カテゴリ:珍品( 7 )

牡蠣の貝殻型ケース

e0074478_14302322.jpg
 今日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた磁器製牡蠣型ケースです。究極的にリアリズムを追求した結果なのかわかりませんが、艶めかしい輝きが本当にそれっぽくて中々の出来栄えだと思います。
e0074478_14311917.jpg
 Porcelaine de Franceとしか入っていないので、何とも言えないものの、おそらく土台はリモージュ産と思われます。牡蠣のむき身を入れてサーブすると素敵そう~。

 さて、今回の札幌でのイベントは中々大変でした~。まだ進行中なのですが。昨日は10時から搬出を始め、結局昼食抜きで5時までノンストップ。いつもは誰かしら手伝ってくれる人がいるのですが、今回は最後まで残っていたブルーキュラソーさんと2人だけだったので、各自の荷詰めで手一杯。結局1人で荷物16箱をまとめました。それから豪雪の中銀行へ行き、再び4プラに戻って会場の掃除。宅配便屋さんに荷物を引き渡し、ブルーキュラソーさんと打ち上げへ。今回は僕の思いつきで、狸小路にあるホルモン屋さんに決定。予約していなかったので、煙モクモクの中40分くらい待って着席。

e0074478_14321415.jpg
 ちょっと頼みすぎました。もう、どれがどの部位なんだかよくわかりません。全種類2人前で頼んでしまったのがいけなかったのだけれど、「2人には多過ぎですよ」って言ってくれなかった店員さんは酷い!と思ったものの、結局残さず全部食べちゃいました。昼御飯抜きだったので楽勝とは言わないものの、問題無かったです~。
e0074478_14324717.jpg
 で、昨日から豪雪ですよ。粉雪が少しずつ積もるのが北海道の雪なのだそうですが、今回は物凄い勢いで湿った雪が降るのが尋常ではないのだそう。今朝は気持ち早めに出てタクシーで札幌駅へ行き、電車に乗ろうとしたら雪で遅れていてホームは人だかり。満員電車で新千歳空港へ。着いたら着いたで出発カウンターは大行列。プレミアムメンバーの列でさえも1時間かかりました。御飯を食べてウランジへ行ったら座席待ちの人が沢山いて、初めての光景にビックリ。でも割と直ぐに目の前の席が空いてビールを飲んでいたら、僕の乗る便の案内開始のアナウンスが流れ、その場へ行ってみると、滑走路封鎖のアナウンスが流れて搭乗口がいきなりクローズ。ウランジに逆戻りして再び座席待ちをしたら、5分と経たずに座れて「これでゆっくりできる~」と思ったら、1つ前の便が欠航となり、明日は我が身で戦々恐々の状態です。僕ったら、本当に帰れるのかしら~?

どうなったかは明日発表します~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-23 14:36 | 珍品 | Comments(4)

ミニアコーディオン

e0074478_1411146.jpg
 アリーグル市場で見つけた、ブルーの樹脂製化粧板を張ったアコーディオンです。
e0074478_1412757.jpg
 レリーフを外すとこんな感じ。あまり使われていなかったようで、出ない音はありませんでした。
e0074478_1414285.jpg
 鍵盤が無くボタンのみ、ということが古さを証明しているのか、メーカーの特徴を示しているのか、全くわかりません。とにかくボタンの白蝶貝使いが何となく古そう、と思いました。
e0074478_1423929.jpg
 売主いわく、1930~40年代の制作とのこと。部屋に持ち帰ってインターネットで調べましたが、このシューペリオールというメーカーは全くヒットしませんでした。ドイツのホーナーの古いもので近い形が見付かったものの、全く同じではなかったです。どうしてこんな専門外のものを買ったのか、と思われるでしょうが、どこかで誰かに「アコーディオン探しているんです」って言われていた気がしたのです。でもどこの誰だかわからないのに、こんな面倒なものを買ってどうするんでしょう~。

いちいち書き留めないとダメですね~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-11-08 01:40 | 珍品 | Comments(0)

木アレイ

e0074478_0585070.jpg
 パリ市内の古物市で思わず胸キュンして買ってしまった、鉄アレイならぬ木アレイ。読みは「きあれい」なのか「もくあれい」なのかわかりませんが。ジャンル分け不能で、『珍品』のカテゴリーに入れてみました。
e0074478_059719.jpg
 一見マラカスに見えますね。そもそも、こんなものを使って筋肉鍛えられるのか?と思うくらいの重さ。売主いわく19世紀のものだそう。男性ではなく女性が使っていたものなのでしょうか。19世紀の女性に力が無かったわけではないでしょうに。
e0074478_0592217.jpg
 4という文字が入っているので、他に色々な重さがあったのだと思います。大して重くないから筋肉は鍛えられないし、当然漬物石にもならないし、他に用途が思い浮かびません。いつものパターンで、お部屋のインテリアにどうぞ~。

ペーパーウェイトだったらいけそう~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-10-18 23:48 | 珍品 | Comments(0)

