ファッション誌のセレブ日記もやっていて、ブログと雑誌の内容が重なるとつまらないので、ブログではパリコレレポートに留めておこうかなと思っていました。まあ、この話は以前書きましたが。でも今回雑波にも押された感じがするし、本当はセレブ日記の方がやってて楽しいから、ちょっとやっちゃおうかなって。

e0074478_9285315.jpg
 で、今日はこのディータ・ヴォン・ティーズちゃんに登場願いました。撮り立てホヤホヤです。数時間前にパリのセレクトショップ、コレットのパーティーでキャッチ。で、この人誰?って思ったあなた。下の写真を見ればわかりますね。

e0074478_9291022.jpg
 マリリン様の奥様です。ちなみに前回のジョン・ガリアーノのパリコレ会場で撮りました。

 ディータちゃんは、ピンナップガール、あるいはプレイボーイのちょっぴりエッチなショートムービーにも出演しているセクシーパフォーマー(なんていう職業はあるのかい?)。現代のベティー・ペイジといわれているかどうかは知らないけど、僕が勝手に言っています。

 ヴィヴィアン・ウェストウッドのキャンペーン広告で、当時婚約者のマリリン・マンソンと一緒にモデルとして登場し、それ以来パリコレに幾度となく現れ、モデル出演したり、今ではすっかりファッション・アイコンに。彼女自身が着ている服ってどこのブランドだかわからないけど、彼女のパーソナリティーに合っていてまとまってます。化粧はちょっとケバいけど、いつもセンス良いなって。

 今日のコレットのパーティーはイギリスをテーマにしたもので、アーティストの作品、トップショップとのコラボレーション企画の展示などをしていました。ディータちゃんはアメリカ人だけど、どうして今夜いたのかは不明。明日、確実にヴィヴィアンのショーを見にくることでしょう。マリリンも来ないのかしら?

 とにかく写真に撮られるのが大好きのようで、カメラを向けると嫌な顔一つせずにポーズを決めてくれます。プロフェッショナルってこういう人のことをいうのだなって思いました。

ディータちゃんの美しいお顔に1ポチッお願いしま~す。
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-02-28 09:35 | セレブ日記 | Comments(21)

ジョセフ・フォント

e0074478_8121474.jpg
 いやぁ~始まっちゃいました、パリコレ。それまでに色々なことを済ませておこうなんて思っていたのに、全然やってませんよ。困ったぁ。パリコレ終わったら怒涛の原稿書きが待っているし。

 ボヤキはこれくらいにして、朝一発目のショーのお話。新しいカテゴリー「パリコレ」を作ってみました。

 バルセロナ・コレクションでは常にトップデザイナーに挙げられているジョセフ・フォントが、今回初めてパリでショーを行いました。8年くらい前にバルセロナへ旅行した時、彼のブティックの前を通り掛かって服を見て以来、自分の中では密かに注目の存在だったのです。しばらくはパリでも展示会に参加していて、でも人間が着ているところを見るのは初めて。

 で、10時半からのショーの会場はなんとムーラン・ルージュ。朝からそんなところへ行くなんて、気分じゃないとか思いましたけど。

 コレクションは、彼らしい緻密でフェミニンな作品が目白押し。日本人モデルの鮎美ちゃんも登場してました(ちなみに姪と同じ事務所)。

 ショー後インタビューをしましたが、何でもキャバレー全盛時代(恐らく19世紀末から1930年代くらいまで?)の風俗が服に反映されているようで、それでムーラン・ルージュを発表の場に選んだとか。発表した服の数が多くて、もう少し絞ってまとめた方が良かったかもと思いましたが、とにかくコレクション全体の雰囲気と会場はマッチしていました。

今日もポチッっとお願いしま~す。
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ 
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-02-27 08:15 | パリコレ | Comments(6)

モコモコブルちゃん

e0074478_1174775.jpg
 ブルちゃん、気に入ったら一票!人気blogランキングへ

 さて、今日はモへアが渦巻いているブルちゃん。正確な犬種はわかりませんが、とにかくそれ系ですよね。

 どこで買ったのか覚えていませんが、もしかしたらパリ郊外の古物市かも。

 モヘアはボロボロで、風化していて穴ぼこだらけ。繕いましたが、触るだけでボロっていってしまいそうなくらい弱くなっています。50年代くらいで恐らくフランス製。

 片目もありませんでした。きっと子供が口で引きちぎったりして目が取れたのでしょう。直径2センチ以上のガラスの目玉は中々売っていなくて、時間を掛けて探し出したいと思います。でももしかしたら、片目が潰れていた方がちょっと気荒なブルドッグという感じがしていいのかもなぁ、なんて。

 今日もよろしく、ポチッ! 人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-02-26 01:18 | 犬シリーズ | Comments(6)

赤犬ちゃん

e0074478_3434993.jpg
 今日はカフェの話はやめておいて、先々週我が家にやってきた子をご紹介。

 実は、この子は2年前に東京から来ていた友人のジュエリーデザイナー、古池さんがヴァンヴの蚤の市で買ったもの。当初の目的は彼の持っている恵比寿にあるサロン「ルドゥテ」のデコレーション用でした。ちなみに古池さんは、ダイヤモンドなど貴石を使ったジュエリーライン「ルドゥテ」と、アクセサリーラインの「フェリック」、の2つのブランドを手掛けています。

 それで僕も当然この子を欲しいと思ったけど、高くて手が出ませんでした。いくらだったか忘れましたが。そこで彼は、指をくわえて見ている僕に申し訳なさそうに買ったのです。誰か全く知らない人に買われちゃうよりはいいかって、自分を納得させたんですけど。でも古池さんは色々と調度品を揃えている間に、サロンの色合いが淡い白とか薄いピンクがメインになってきて、この子の強烈なオレンジがかった赤が合わなくなってしまったのでした。で、先日やってきた古池さんが、僕の部屋の方が合うからとくれたのです。一度異国に旅し、里帰りした形です。

 犬種は恐らくペキニーズだと思うんですけど、どうでしょうか?

 素材は毛足の長いモヘアで、中綿は木目。目がガラスで、このタイプの目玉は、僕が集めているアルファのぬいぐるみと同じ。鼻もフェルトでできているので、もしかしたらアルファが50年代に作ったものかもしれません。ちなみに首のところだけ可動して、それだけで色々と表情を作ることができます。

 古池さんは親切にも寂しかった首にきれいな赤のリボンを巻き、そこに自分の作品のペンダントを2つも下げてくれました。一つはクローバーで、もう一つは僕があげたヴィンテージのラインストーンをアンティークっぽい金具でくるんだもの。とってもお似合いで、ワンちゃんも喜んでいる気がします。またパリに戻ってこれたことにも喜んでいるのでしょうか。

今日も日課の「ポチッ」をお願いしま~す。
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-02-25 03:40 | 犬シリーズ | Comments(8)

振り返りワンコ

e0074478_135053.jpg
 前のカフェ、本格的に足場を組んで工事をするみたい。これから毎日窓の外を気にしちゃいそうです。僕の部屋の水漏れは相変わらず。水漏れというか、残っている水がグジュグジュ出てくるんです。忍耐のみで頑張りま~す。

 さて、今日の子。数年前、どこか郊外の古物市で買ったような記憶がありますが定かではありません。当然値段も覚えていません。犬種は謎。ブチが入っているけど、ダルメシアンじゃなさそうだし。ちょっと日本の犬っぽいですか?

 素材はモヘアではありませんが、天然素材の起毛生地。中綿はコットンと木目の混合。目はガラス。睫毛の効果を出す布はビニールコーティングの布が使われていて、鼻と、少しだけ残っている舌はフェルト製。

 実はこの子、本当は振り返ったようなポーズをとっていませんでした。ちゃんと前を見てお座りしていたんですが、それじゃ何となく表情に乏しい気がして、僕がアレンジしてしまったのです。顔を上げた状態で固定したら、自ずと耳も上に垂れるようになりました。

 お散歩をしている時に自分が先に歩いていってしまい、主人が付いてきているか不安げに振り返って確認する時の表情に似ていませんか?