ステレオスコープ:飛び出す写真セット

e0074478_1149970.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、飛び出す写真(3D写真)のセットです。おそらくは1920~30年代のもの。
e0074478_11492015.jpg
 中にはこの通り、双眼スコープ(と勝手に命名)と双眼写真を焼き付けた乾板(ガラス製)が入っています。
e0074478_11493159.jpg
                     こちらがスコープ。
e0074478_11495597.jpg
                        乾板。
e0074478_11501991.jpg
   被写体は、どうやらルルドを撮影したもののよう。どの写真も美しいです。
e0074478_11511394.jpg
 こちらは、その後買い集めたステレオスコープ用の乾板とフィルム(一番下)。
e0074478_11513877.jpg
 フランス製と書いてあるし、フィルムに焼いたものなので然程古くなさそうです。内容はシャルトルの大聖堂。
e0074478_11515455.jpg
 こちらは乾板で、1930年代のもの。素人さんによる撮影のようで、かなりの率でピンポケだし構図が酷かったりします。
e0074478_1153331.jpg
 偶にこんな素敵っぽいものも。当時の風俗を知るための資料として良いかもしれません。

 シャルトルの大聖堂を写したフィルムのサイズが、双眼スコープとセットになっている乾板と同じだったので、カトリックつながりでセットにしてみました。ガラス乾板はそれぞれバラ売りです。でも、みんな一瞬触るだけで、それが何なのかを聞く人はほとんどおらず、今後苦戦しそうです~。

アッという間に会期はあと2日~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-03-29 11:56 | 珍品 | Comments(2)

ロウ溶かし器

e0074478_22481374.jpg
 昨日、一昨日とアリーグル市場で見つけてきた義歯サンプルと歯型取り器をご紹介しましたが、こちらも同じスタンドにあった同じボックスの中から発掘したものです。

e0074478_22483018.jpg
 専門の知識を持ち合わせていないため、何とも言えないのですが、おそらくは歯型を取るためのロウや樹脂を軟らかくするためのものと思われます。バケツのようになっているところにロウや樹脂を入れ、木製の取っ手を握ってアルコールランプにかざすのでしょう。

 制作年代は微妙なところですが、ここまで原始的な器具なのだから、少なくとも10~20年前では無いと思います。普通に40~50年は経っていそう。義理の兄に聞いてみても良いけれど、彼もきっと知らないだろうなぁ~。

今日からメンズのパリコレです。のんびり~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-01-20 22:50 | 珍品 | Comments(2)

歯科用型取り器

e0074478_0142929.jpg
 昨日に引き続き、歯科用アイテムのご紹介。皆さん、一度や二度お世話になっているはずで、察しが付くとは思いますが、歯型を取るための器具です。アリーグル市場で発見。

e0074478_0145916.jpg
 モチモチフニャフニャしたオレンジとかピンクの薄甘い味のペーストが入ったこの種の器具を口の中に入れられ、「しばらく口を閉じてて下さい~」って言われましたっけね。で、こちらのブランド、Unis France R.P. Parisについては詳細がわからず。写真に写る傷の数々からもわかる通り、相当年季が入っていそう。

e0074478_0151230.jpg
 こちらのS.F.F.Dは、ノルマンディーにある医療博物館のページに行き着き、Société française de fabrication dentaireの略であることがわかりました。その医療博物館に収められているニッパーのような器具が1930年代のものとのことで、おそらく同じ時代の制作のようです。一応、重曹を使って掃除したけれど、これ以上は無理でした。

 他に用途が思い浮かばず、買うか否か迷ったものの、やはり義歯サンプルを買うのであれば、一緒にプレゼンテーションしないと格好がつかない、と思っての購入でした。マニアの方はもちろん、マニア予備軍の方にもどうぞ~。

しつこく、明日も歯科用器具です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-01-19 23:04 | 珍品 | Comments(2)

歯科用義歯色&形見本

e0074478_0282967.jpg
 あのアイドルグループ、解散しなくて良かったですね~。ってどんだけ日本は平和なんでしょう。先週末に参加した女子会でも似たような感情を覚えたのですが、友人が日本から仕入れてきた週刊誌(某タレントとミュージシャンのスキャンダル記事がメイン)をみんな(ほぼ全員花の40代)こぞって回し読みしていて、何ともいえないのんびりした風景。「こんなんでいいのか? いや、いいのだ。きっと」なんて自分を納得させたのでした。

e0074478_0284367.jpg
 さて、こちら。先週アリーグルで見付けた、歯科用義歯色&形見本です。どうしてこんなものを仕入れてしまったのか、自分でも良くわかりません。義理の兄が歯科医だから、という話は全く関係なくて、とにかく珍しいもの、他で手に入らないものを探せ~、という強迫観念があったりするものだから、こんな不思議なものに手を出してしまったのでしょう。ちなみに上と右下のアトランティック社のものがイギリス製、左下のスティールズ社のものがアメリカ製のようです。全然わからないのだけれど、スティールズの歯は黄ばみなども表現されていて完成度高いです。 

 実は、今日からカテゴリーに『珍品』を加えてみました。こちらの歯科用義歯色&形見本が、今までの枠に入らないと思ったからです。珍品というのは都合のいい言葉で、当てはまらないものは全部こちらに押し込めるのですね。素敵なカテゴリーの登場です~。

何があっても前進し続けます~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-01-18 23:59 | 珍品 | Comments(2)