1日1ポチッお願いします!人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-02-24 01:36 | 犬シリーズ | Comments(8)

イケメン犬

e0074478_092592.jpg
 あれから家の前のカフェは、屋根にビニールの覆いをしただけで営業を続けています。残っている屋根部分にはひびが入っていて、今にも落ちそうなんだけど。今日も雨がふりそうだから危険だな~。

 それはさておき、今日のワンちゃんは中々のハンサム(死語?)でしょ?

 素材はモヘアで中綿は木目。目の素材がはっきりしないのですが、恐らくプラスチック。1920年代くらいの、目がブーツボタンで大雑把なパターンで作られているぬいぐるみを素朴系とするのであれば、この子もフォルム的にそのカテゴリーに入れられると思うのですが、目がプラスチックだとすると戦前のものではないでしょうね。1930年代くらいからプラスチックの目があったのかわかりません。まあ可愛いのでどうでもいいか。多分戦後でしょう。

 いつどこでいくらで買ったのか全く覚えてません(最近こんなのばっかりですね)。でも可愛いからいいか。身体を触ると本当にカチカチで、このワンちゃんの若さ溢れるエネルギーが感じられるのです。なんだかちょっとエッチかしら?

今日もランキングに一票をお願いします~。下をクリック!
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-02-23 00:16 | 犬シリーズ | Comments(12)

ニヤケ犬

 朝起きて窓の外を見たら、ヒョエ~ッ! 前のカフェの屋根が落ちてました。

e0074478_372380.jpg
 連日の雨のせいで水分を含み、ガラスが張られている下のひさしを突き破って落ちちゃったようです。一瞬テロかと思ったけど。だいたいガラスのひさしも落ちそうだなって前々から思っていましたが、その前に屋根が崩れちゃいましたね。

 僕が知っている限りでは、ここは元々貝殻などを売る妖しい土産物屋でした。それが急にカフェになったのだけど、バーカウンターからソファから、何から何まで3級中古品を使っていてかなり安っぽい。当然外壁とかもきれいにしてなくて、屋根は苔が生えたままになってました。きっと雨水が漏れていたはずだけど、気に掛けてもいなかったのでしょう。屋根が壊れても営業を続けているカフェの神経を疑っちゃいます。そしてなおかつ客が入っているところに、この国のおおらかさを感じますが、単に何も考えていないのかも・・・。

 リンクしているmarcelmarcelさんのブログに書いてあった話ですが、フランスって戦後から経済・産業構造の近代化が遅れていて、収益性や効率性の観念はフランス人のメンタリティーに合ってないって書いてあるフランス現代史の本があるとか。でもそれが良いところでもあり、悪いところでもあるんだけど。蚤の市は近代化とは程遠いところにあって、良い面の代表だと勝手に位置づけています。リサイクルするんだから超エコロジーでしょ。でも経済はストップしちゃいますが。やっぱり物事には2面性があるのね~。

e0074478_382211.jpg
 と無理矢理つなげたところで、ぬいぐるみ紹介。今日紹介するニヤケ顔のワンちゃんは、昨日の宇宙犬と同じ時に買いました。素材も年代も製造国も一緒だと思います。

 方耳がピンっと立っていて、不敵な笑みを浮かべるちょっぴりキザな子です。

また今日もランキングアップしました。皆さん有難うございます~。そして今日もポチッとお願いします。人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-02-22 03:15 | 犬シリーズ | Comments(9)

宇宙犬

e0074478_050301.jpg
 もう一喜一憂してます~。7位まで上がったランキングだけど、今は9位。やっぱりどこの世界も厳しいのね~なんて。都筑さん、バブママ、まだまだ近づけませ~ん。というわけで、しょっぱなからだけど一票をお忘れなく。人気blogランキングへ
 
 さて、今日は順位がちょっと下がったことだし、一発強烈な子をご紹介。ブルドッグのようだけど、犬種は不明。ちょっと宇宙人っぽいから宇宙犬ってネーミングにしてみました。それよりか七福神っぽい?

 3年前の夏、クリニアンクールで買いました。売っていたのは北アフリカ系のオバサンで、ぬいぐるみなんて要らない、うちは薄利多売だよっ!みたいな人で、かなり安かった記憶があります。

 素材はモヘアで、中綿は木目。目はガラス。粗い作りなのでフランス製でしょう。この素朴な感じからすると、作られた時代は戦前かもしれません。

 禿げ上がった猥褻物陳列罪系オヤジのような顔をしていますが、何とも言い難い味があって、見る者を和ませてくれます。え? 和めない?

一票宜しくお願いしま~す。人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-02-21 01:00 | 犬シリーズ | Comments(10)

推定80歳犬 伏せバージョン

e0074478_5383694.jpg
 皆さん~本当に応援有難うございます~。嬉しい! 夢にまで見たblogランキングトップ10入り! 思えばここに来るまでの道のりは長かったです。始めた当初は、蚤の市で買ったグッズを一日分で全て紹介していて、アップするのに5時間も掛けていたり。その後紹介するぬいぐるみも一匹ずつにして、物撮りも見苦しくない程度に上達し、捨て身のセレブ日記も充実させつつ、今に至っています。今後ともどうぞ宜しくお願いします~。

 さて、昨日の兄弟分の紹介です。昨日の子が歩く体勢にあったのに対して、この子は伏せをした状態。顔ももっとソフトな感じです。

 素材は昨日の子と同じく半起毛素材で、中綿は木目、目もブーツのボタン。ブーツボタンは木でできていて、ペイントが施されています。色は黒、茶などの基本色のほかに色々あるようですが、ぬいぐるみには黒のボタンが使われていることが多いです。ブルーのボタンが使われているクマのぬいぐるみを見たことがありますが、ちょっと不気味だったかも。 
 
 耳の付け方はいい加減だし、縫製もかなり雑。今の時代に出回っている、完璧に作られたものとは大違い。でもそれが“ついこの間ぬいぐるみを作り始めました”感をかもし出していて、蚤の市ではついつい手がのびてしまうのです。

今日もお約束の1ポチッをお願いします~。
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-02-20 05:39 | 犬シリーズ | Comments(4)

推定80歳犬

e0074478_1344953.jpg
 ひゃ~。ここ最近ずっとBlogランキング12位ですぅ。どうせだったら10位以内に入りたい! 都筑さんに近づきた~い。気持ち悪がられるか。ということで、禁じ手。いきなりここで一票をお願いしま~す。人気blogランキングへ

 気を取り直して、今日もワンちゃん。犬種は全くわかりませんが、いわゆる犬のイメージをそのまま具現化した、みたいな子です。目はブーツ用のボタンで、素材はコットン。メルトン(仏語ではモルトン)と呼ばれる半起毛素材。中綿は木目です。

 一昨年の夏、パリ市内の古物市でフランス人のオジサンから購入。もう一匹の犬と一緒で、確か30ユーロくらいだったはず。傷一つない新品でこの値段というのはありえない話ですが、かなり粘り強く値切った結果です。

 年間購読している蚤の市・古物市専門誌に、この子と同じ素材使いのぬいぐるみが掲載されていて、それが1920年代となっていたので、この子も同じ時代でしょう。ホコリを浴びたり、陽に当たったりした形跡が全くなく、大事に保管されていた新品です。耳の付け方や鼻の刺繍がいい加減なので、それはそのままフランス製ということでしょう。

 現在のように様々な素材が手に入らず、モヘアやガラスの目玉が使われていなかった時代。動物をイメージさせる、身の周りにあるありあわせのもので作ったという感じでしょうか。でもその素朴さがなんともいえない温かみを出しているのだと思います。

 明日はこの子と一緒に買ったもう一匹を紹介しま~す。

で、しつこいようですが、一応ここでもアピール。
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-02-19 01:34 | 犬シリーズ | Comments(19)